染谷俊之様アー写三浦涼介様アー写
染谷俊之、三浦涼介

不死を失った吸血種《ヴァンプ》たちが、永遠の命を持つとされる吸血種《トランプ》の不老不死伝説に翻弄されていく。
大人気舞台『刀剣乱舞』の脚本・演出を手掛ける劇作家・末満健一が、ライフワークに掲げ、’09年より展開する「TRUMP」シリーズの新作がこの夏、東京・大阪にて上演される。その新作に、染谷俊之、三浦涼介の出演が決定した。
舞台『私のホストちゃん REBORN』や『剣豪将軍義輝』主演等、出演作が相次ぐ染谷と、ミュージカル『手紙』や『黒執事〜NOAH’S ARK CIRCUS〜』で、その演技と確かな歌唱力で魅せた、俳優とミュージシャンの顔を併せ持つ三浦。人気と実力を兼ね備えた2人の共演となる。
新たな伝説の幕開けを予感させる、「末満×染谷×三浦」が作り上げる『グランギニョル』に期待が集まる。

【ものがたり】
特権階級である貴族家系の家督者であり、吸血種の統治機関《血盟議会》の若手議員でもあるダリ・デリコ。ダリはある日、血盟議会より停職処分を受けるが、上司ヨハネスよりある事件を秘密裏に捜査することを命じられ、下級議員マルコとヴァンパイアハンター歌麿と春林らと事件を追う。やがて、《黒薔薇館》という社交倶楽部が捜査線上に浮かびあがる。
混迷する人間関係、血盟議会という巨大組織との対峙、陰謀渦巻く黒薔薇館、そして吸血種の間で伝承される原初の吸血種《TRUMP》の不死伝説──事件を解き明かした先で、ダリがたどりつく真実とは?

末満健一
脚本家・演出家・構成家・俳優。舞台『刀剣乱舞』の脚本・演出、TVアニメ『ボールルームへようこそ』(今夏放送予定)のシリーズ構成・脚本など、幅広いジャンルの作品を手掛ける。独自の耽美な世界観に基づいて紡ぎだされる作品は“末満ワールド”とも称され高い評価を得ている。

「TRUMP」シリーズ 
劇作家・末満健一が手掛ける吸血種《ヴァンプ》の宿命を描いたゴシック・ファンタジー「TRUMP」シリーズ。’09年、自身の演劇ユニット“ピースピット”での初演の後、12年に再演。13年の俳優集団D-BOYSによる演劇公演Dステなどで、キャスト・演出を変え、すでに3度の再演がなされている。
さらにアナザーストーリーとして、ハロー!プロジェクト“演劇女子部”で「TRUMP」の3000年後を描いた『LILIUM -リリウム少女純潔歌劇-』、劇団Patch公演では14年前を描いた『SPECTER』がそれぞれ上演された。綿密に練られた脚本はリンクする伏線とヴァンプの運命、輪廻転生の壮大な世界観とともに話題となり、シリーズ全体を通し累計4万人以上もの観客を魅了している。

東啓介松浦司
東啓介・松浦司

本日、4月1日、追加キャストが発表された。
4月上演予定のミュージカル『「薄桜鬼」原田左之助篇』主演の東啓介、「ドラゴンクエストライブスペクタクルツアー」(’16)にて勇者役で人気を博した松浦司をはじめとする、多彩な出演者が集結した。東啓介、松浦司、藤木修、大久保祥太郎、田村芽実、池村匡紀、菊池祐太、吉田邑樹、日南田顕久、田中真琴。この多彩なメンバーで送る『グランギニョル』に 期待したい!

 
公演情報〉
ピースピット2017本公演 
『グランギニョル』
作・演出末満健一
出演◇染谷俊之 三浦涼介 
東啓介 松浦司 藤木修  大久保祥太郎 田村芽実 池村匡紀 菊池祐太 吉田邑樹 日南田顕久 田中真琴  
●7/29〜8/6◎サンシャイン劇場
●8/18=20◎梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ




えんぶ4月号 




kick 

shop 

nikkan 

engeki