s_IMG_0090

地人会新社第7回公演『これはあなたのもの 1943-ウクライナ』の東京公演が、6月15日から新国立劇場 小劇場で幕を開ける。(25日まで)
原作は、1981年にノーベル化学賞受賞を日本の福井謙一氏とともに受賞した化学者、ロアルド・ホフマンが書いた戯曲で、自分の体験がもとになっている。
 
かつてはポーランドであった現ウクライナに、1937年、ユダヤ系ポーランド人として生まれたロアルド・ホフマンは、第二次世界大戦中のナチス占領による迫害の間、母親とともにウクライナ人の家庭の屋根裏部屋にかくまわれていた。その5歳だった1943年のウクライナと、アメリカに渡り成功を収めた1992年を交錯させる劇構造の中に、当時の彼が見た世界、彼の母親の怒りと悲しみなどが、浮かび上がる。
演出は鵜山仁、そして出演者は八千草薫、吉田栄作、保坂知寿、かとうかず子といった実力派俳優たちが顔を揃えている。まさに注目の舞台だ。

【物語】
戦後アメリカに渡り、内科医として成功をおさめたエミール(吉田栄作)。妻タマール(保坂知寿)と2人の子供(万里紗、田中菜生)、そして母フリーダ(八千草薫)と暮らしている。フリーダはウクライナでの記憶を消すかのごとく、当時のことを語らない。その上、かくまってくれていたウクライナ人のオレスコ氏についても、時折、複雑な思いを口にするだけだ。 学校でホロコーストのことが課題となった17歳になる孫娘の質問攻めに、少しずつ話しはじめるフリーダ。そんなある日、オレスコ氏の娘アーラ(かとうかず子)が尋ねてくる…。

この舞台で、作家自身を映し出したエミール役の吉田栄作、その妻タマール役の保坂知寿に、稽古の終盤の時期に作品世界について話を聞いた。

s_IMG_0093

シリアスなテーマの中に化学者らしい達観した目線が 

──この戯曲を化学者の方が書いたということに驚きました。
吉田 ロアルド・ホフマンさんの実体験がもとになっています。彼は母親とともに、ウクライナ人の家の屋根裏で、ナチ占領下の15ヵ月を過ごしたわけです。ドイツでのホロコーストは、僕も歴史の勉強や資料などから知っていますが、現ウクライナでも同じようなことがあったことは勉強不足でした。ただ、当時の世界情勢を描いた作品には色々出演していることもあって、そんなに遠い世界ではなかったです。
保坂 私は最初に作品を読んだ時点では、やはりウクライナという場所で起きたことなので、初めて知ったこともあって、なんと複雑な背景なのだろうと思いました。そしてその難しい題材を、自分の感覚として受け止めるのは簡単ではないだろうなと。でもとても挑戦しがいのある作品で、出演できることは喜びでもありました。
──背景になる村はウクライナ人、ユダヤ人、ポーランド人が暮らしていて、そこがソ連領になり、さらにナチスが侵攻してきます。その混乱の中で人種の違う者同士が憎み合う。その空しさが描かれていますね。
吉田 本当に難しい問題が描かれていると思います。ただ、一幕と二幕の初めに神と天使が出てきて、ちょっとしたブラックコメディタッチの寸劇があるんです。そのへんが化学者ならではの目線で達観したような風刺が入っていて、面白いなと思っています。きっとホフマンさんは、ウクライナで経験したことについて、単純にどちらがどうとか、勝ちとか負けとかで割り切れないものがあると。そこを描きたかったのかなと思っています。

