P5040024

TOKYO FMホールにおいて、『黄金週間は?るひまの映画祭!』と銘打って、5月3日と4日、る・ひまわり製作の舞台作品を上映するイベントが行われた。その中で、昨年8月に明治座で上演されたMusical『TARO URASHIMA』が、出演者のトークショーと合わせて上映された。
 
お伽話『浦島太郎』を題材に、池田鉄洋が新たな解釈の物語としてリメイク、徹底したキャラクターとそのコミカル且つシュールな世界観で見事なミュージカル作品となった『TARO URASHIMA』。

5月4日の上映の前に登壇したのは、主演の浦島太郎役の木村了、乙姫役の上原多香子、乙姫に一目ぼれをするダイオウグソクムシ参謀役の辻本祐樹、乙姫の兄で甲太子役の滝口幸広。4人が披露する舞台裏でのエピソードに会場から爆笑が起こり、舞台上でのやり取りから出演者たちの仲の良い様子が垣間見えるトークとなった。
 
P5040060
滝口幸広、辻本祐樹、上原多香子、木村了

【木村了コメント】

日本全国の皆さんが知っているお伽噺なので、最初に“浦島太郎”を演じると聞いた時は、どうして良いか分からなかったのですが、(脚本の)池鉄さんの台本がぶっ飛んでいてとにかく面白かったので、台本に助けられるなと思いました。今回お芝居は勿論ですが、このカンパニーで出来たことがすごく嬉しかったし、そこで座長をやらせて頂いた事は、自分の財産になりました。また、楽曲も人の心を掴む素晴しい曲が多くて、僕等もその素晴しさを伝える為に頑張りました。


【上原多香子コメント】

思い描いていた乙姫と違って今回の乙姫はかなり卑屈。卑屈でない自分が卑屈な乙姫を演じるのは大変でした。一度観た方も今回の上映会で初めて観る方もいらっしゃると思いますが、私も客席で観たいくらいに楽しい場面が沢山あるので、皆さんにも喜んで頂けると思います。

 
TARO URASHIMA宣伝写真
『TARO URASHIMA』
お伽話『浦島太郎』を題材に、池田鉄洋が新たな解釈の物語としてリメイク、徹底したキャラクターと、そのコミカル且つシュールな世界観で見事なミュージカル作品に仕上がっている。
2016/8/11〜15@明治座で上演された。
出演者◇木村了、上原多香子、斉藤暁、崎本大海、滝口幸広、辻本祐樹、原田優一、土屋シオン、碕理人、森田涼花、竹内寿、中村太郎、月岡弘一、桝井賢斗、相川絢、塩川渉、角島美緒、二瓶拓也、高木稟、大堀こういち、舘形比呂一、坂元健児、和泉元彌(特別出演)/とよた真帆 
 



おん・すてーじ『弥次さん喜多さん』双 




kick 

shop 

nikkan 

engeki