s_DSCN9767

社会問題に真正面から向きあった作品を生み出してきた劇団ワンツーワークスが17年ぶりに『アジアン・エイリアン』を上演、6月22日に赤坂レッドシアターで開幕する。(7月2日まで)
ワンツーワークスの前身、劇団一跳二跳時代の代表作だ。本物の水を使った衝撃的な演出が、この社会の不気味さをひたひたと感じさせ話題となった。
初演から20年近くたった今回は、客演に4人の若手俳優を迎えての公演となる。現代にいかに蘇るのか? 
初顔合わせという作・演出の古城十忍と、客演の多田直人(演劇集団キャラメルボックス)に語り合ってもらった。

s_DSCN9774
多田直人・古城十忍

明るくさわやかにを超えて「芸人」の域

──お二人は初めてご一緒するそうですね。多田さんは他劇団へ客演されてみていかがですか?
多田 ワンツーワークスには一跡二跳時代も含めて何十年と培われてきた身体訓練のメソッドがあります。ほかの劇団の文化に触れている感覚があって、それがすごく楽しい。何よりも素敵だと思ったのは、音楽がかかって、その音楽のサイズにストレッチとアイソレーションが全部はまっていて、劇団員は指示しなくてもできる。ある種の効率化、システム化された訓練というのは、すごくいいなって思いました。
──古城さんはいろんなタイプの客演を演出してきていますが、しっかり劇団活動をやってきた多田さんはいかがですか?
古城 多田君は最初に会った時の印象とほとんど変わってないですね。
多田 どんな印象だったんですか?
古城 最初に会った時に「天才や引きこもりとか、変わった役柄が多い」って言ってたんです。もちろん、そういう役もできるだろうけど、この人はね、笑顔が結構卑怯だなって思って…(笑)。
多田 卑怯の中にどんなニュアンスが含まれてるかは置いておいて(笑)、初めて言われました。
古城 なんというか笑顔を武器として使う技術を持ってるから、明るくて面白い役をやった方が絶対に幅が広がるのになぁと思ったんです。だから今回、多田君に金山(男3)という役をと思ったのは、この芝居の中で唯一、清涼剤的な側面を持つ役だから。「その役割を担って、明るくさわやかにね」って言ったんですけど、もうそれを超えて今や「芸人」です(笑)。
多田 確かに最近は物語の重いところというか、闇だとかシリアスな面を抱えてるような役が多かったから、今回、軽いフットワークで動いたりしゃべったりしてるのは新鮮ですね。
古城 ただ、金山も心の中にはある秘密を抱えているんです。それをどうやって多田君が明るいだけではなく見せていくのか。それはちょっと楽しみですね。
多田 何を抱えているかは今は話せないのですが…。作品のテーマそのものがシリアスだし、誰もが心の中に抱えていることだとも思うので、前回の上演から17年経った今の時代にも意味あるものにしなくてはという感覚はありますね。一方で、初演から変わらないものももちろんある。これから初日までに、相手役がどう見てくれるか、どうセリフを発してくれるかみたいなところでバランスもとりつつ、つくりあげていきたいと思っています。