s_IMG_0055

──役柄ですが、吉田さんのエミールは母親とともにかくまわれていた少年で、のちにアメリカに渡って医者になりますね。
吉田 内科医になるんです。妻が心理学者で、恐いんですよ(笑)。頭で考えていることが全部見えちゃうので(笑)。
保坂 (笑)。
──母親との関係はどのように捉えていますか?
吉田 まず母親がいなかったら彼は生きていなかったし、現在の家庭もないわけです。エミールは母に護られて、生き延びて、アメリカに行くことができて、医者になれた。その母への思いはとても強いと思います。そして母親が体験したことは想像できないほど大変なことだったわけです。だから母親が封印しているものはなるべく開けたくないし、なるべく当時のことは話さないようにしている。とてもセンシティブな問題ですし、エミールの気持ちはとてもよくわかります。
──その封印していたものが、ウクライナ人の娘アーラの訪問で、いやでも向き合わなくてはならなくなりますね。
吉田 そのことでエミールとしては、とても複雑な心境になるわけです。ただ、いつかは向き合わなくてはいけないことだったと思います。
──タマールは、そういう過去についてほとんど知らないまま結婚したのですね。
保坂 ウクライナ時代にお母さんと一緒にかくまわれていたことぐらいしか知らないんです。そして訪ねてきたアーラによって、当時起きたことを知ることになるのですが、やはりお母さんのことを考えると触れてはいけない部分であり、そこに踏み込んでいくと今の幸せな生活が壊れるかもしれない、そう考えて今まで生きてきたのだと思います。もちろんエミールが何かを抱えていることは気づいていたし、アーラがきっかけでエミールがそれを乗り越えなくてはいけない状況になった。そこでやっと踏み込もうと、一緒に背負っていくことができるのではないかと、思えるようになった。
──タマールは心理学者ということで、ある意味では客観的に分析できる力もある女性ですね。
保坂 彼が思い出していく中で、考え方が色々変化していくのを、自分なりに手助けしようとします。でも自分が勉強してきたマニュアル通りにはいかないということを、彼女自身もまた知ることになります。
吉田 その過程での夫婦の会話がとても深いし、とても面白いです。

s_IMG_0030

最初からスコンと
エミールになっている

──母親役の八千草薫さんとは、お二人とも初共演だそうですね。
吉田 僕は画面で拝見してきた立場で、大々先輩です。ご自身にとってもこういう舞台は、もしかしたら挑戦かなと思うのですが、凜として、ぶれないんです。ご自身は「役どころがそうだからよ」とおっしゃるのですが、やはり、それは内面から滲み出てくるものだなと。沢山の素晴らしい仕事とさまざまな人生経験をされてきた、そういう方ならではのぶれなさを、毎日のように感じさせていただいてます。
保坂 私も、まずご一緒できたことが本当に光栄です。おそらくそんな機会はこないだろうと、違う世界の方だと思っていましたから。ですから今、あれだけのキャリアを重ねてきた方が、今回も時間をかけて作っていく姿を、そばで見させていただいているだけで、とても沢山のものをいただいています。本当に淡々と、いつも穏やかで、でも、ただそこに座っているだけで何かが伝わってくるんです。すごいなと無条件で思います。
──保坂さんは吉田さんとも初共演ですが、印象はいかがですか。
保坂 私は映像で活躍されている栄作さんを、ずっと拝見していた側で。
吉田 いやいや(笑)。
保坂 今回のエミールという役は、とても沢山の複雑なものを背負っている役なのですが、栄作さんは、なんていうかスコンとそこに入られて、肩に力を入れずにエミールにスコンとなっていらっしゃる。それは稽古の初めからそう思いました。
吉田 嬉しいですね(笑)。当初はこの作品の中にある、複雑な民族の三つ巴、四つ巴みたいなものがわかりにくくて、どう向き合おうというのがあったのですが、とりあえず漠然と誰にでもある母への思い、父への思いというのを糸口にしようと。それから翻訳の川島慶子さんから、「ロアルド・ホフマンの手記」があると教えていただいて読んだら、自分の中で何かが動き出した感じがありました。ホフマンさんが本当に体験されたことがそこで読めたので、ありがたかったです。そのおかげでエミールに気持ちを重ねていくことができました。
──ホフマンさんはノーベル賞を受賞した化学者ですから、どこか超越している部分もあると思いますが、共感できる部分は?
吉田 人間としてとても共感できる方です。今、実際にホフマンさんはウクライナの人たちと交流があって、あの当時起きたことなどを伝えていこうとしている。彼は化学者としてだけでなく、人類にとっての理想を色々な形で追求していると思います。そういう彼の思いというのは、すごく素直に僕の中にスコンと入ってきました。そのうえで共演の方々や演出の鵜山(仁)さんから、良い影響を受けることで、日々、エミールとして生きているという感覚です。

s_IMG_0064

──保坂さんとの初共演はいかがですか?
吉田 ずっと違う街道を(笑)歩いてきた方と、その道が重なるこの一期一会というのは、とても貴重ですよね。ミュージカルで活躍されていることは知っていましたし、お芝居も上手な方だと聞いていました。今回は夫婦ですからがっちり組んでのやり取りなのですが、毎日楽しくやらせてもらってます。演技という場で共に高まっていける、とても良い時間を過ごしています。
保坂 私はいつも栄作さんのお芝居を見ていて、余計なことをされないのがとてもすごいなと。
吉田 余計なことができないだけで(笑)。
保坂 いえいえ。これだけ大変なシチュエーションを背負った役なのに、それを説明しようとしないことで、あらためて「そうなんだな」と思わせられるんです。
吉田 いや、もともとが舞台の人間ではないので、技がないだけなんです(笑)。
──つまり本質からなりきるしかないということでしょうか?
吉田 理想はね。理想はそうなんですが(笑)。

