DSC_0970

大ヒット漫画『北斗の拳』が来年35周年を迎える。その初めての舞台化が、9月6日〜10日、シアターGロッソにて上演される。
 『北斗の拳』は、199X年、世界は核の炎に包まれるというディストピアな世界で、武論尊の原作・原哲夫の作画で、80年代『週刊少年ジャンプ』(集英社)黄金期の一世を風靡。アニメ化もされ、主題歌であるクリスタルキングの名曲「愛をとりもどせ」は大ヒットとなった。
 
今回は、川尻恵太(SUGARBOY)の脚本と、村井雄の演出で、主役はなんと“ザコ”。主人公ケンシロウや彼の兄のトキ、さらに長兄のラオウなどの中心人物ではなく、ザコによる、ザコのための、ザコだけの舞台。そのためタイトルも『北斗の拳−世紀末ザコ伝説−』と銘打たれている。
出演者は、磯貝龍虎、河合龍之介、寿里、林野健志などに加えてスーパー日舞の花園直道、またガールズユニット「A応P」の水希蒼、声優の千葉繁も声で出演する。舞台のOPENING LIVEは「愛をとりもどせ」で、クリスタルキングwith A応Pが担当する。
 
DSC_0974
ムッシュ、林野、花園、寿里、河合、磯貝、水希

この舞台の製作発表会が7月上旬に行われ、キャストの磯貝龍虎、河合龍之介、寿里、林野健志、花園直道、水希蒼が登壇。そしてOPENING LIVEを担当するクリスタルキングのムッシュ吉崎が登壇した。
その後、大相撲5月場所で横綱の稀勢の里らが巻いた『北斗の拳』仕様の化粧回しを紹介。

DSC_1158

さらに、北斗4兄弟の3男ジャギがシークレットゲストとして登場、製作発表会を大いに盛り上げた。

DSC_1200
Akemi、ムッシュ、林野、花園、シークレツトゲスト、寿里、河合、磯貝、水希
 
【質疑応答】

磯貝龍虎、河合龍之介、寿里、花園直道、林野健志、木希蒼 (A 応 p)  、ビジュアルを担当するAkemi.S.ミラーが登場。

──この作品の出演が決まった時の心境を話してください。
水希
水希
 『北斗の拳』は母がとても好きで、姉がヒロインのユリアという名前にちなんでつけられるぐらい。小さい頃から、馴染みのある作品なので、キャストとして出演できること、「A応P」として出演できることが楽しみです。

磯貝JPG
磯貝
 ドキドキして震えていましたね。原作は大好きで、本がふやけるほど読みました。ザコの死に様が好きで、ラオウにビンタされて頭が吹き飛ばされるのが好きですね。そんなザコをやるかもしれませんね(笑)。

河合
河合 『北斗の拳』(1983年)と同い年なんです。まさか、このタイミングでと驚きながら、記念すべき作品に出演させていただいて光栄です。

寿里
 寿里 お話をいただいた時は、正直、ザコの舞台って「何だろう?」と思いました(笑)。ただ、設定自体はとても面白くて、お芝居としてみなさんに届けられることを嬉しく思います。死に様に集中して、選ばれたザコとして、ザコ中のザコをやらせていただきます。

花園
花園
 普段は着物を着て紋付袴の和装でやっていますから、まさか、『北斗の拳』のオファーをいただけるなんて…。日本舞踊で古典舞踊からマイケル・ジャクソンまで踊りましたが、どういう風に絡むのか想像がつかないのですが、綺麗な歌舞伎の所作で死にたいと思います。

林野
林野 
最初にお話をいただいた時に、とうとうやるんだなと思いました。あの筋肉量と、世紀末感をどう表現するのかなと思った時に、ザコ役という話をいただいた。原作は主役のケンシロウが気持ちいいほどザコを倒してくれるのが楽しかったので、どんな舞台が展開されるか待ち遠しいですね。