s_DSCN9812
 
この作品を書いていた当時の思いが再び

──
多田さんが話されたように時代性と普遍性が両極に出てくる作品だと思うのですが、古城さんが今、この作品を取り上げた理由を教えてください。
古城 『アジアン・エイリアン』は1998年が初演で、2年後に再演して以来、上演していないんですよ。評判もよかったのですが、その後、9.11(アメリカ同時多発テロ事件)などいろんなことが立て続けに起こって、そっちの方に気持ちが行ってしまっていた。それが一昨年ぐらいから、シリアでの内戦が要因となって大量に生まれた難民を受け入れるのか受け入れないかっていうことから、極右政党がヨーロッパで台頭してきて、あげくにアメリカではトランプ氏が大統領になってますます自国第一主義みたいな流れになってきた。数年前からヘイトスピーチが日本でも問題になっていたし、『アジアン・エイリアン』を書いていた当時に感じていた胸クソ悪い思いが再び自分の中でわき起こってきたんですね。この芝居の稽古をしていると胸のあたりがすごく苦しくなるんですが、今がそんな時代だからこそもう1回この作品をやった方がいいんじゃないかと思ったんです。あ、でも、直接的に自国第一主義だとか、今の世の中がどうっていうことを声高に言う芝居ではないです。個人レベルで考えていく芝居にしないと共感は得られないと思うんで。
多田 古城さん、そういう話をもっと稽古場でしてくださいよ(笑)。作家は思いを込めて書いたはずなので、その答を持ってる人間が現場にいるというのは、僕は得だと思うんですよ。それを自分なりに解釈して、こういうふうにやりますよっていうことが提示できるかなって思うので。
──では、作家・古城に多田さんから聞いてみたいことは?
多田 台本を読んだ時、雰囲気というかムードがすごくある脚本だと思ったんですよ。だから求められているものは察しやすい感覚があった。でもじゃあ、この本を僕らが感じ取ったムードのままやっていいのか。逆にこのムードを少し壊してやるのかっていうのは、古城さんのお好み次第だと思うのですが。
古城 んー、そこがなんか不思議なところで、自分で書いて演出してというのが長いからかもしれませんが、本を書いてる時には完璧にイメージがあるんですよ。もう泣きながら書くし、笑いながら書くし、頭の中の登場人物も活き活きしゃべって動いてくれる。ビジュアルもできている。でも、キャスティングをして読み合わせをした時点で、当たり前ですけど、そのイメージはガラガラと崩れるんです。でもだからといって僕の持っていたイメージに俳優たちを当てはめていくのは演出の仕事ではない。芝居というのは本をもとにしながらも、俳優やスタッフ、みんなで意見や知恵を出し合いながらつくりあげていくものですから。だから僕にとっては他の人の本をやろうが自分の本をやろうが、演出としてのスタンスは同じなんですよ。

s_DSCN9803

1トン以上の「不可視の水」の意味
  
──では、多田さんが演じる金山にはどういう思いを込めていますか? 憤りや怒りを抱えた登場人物はほかにいますが、金山は明るいですね。
古城 それはまったく個人差の問題だと思うんですよ。性格の問題というか。例えば、自分の抱えている問題を話したがらない人もいるし、あっけらかんと話す人もいる。じゃあ、あっけらかんと話してる人が問題意識が低いか、問題の重さが違うのかというと、決してそんなことはないんです。
多田 金山は何かを抱えてるっていうのもあるけど、大好きな2人の先輩に対する思いもあるかなって思います。その先輩への思いと自分の思いのバランスなんですね。今まで培ってきた人間関係とか、可愛がってもらった思い出があるからこその思いも存在する。今回は、その先輩の1人、境田役(男1)の奥村洋治さんが作品の真ん中にいらっしゃって、客演の4人が奥村さんにぶつかり稽古していくみたいな台本になってる。だから仙人みたいな奥村さんをグラグラ揺り動かしてあげるのが僕たちの役目だと思っている。おこがましい言い方なんですけど、いろんな奥村さんを引き出してあげるのが僕らの役目かなと。
古城 今の稽古の時点で、それを自覚的にたくさんやろうとしているのが、多田君だよね。
──客演の4人はD-BOYSの山田悠介さん、劇団スパイスガーデンの山中雄輔さん、フリーの池永英介さんと、それぞれバックボーンが違いますね。
古城 客演全員と初めてですが、出自の違いはあまり気にしてないですね。ただ、やっぱりアプローチは全然違うなぁとは思います。
多田 僕の思いとしては、この作品を観てもらう時、奥村さん演じる境田役に感情移入してほしいですね。境田という役と一緒になって奇妙な感覚になったり、えーっと驚いてもらったりした方が、このお話に没入できるじゃないかと思うから。もちろん、金山の思いも共感してもらいつつですけど、まずは主演の奥村さん!
古城 さっき、多田君も言ったけど、この脚本は奥村対多田、奥村対山田、奥村対池永みたいな構成になってるんですよ。奥村君のスタンスが客演それぞれ相手によって違うのが、奧村君とは長年一緒にやってるから手に取るように分かって、それがまたおもしろいですね。
──初演でも本水を使うのが話題になりましたが、水を使うことの意図と、実際その中でやってみるのはどうなのかお聞きしたいのですが。
古城 水を使った稽古は劇場に入ってからじゃないとできないので、そこに相当苦労するんじゃないかっていうことを危惧はしています。台本に「不可視の水」と書いてあるように、「水は見えない」「水はない」という設定なので、水しぶきが上がるようなシーンで顔に水がかかったとしても、俳優は拭ったり払ったりしちゃいけないんです。初演の時は、水がかかったりしても「生理的な反応をしない」という稽古をしましたからね。水を使ったのは、この作品のテーマを演劇的に表現する方法はないかと、ずっと考えていたんです。物語だけで伝えるのなら演劇でやる意味がないですから。それで「存在が見えない、わからないものって何かないか」と思っていたときに、「あっ、水を使えばいいんだ」って思いついたんです。そのときはもう天にも昇る気持ちで、「俺は天才!」と思いましたよ(笑)。
──それで小劇場で本当に使ってしまう劇団はめったにないです。
古城 しかも1トン以上だからね(笑)。
多田 大変だろうなって思うけど、同時にすごい楽しみでもありますね。本当に素晴らしい発明だと思う。水がひたひた出てくるのって、意味ももちろん込められているけれど、もう少しズルいこと言うと、役者が黙っていても舞台に見応えが生まれると思うので。
古城 そう、そう、そう(笑)。