s_IMG_0040

30数シーンを流れるように見せていく鵜山演出

──鵜山さんの演出についても話してください。
保坂 私は初めてなんです。栄作さんはもう3作目なので鵜山さんとツーカーなんですが(笑)。とてもテリトリーが広い方ですよね。それで何を伺っても全部答えてくださるのですごいなと。1つ聞いたらワーッと沢山のことにどんどん話が広がっていって。でも動きや台詞についての指示はとても具体的で、わかりやすいです。
吉田 僕は『オットーと呼ばれる日本人』(08年)と『トロイラスとクレシダ』(15年)でご一緒して、普段からけっこう仲良くさせていただいているのですが、そのおかげで鵜山さん独特の、どんどん広がっていくロジックにも慣れてきて(笑)、言わんとするところがよくわかるんです。自分でも不思議なんですが(笑)。
──鵜山さんは宇宙規模のスパンで物事を話される方で、その哲学についていけるのはすごいです。
吉田 いや(笑)。とにかく天才肌の方で、つねに100年先、1000年先を考えて作るとおっしゃっていて、今回この戯曲を選んだのも、それがあると思います。
──では最後に、お客様へのメッセージをいただければ。
保坂 戦争に関わる作品はいつも思うのですが、何かを考えるきっかけになればと。私自身も考えながらの毎日ですが、ご覧になる方にとっても、この作品がそんな機会になればいいなと思っています。
吉田 悲惨さとか愚かさとかそういう歴史を踏まえた作品ですが、とても芸術性が高くて、演劇的な仕掛けもたくさん入った面白い作品になっています。1992年のフィラデルフィアと1943年のウクライナを、全30数シーンで見せていくのですが、鵜山さんの演出で流れていくように作られていますので、その時間を楽しみながら、何かを感じていただけたらと思います。

s_IMG_0103
吉田栄作・保坂知寿
 
よしだえいさく○神奈川県出身。東映映画『ガラスの中の少女』でスクリーンデビュー。TV『もう誰も愛さない』で一世を風靡。95年米国へ居を移し生活。98年、TVドラマ『流通戦争』(NHK)、99年大河ドラマ『元禄繚乱』で活動再開。その後、『武蔵』(NHK)『ブラックジャックによろしく』(TBS)でギャラクシー賞奨励賞を受賞。近年の舞台は『ローマの休日』(10年、12年)『シングルマザーズ』『裏小路』『Paco〜パコと魔法の絵本〜 from「ガマ王子vsザリガニ魔人」』ミュージカル『ファントム』『トロイラスとクレシダ』など。本年7月に『ローマの休日』の上演が控えている。

ほさかちず○東京都出身。82年から06年まで劇団四季に在団。『キャッツ』『アスペクツ・オブ・ラブ』『マンマ・ミーア!』『オンディーヌ』などに出演。退団後もミュージカルからストレートプレイまで幅広く活躍している。近年の主な出演作品に『秘密は歌う』『地獄のオルフェウス』『フル・モンティ』『道化の瞳』『休暇 Holidays』『ヴェローナの二紳士』『ライムライト』『ドッグ・ファイト』『エドウィン・ドルードの謎』など。第34回菊田一夫演劇賞を受賞。


〈公演情報〉
 something front

地人会新社第7回公演
『これはあなたのもの』1943─ウクライナ
作◇ロアルド・ホフマン
演出◇鵜山仁 
翻訳◇川島慶子
美術◇乗峯雅寛
照明◇沢田祐二
出演◇八千草薫 吉田栄作/万里紗 田中菜生/保坂知寿 かとうかず子 
●6/15〜25◎新国立劇場 小劇場
〈料金〉A席7,000円 B席5,500円 25歳以下3,000円/15日のみ全席5,000円 25歳以下2,000円(全席指定・税込)  
〈お問い合わせ〉J-Stage Navi 03-5912-0840(平日11:00〜18:00)





【取材・文/榊原和子 撮影/アラカワヤスコ】



『FILL-IN』お得なチケット販売中! 




kick 

shop 

nikkan 

engeki