_21A5157

今年度、ブルーリボン賞や日本アカデミー賞など数々の映画賞を受賞した日本を代表する女優・大竹しのぶを主演に迎え、現代演劇界の重鎮、栗山民也が演出を手がける舞台『フェードル』が4月8日に開幕する。
 
_T6A2786

本作は、フランスの劇作家ジャン・ラシーヌが古代ギリシャの三大詩人エウリピデスのギリシャ悲劇『ヒッポリュトス』から題材を得て創りあげた、17世紀フランス古典文学を代表する金字塔的な作品。
悲劇へと向かう女性の姿を描く美しく輝く台詞、神話的世界をもとに表現した抵抗しがたい破滅的激情は、「人間精神を扱った最高傑作」と言われ、サラ・ベルナール、ヘレン・ミレンなど、時代を彩る名女優たちが演じてきた。
主人公の王妃・フェードルを演じる大竹しのぶを始め、平 岳大、門脇 麦、谷田 歩、斉藤まりえ、
藤井咲有里、キムラ緑子、今井清隆と、共演者も若手演技派女優から実力派俳優まで豪華キャストの競演が実現した。

_21A5405

【物語】

舞台は、ギリシャ・ペロポンネソス半島の町トレゼーヌ。行方不明となったアテネ王テゼ(今井清隆)を探すため息子イッポリット(平 岳大)は国を出ようとしていた。
一方、テゼの妻フェードル(大竹しのぶ)は病に陥っていた。心配した乳母のエノーヌ(キムラ緑子)が原因をききだすと、夫の面影を残しつつ、夫には失われた若さと高潔さに輝く継子イッポリットへの想いに身を焦がしていると白状する。
苦しみの末、フェードルは義理の息子に自分の恋心を打ち明ける。しかし、イッポリットの心にあるのはテゼに反逆したアテネ王族の娘アリシー(門脇 麦)。イッポリットはフェードルの気持ちを拒絶する。そんな中、テゼが突然帰還して・・・ 

_21A5305

この公演の初日開幕を目前に控えた4月6日、囲み取材と公開フォトコールが行われた。大竹しのぶ、平 岳大、門脇 麦、キムラ緑子、今井清隆がそれぞれコメントした。
 
【登壇者コメント】
 
大竹しのぶ
(あさってから開幕しますが)もう一度稽古場に戻りたいです!おかしな話、幕が開くのが寂しい。稽古が楽しかったからもっともっとしていたい。演じていて平さんが怖がっているのがわかります。(笑)。20歳くらいの時に平さんのお父様と共演していて、生前の最後の作品を観た時に「息子をよろしく」といわれていて、いつかご一緒したいと思っていました。
劇場の中に役者のエネルギーが駆け巡る。お客様の血が騒ぐようなエネルギーが放出され、「生きてるんだ」と感じてもらえたら。若者には思いっきり人を愛して欲しい。今の時代の若い人に、身を焦がすような、失恋しても傷ついても良いから愛そうぜ!みたいなことを感じてほしいです。

門脇麦
初めての古典作品出演で台詞にリアリティがないため、分厚くしないと伝わらない。そこにたどり着けなくて、お芝居を始めて5年が経ちますが、今まで何をやってきたのだろうと思ってしまいました。やってもやっても台詞の意味に新しい発見があります。
大竹さんと一緒に出演するシーンがないので残念ですが、大竹さんのお芝居は見ているだけでも楽しいです。

平岳大
やればやるほど、もっと大きな壁が出てくる作品で毎日汗だくです。本当に大竹さんの気迫がすごくて怖いと感じる時があります。
緻密な会話劇ではないが、独白の連続で役者としてはやりがいのある作品です。

キムラ緑子
大竹さんとずっと同じシーンで楽しい。大竹さんからも「ライブでやろう」と言われて、それに応えられるよにがんばりたいです。
とにかく台詞量が多く勘弁してほしい(笑)。でも、ただ話すだけでなく、なんとかなんとか想いを伝えられるようにしたい。今までに味わった事のないお芝居の作り方でした。終わった後に「あぁ、楽しかった」と思いっきりおもえるようにできればと思います。

今井清隆
(役柄について)実生活での経験がないため、とても悩みました。ミュージカル出演が多く、人前で長台詞を話したことがないので、毎日稽古場で大竹さんの演技をみて勉強していました。大竹さんも言うように私ももっと稽古していたいなと。

_21A5195

〈公演情報〉
舞台『フェードル』
作◇ジャン・ラシーヌ
演出◇栗山民也
出演◇大竹しのぶ、平岳大、門脇麦、谷田歩、斉藤まりえ、藤井咲有里、キムラ緑子、今井清隆
●4/8〜30◎Bunkamuraシアターコクーン
〈料金〉S席:10,800円、A席9,000円、コクーンシート5,000円 (全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉Bunkamuraチケットセンター:03-3477-9999(全日10:00〜17:30)〈お問い合わせ〉
http://www.phedre.jp 




【写真提供/Bunkamura】




『明治座 五月花形歌舞伎』 




kick 

shop 

nikkan 

engeki