s_DSCN9808 
 
多田 水が波打ったりとか、ポタポタしてるとか、それだけでお客さんの想像力が働く。たとえ僕たちの演技がスカスカだったとしても、すごく助けてくれるだろうなっていう思いもある(笑)。だからこそ、稽古でしっかりお芝居を作っておけば、これに水を足した時には相乗効果でもっとすごいことになるんじゃないかっていうワクワクがありますね。 
──謎解き的な内容もあってネタバレできない部分が多いですが、最後にこの作品を観るお客様へのアドバイスはありますか? 社会派な作品だと聞くと、どうしても難しく考えなくてはと思ってしまいますが。
古城 この芝居も「社会派」みたいなくくられ方をするんだろうけど、受け取り方はもちろん自由なわけです。ただ今回は、チラシにも「水を使う」ってことは前面に打ち出しているので、「あの水って、何なんだろう」って思いながら見てほしいですね。見終わった時に多分こういう意味だろうっていうのが、一人一人違うような気がするんです。でも、それでいいんじゃないかと思っていて、その答えをたくさん知りたい。アンケートにどんどん書いてもらえるとすごく嬉しいです。
多田 そうですね。わりと謎めいた感じで進んでいくし、全員が最後にスッキリしたっていう終わり方ではないかもしれません。でも、それは演劇ならではの感覚だと思うんですよね。想像する楽しさ、自分で考えて観る楽しさがある。種明かしができたとか、笑えたとかじゃなくて、「どうだったんだろう?」「私はこう感じたんだけど?」というのを投げかけてもらえるのがいいかなと思います。 


〈公演情報〉
01a37986-s
 

ワンツーワークス#22『アジアン・エイリアン』 
作・演出◇古城十忍 
出演◇奥村洋治(ワンツーワークス) 関谷美香子(ワンツーワークス)多田直人(演劇集団キャラメルボックス) 山田悠介 池永英介 山中雄輔(劇団スパイスガーデン) 増田 和(ワンツーワークス) 原田佳世子(ワンツーワークス) 小山広寿(ワンツーワークス) 吉澤萌々茄 石川亞子 松尾敢太郎 田村往子
●6/22〜7/2◎赤坂レッドシアター
〈料金〉前売4,500円 当日4,800円 学生3,000円(当日、受付にて学生証を提示)(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉オフィス ワン・ツー/劇団ワンツーワークス 03-5929-9130  



【取材・文・撮影/田窪桜子】



えんぶ最新号好評発売中! 




kick 

shop 

nikkan 

engeki