IMG_2476

ディスグーニーとは、劇団「AND ENDLESS」で20年近くに渡り、全ての作・演出を手がけ、実績を残してきた西田大輔が、2015年3月に設立したカンパニー。「創ることは出逢うこと」をテーマに掲げ、演劇界のみならず広い視野でのエンターテイメント界で、俳優達との新たな冒険を目指し、自ら舞台作品の創作・製作・興行を展開。 本公演は2015年より3回行い、いずれも好評を博している。
 
その第4弾となる今回は、ディスグーニー設立の2015年11月に上演した『From Chester Copperpot』の系譜を継ぐ3作品一挙上演を再び敢行。西田大輔オリジナル作品の中から、新たな珠玉の3作品を選出して上演する『From Three Sons of Mama Fratelli』(フローム スリーサンズ オブ ママ フラッテリー)。タイトルの意味は、映画『グーニーズ』に登場する悪逆ギャングのフラッテリー一家。フラッテリー・ママと3人の息子(ジェイク、フランシス、スロース)を象徴している。
 
今回、日替わりで上演する3作品は、フランスの国民的ヒロイン、ジャンヌ・ダルクを題材とした『GOOD-BYE-JOURNEY』、盗賊の石川五右衛門が春の宵を疾走する『枯れるやまぁ のたりのたりとまほろばよ あぁ 悲しかろ あぁ 咲かしたろ』、平賀源内と彼が創ったからくり人形を見つめる杉田玄白の物語『SECOND CHILDREN』。
いずれの作品も人気度が高く、且つ西田大輔の創る異なる作品の世界観がそれぞれに楽しめる作品ばかりだ。その稽古風景がこのほど公開された。

『GOOD-BYE-JOURNEY』
 
 
IMG_2455
プロローグ。普通の少女でしかないジャンヌ・ダルク(文音)。彼女が初めて民衆の前に立って演説するまでのシーン。ジャンヌを、王シャルル(村田洋二郎)の前にジャンヌを連れてこようとするジル・ドレ(中村誠治郎)。

 
IMG_2426
オリヴィエ(田中良子)は「一人の少女に国を救えるのか」と反発するが、シャルルは決断する。オリヴィエに「お前はジャンヌと共に歩め。その救世主が生きるも死ぬもお前次第だ。共に墓まで。忘れるな」。

IMG_2449
ジル・ドレに代わり全軍の指揮をとるアラン(斉藤秀翼)のもとで、戦うジャン(伊坂達也)そして彼に付き添うリング(伊藤孝太郎)、

IMG_2518
オリヴィエが叫ぶ「我々はオルレアンを開放する!」そこに1つの光のように入ってくるジャンヌの神々しい姿。

IMG_2533
フランス軍がイギリス軍を打ち破り、オルレアンを開放するシーン。
オルレアンの前線。ジャンヌとアラン、ロベール(桜田航成)、リングがいる。「あなたを失うことはこの国の終わりを意味します。ご理解ください。」。

IMG_2541
戦いの中で傷を負うジャンヌ。だが彼女はゆっくり立ち上がり、前に進む。リングが叫ぶ「イギリス軍が引いている」。ジャンヌ「私は天から光を受けた。これは聖戦である!オルレアンを開放する!春をこの場所に!この場所が春だ!」

『枯れるやまぁ のたりのたりとまほろばよ あぁ 悲しかろ あぁ 咲かしたろ』

IMG_2557
プロローグ。稽古場が闇になっている。やがてそれぞれの手に持つ光が闇に光を放つ。

IMG_2576
猫の桔梗(田中良子)が独り言を始める。「お天道様が見放した、こんな枯れる山にも灯りはあります
もんで…この世の本当の闇なんて、あるわけないんです」

IMG_2597
同じく猫の女郎花(谷口賢志」が嘆く。「あぁ 悲しかろ、のたりのたりとまほろばよ…」

IMG_2564
やがてがばりと目覚めるんは秀吉(窪寺昭)、なにかを盗まれることに怯えている。そこへ茶々(佃井皆美)が登場。怯える秀吉をからかうようになだめる。
  
IMG_2622
次は二幕頭。佐吉こと石田三成(川隅美慎)に連れられて家康(SHOGO)が秀吉の元を訪れる。

IMG_2603
風呂敷を開けると茶碗『愚朝の月』。坊主の利休(平山佳延)が「朝を迎えるのが愚かなほど極上の湯をたてる茶碗です」と解説する。それを信長から貰った家康だが、「俺にとっては命の次に大事な天下の家宝だ。だからお前に渡す。欲しかったんだろ」。
 
IMG_2629
皆が去ると、女郎花が入ってくる。2人のやり取りから茶々の記憶、母のお市(角島美緒)との光景が浮かび上がる。

IMG_2635
やがて女郎花(光秀)が声をかける。お市様、支度は整いましたか?」
茶々が驚く。「どうして、どうしてあなたが…」そんな茶々に女郎花は問いかける。「覚えていませんか?私も…忘れていませんよ」

『SECOND CHILDREN』 
 
IMG_2639
人とのコミュニケーションが苦手な麓郎と、キーとなるからくり人形(奏雪)のシーン。

IMG_2650
奏雪のためにかんざしを作ったが、受け取ってもらえなかった麓郎(相馬圭祐)。

IMG_2656
それを見つけたからくり人形(安藤遙)「それ渡すの?綺麗だねぇ、喜ぶよ、きっと」。麓郎「そんなこと言うのやめろ。お前は奏雪じゃない」

IMG_2642
「もうやめてくれ…これ以上みじめにさせないで…お願いだから」傷ついた麓郎を優しく慰めるからくり人形。

【西田大輔コメント】
 
IMG_2658
俳優たちとともにオリジナルでゼロから一の作品作りをやるべきだと思っていて、今、僕が信頼している俳優たちと毛色の違う3作品を、精一杯作ってます。何か演劇でしか体験できない面白さが、詰まっているような気がしますし、演劇用に作られた、演劇だからこそ生きる作品たちなので、ぜひとも体感していただければ嬉しいです。1粒で二度おいしい公演です。よろしくお願いします。

〈公演情報〉
DIS GOONie Presents Vol.4
『From Three Sons of Mama Fratelli』
作・演出◇西田大輔
『GOOD-BYE-JOURNEY』出演◇文音 中村誠治郎 田中良子 伊坂達也 平山佳延/村田洋二郎 斉藤秀翼/谷口賢志 ほか
『枯れるやまぁ のたりのたりとまほろばよ あぁ 悲しかろ あぁ 咲かしたろ』出演◇田中良子 谷口賢志/佃井皆美/窪寺昭 村田洋二郎/SHIGO(175R)/川隅美慎/角島美緒 西田大輔 ほか
『SECOND CHILDREN』出演◇萩野崇/角島美緒 谷口賢志 高橋良輔/相馬圭祐/田中良子/安藤遙  ほか
●6/9〜18◎Zeppブルーシアター六本木
●6/30〜7/2◎梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
〈ディスグーニー HP〉http://disgoonie.jp/stage/vol4/#ancerTop
 


動物電気の単行本を発売します!! 




kick 

shop 

nikkan 

engeki