「関数ドミノ」キービジュアル

前川知大が脚本・演出を手掛け、主宰する劇団イキウメの門外不出だった代表作のひとつ、『関数ドミノ』が、初のプロデュース公演として10月〜11月、東京・本多劇場を皮切りに九州、北海道、兵庫で上演される。
この“前川ワールド”ともいえる唯一無二の超常的な世界観を演出するのは、前川の絶大な信頼を得る演出家・寺十吾。出演者には瀬戸康史、勝村政信、柄本時生、千葉雅子、小島藤子をはじめとする実力派俳優が顔を揃える。
そのキービジュアルとキャスト写真、そして前川知大のコメントが到着した。

s_瀬戸康史[1]柄本時生小島藤子
瀬戸康史 柄本時生 小島藤子
鈴木裕樹山田悠介池岡亮介八幡みゆき
鈴木裕樹 山田悠介 池岡亮介 八幡みゆき
千葉雅子勝村政信
千葉雅子 勝村政信

【ストーリー】
とある都市で、奇妙な交通事故が起きる。
信号のない横断歩道を渡る歩行者のもとに、速度も落とさず車がカーブしてきた。
しかし車は歩行者の数センチ手前で、あたかも透明な壁に衝突したかのように大破する。
目撃者は3人。
事後処理を担当する保険調査員はこの不可解な事故に手を焼き、関係者を集めて検証を試みる。
するとそのうちの一人が、ある仮説を立てるのだった。
はじめは荒唐無稽なものと思われたが、それを裏付けるような不思議な出来事が彼らの周りで起こり始める――。

【前川知大コメント】
戯曲『関数ドミノ』には2009年版と2014年版があり、今回の上演は09年版を使います。大きなストーリーは同じですが、一部登場人物とラストが少し違います。言ってしまうと、14年版よりも09年版の方が少しだけラストに希望があるんです。今回のキャストの皆さんをイメージして、09年版を選びました。
演出の寺十吾さんは信頼する俳優であり、演出家です。この荒唐無稽な「無自覚に願いを叶えてしまう小さな神様」という物語に、寺十さんがどう現実感を持ち込んでくるのか、楽しみにしています。

公演は10月4日の東京・本多劇場を皮切りに、九州、北海道、兵庫などで上演が予定されている。

〈公演情報〉
『関数ドミノ』
作◇前川知大
演出◇寺十吾
出演◇瀬戸康史 柄本時生 小島藤子 鈴木裕樹 山田悠介 池岡亮介 八幡みゆき 千葉雅子
勝村政信
●10/4〜15◎本多劇場
●10/21〜22◎北九州芸術劇場 中劇場
●10/24◎ホルトホール大分 大ホール
●10/26◎久留米シティプラザ ザ・グランドホール
●11/5◎大空町教育文化会館
●11/6◎北見芸術文化ホール 中ホール
●11/10〜12◎兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
〈公演に関するお問い合わせ〉ワタナベエンターテインメント 03-5410-1885(平日11:00〜18:00) 





扉座『郵便屋さんちょっと 2017』 




kick 

shop 

nikkan 

engeki