ムッシュ
ムッシュ
 『北斗の拳』は83年に連載されましたが、私が歌い始めたのは、84年にテレビアニメされてから、ぶれずにずっと歌い続けました。そうして2017年にこの公演のOPENING LIVEのオファーがあって、よかったなと思っております。私の歌から舞台が始まるので、ザコ歌手になれたら光栄ですね。
──ザコになるためにどのような役作りをしていこうと思っていますか。
水希 女性のザコは想像がつかないし、「A応P」で歌っている時は男勝りの性格なので、そこを前面に出して挑もうと思っています。
磯貝 ザコは刃物を扱いますよね。まずは、でかいノコギリを使えるところから頑張っていこうと思います。そしていつでも死ねる準備を心がけていきたいですね。
河合 一番反響があったのが身内の役者たちからです。うらやましがられて、すでに入れ知恵をもらっているんです。自分たちの代表としてちゃんとやってくれよと言われているので、みんなの期待に恥じないザコを演じたいと思います。
寿里 まずは、公園に行って子供を追いかけ回すというザコさ加減を出します(笑)。ザコだから、現代社会に染まってもいいと思います。長いものに巻かれ、偉い人にはゴマをする、そんな役作りをしつつ、火炎放射器の免許を取らなくちゃいけないけど、どこで取ればいいのやら……後は筋肉ですね。ザコもあの筋肉を見れば相当な努力家だとわかりますから(笑)。
花園 僕は細い方なので、ステーキを週3回は食べておりまして、5キロぐらい太りたいと思っています。
林野 体がでかいので、人を投げたり、引きずり回すことをするかもしれないので、パワーのある体を作りたいと思います。そして、死ぬ時の声は高い声と低い声を使いこなせたらいいですね。漫画にはない裏のストーリーが展開されると思うし、どんな変化球が来るのかわからないので想像力を膨らませて稽古を心待ちしたいと思います。

DSC_1096

──OPENING LIVEで「A応P」さんと歌を披露されますね。
ムッシュ 楽しみですね。女性とのコラボは4組目です。いろんなバージョンがあるのですが、うら若き乙女たちと一緒にやれることにワクワクしています。来年は古希(70歳)ですから、孫と一緒にやっているような感じですね(笑)。
──ケンシロウやラオウといった主役級のキャラクターがいますが、どのキャラクターにどんな殺され方をしたいですか。
寿里 アミバ(ケンシロウの兄のトキに変装した悪役)に殺されることかな(笑)。
磯貝 ケンシロウの「北斗残骸拳」で残り5秒で死ぬと言われ、人生が走馬灯のように駆け巡る死に際を楽しみたいと思います。
花園 シン(ケンシロウのライバル)にケンシロウの胸にある北斗七星を意味する7つの傷をつけられたいですね。これだと主役のケンシロウになっちゃいますね(笑)。
──原作で好きなザコエピソードはありますか。
寿里 名台詞ですが、ケンシロウがとても大きな悪役のおばあさんに「そんな大きなババアがいるか」というようなことを突っ込むシーンが好きですね。
林野 ザコが死ぬ時の断末魔のイメージが強烈にあって、北斗神拳を受けて、死んでいく声が好きですね。
寿里 僕らが伝説の「あべし」「ひでぶ」と言ったら光栄ですね。恐れ多くて使えない。逆に「もずく」とかになっちゃうかも(笑)。

