対談
倉田淳  笹生那実

男優劇団スタジオライフが三原順原作の『はみだしっ子』を初舞台化する。 『はみだしっ子』は1975年から1981年まで「花とゆめ」に連載され、熱狂的なブームを巻き起こした傑作漫画。親に見捨てられ、この世の「はみだしっ子」となったグレアム、アンジー、マックス、サーニンという4人の少年たちがある時はあたたかく、ある時はしたたかに生きていく様を描いた作品だ。スタジオライフでは2001年10月に『Sons』を取り上げて以来、16年ぶりの三原作品上演となる。

上演に先駆けて、笹生那実とスタジオライフの脚本・演出の倉田淳との対談が行われた。笹生は三原と同じ年、同じ雑誌でデビューした元漫画家。三原順の没後、三原ファンの立場から三原作品の単行本未収録作品の刊行を求める活動を続けている。

『はみだしっ子』の作品について笹生は「親からの虐待など辛いことが描かれているが、そういう環境にない子供でも共感できる深さがある。少年4人のキャラ分けが魅力的だと思います」と語る。 三原作品に出てくる深い言葉、えぐられるような言葉に強い感銘を受けたという倉田が「三原先生は人生を見極め、突き詰める目をどこで培われたんでしょう」と尋ねると、笹生は「それは三原さんが生まれ持ったもの。他の人には真似できないもので、魂の底から出て来ている感じがする」と答えた。

 倉田は『はみだしっ子』舞台化に関して「魂の言葉が散りばめられている作品。長いストーリーですが、ダイジェストにはしたくない。シンプルな舞台作りで、観客の方たちと一緒にイメージの中でワープしながら、子供たちの奥底に入っていけるような舞台を作っていきたい」と意気込みを語った。 笹生は「ファンの方の中には“5歳児をどうやって表現するんだ”と不安に思う方もいらっしゃるかもしれない。でも、スタジオライフなら作品の魂を受け継いで表現してくださると思う。大人の男性が女の子や少年も演じるというスタジオライフだからこそ、見る側も頭の中で作り上げていくことができるんです」とエールを送った。

集合写真
 出演者

(文/大原 薫)

<公演データ> 

スタジオライフ『はみだしっ子』
チラシヴィジュアル
原作◇三原順 
脚本・演出◇倉田淳
出演◇山本芳樹 曽世海司 岩 大 船戸慎士 松本慎也 仲原裕之 緒方和也 宇佐見輝 澤井俊輝 若林健吾 久保優二 田中俊裕 千葉健玖 牛島祥太 吉成奨人 伊藤清之 鈴木宏明 前木健太郎/藤原啓児

10/20(金)~11/5日(日)◎東京芸術劇場 シアターウエスト
チケット発売:2017年9月3日(日)
ホームページ http://www.studio-life.com/



えんぶ6号、7/10発売!






kick 

shop 

nikkan 

engeki