4
菅田将暉


イギリスの劇作家トム・ストッパードの代表的作品で、1966年に発表され、『ロズギル』の愛称で親しまれている『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』。この傑作戯曲がこの秋、シス・カンパニー主催で上演され、生田斗真と菅田将暉が初共演することが決まった。

この戯曲は、シェイクスピアの『ハムレット』の登場人物である2人を主人公に、トム・ストッパードがスピンオフ的作品として書き上げたもの。2人はハムレットの学友で、王クローディアスの命を受け、ハムレットをイギリスで処刑させるために留学に同行する。だがハムレットにそれを知られ、運命は逆転。最後に「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ。」の1行で片付けられてしまう。その顛末を2人の側から描いた不条理劇。

翻訳・演出は、小川絵梨子。翻訳劇で次々に演劇賞を受賞、若手ながら来年から新国立劇場演劇部門の芸術監督をつとめることになっている。 
ローゼンクランツには、昨年の劇団☆新感線『Vamp Bamboo Burn〜ヴァン!バン!バーン!〜』で主役をつとめた生田斗真。ギルデンスターンには、蜷川幸雄演出『ロミオとジュリエット』(2014年)で初舞台を踏み、これが舞台2作目となる菅田将暉。
そのほか林遣都(ハムレット役)、小野武彦(クローディアス役)、半海一晃(座長役)、安西慎太郎(オフィーリア役/ホレーシオ役)、田川隼嗣(アルフレッド役)、松澤一之(ポローニアス役)、立石涼子(ガートルード役)、さらに林田航平、本多遼、章平、長友郁真らの出演が決まっている。


〈公演情報〉
シス・カンパニー公演
『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』
作◇トム・ストッパード
演出◇小川絵梨子
出演◇生田斗真 菅田将暉 
林遣都 半海一晃 安西慎太郎 田川隼嗣 林田航平 本多遼 章平 長友郁真 松澤一之 立石涼子 小野武彦
●10/30〜11/26◎世田谷パブリックシアター
一般前売開始:9月16日より




『FILL-IN』お得なチケット販売中! 




kick 

shop 

nikkan 

engeki