DSC_1094

──これまでのザコ役経験や、プライベートでのザコエピソードを。
水希 ザコ役の経験はないのですが、私が「A応P」のメンバーで一番ザコです。みんなからの扱いがひどいけれど、私は嬉しいです。
磯貝 見た目が大きくて、力持ちで優しい村一番の男前といった役が多いので、ザコの経験はほとんどないですね。ただ、私生活はお酒を飲んだらまっすぐ家に変えられないザコですね。
河合 ゾンビの役をやったことがあります。これまでにいろんな死に方をしていますね。けれどザコは新鮮ですね。
寿里 学生の時に、公衆電話で電話していたら、不良に絡まれそうになって、やっつけられる前にノールックで財布を出しました(笑)。争い事が嫌いだし、身長が大きくなってから絡まれないんですけどね。
花園 スカルの面をつけて呪って最後はやっつけられるという舞踊劇はやっていますが、ザコは初めてですね。昔、公園で友達とコーラを飲んでいたら鳩がいっぱい集まってきて、野球の優勝パレードみたいに鳩にいっぱい吹きかけていましたね。
寿里 ザコですね。
花園 反省しています。
林野 『サイケデリック・ペイン』という舞台で、クラッシュという役を演じた時は、モヒカンにして、左手がかぎつめで、刀を持っていたんです。ザコかどうかはわかりませんが、見た目はいかついのに、おバカな役所を演じました。舞台上を変なセリフを言いながら走り回るのが楽しかったです。
ムッシュ テレビに出ている時はほぼザコです。低い声で人相の悪いサングラスをかけた歌手なんてザコっぽいじゃないですか。元祖ザコです(笑)。
──Akemiさんは、マイケル・ジャクソンさんやスーパーモデルjasmineさんのビジュアルを手がけ、ニューヨークで活躍もされています。ぜひこの舞台に参加したいということでしたね。
 
アケミ
Akemi
 ニューヨークでの25年間はまさに戦いでした。今回は、ザコの世界を表現させていただきますが、ニューヨークにはたくさんのザコがるつぼのように集まっているから、今回のお話はとても嬉しいですね。
──世紀末を舞台にしていますが、どのように美しさを表現しようと思いますか。
Akemi 美というのは魂の問題だと思うんです。1989年にニューヨークにわたりまして、ニューヨークコレクションから、マイケル・ジャクソンやドミンゴさんと、色々お仕事をしてきました。共通点は魂です。なので、みなさんの個性がザコに現れるように一緒になって考えていきたいと思います。ニューヨークではブロードウェイやリンカーンセンターでもビジュアルを担当したことがありますが、この舞台をブロードウェイに届かせたいですね。
──確かに日本にしかなさそうな設定の舞台ですね。
Akemi すごくショッキングですが現代的でもありますね。それを日本人が表現して、アメリカに持っていくのが楽しみです。

DSC_1093
 
──最後に意気込みを。
水希 とても緊張していますが、作品をきちんと伝えられるようなザコを演じます。
磯貝 最高のザコと言われるように頑張ります。
寿里 作品が楽しくなるのは間違いないですが、中身も素敵なものになるように頑張りたいと思います。
河合 役者みんなでがんばってザコを演じたいと思います。
花園 本番が終わるまで『北斗の拳』一色に染まって見事なザコになれるように頑張ります。
林野 ジャギ様の衣装がかっこいいので、僕らはどうなるのか楽しみですね。世界観も楽しみにしてください。女性もザコの生き様を観ていただけるし、子供さんも観ていただけると思いますよ。
ムッシュ 8公演、精一杯歌わせていただきます。
Akemi 本当にいい機会をいただき、日本から海外にスタートする舞台です。頑張りたいと思います。

DSC_1246

〈公演情報〉
舞台『北斗の拳−世紀末ザコ伝説−』
原作◇武論尊
脚本◇川尻恵太
演出◇村井雄
出演◇磯貝龍虎、河合龍之介、寿里、花園直道、林野健志、水希蒼(A 応 p ) ほか   (五十音順)
●9/6〜10◎シアターGロッソ
〈料金〉ザコシート6,999円 世紀末シート(前方エリア・特典付)9,999円 リングサイドシート(ステージエリア一部客席・特典3点付)19,999円(全席指定・税込)

(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983, c北斗の拳−世紀末ザコ伝説−製作委員会2017 版権許諾証GP-907
 
 

【取材・文・撮影/竹下力】




えんぶ6号、7/10発売!






kick 

shop 

nikkan 

engeki