る年祭 チラシ表-s

演劇製作会社る・ひまわりと創業140年を越える老舗大劇場の明治座がタッグを組み、上演を続けてきたシリーズが、今年の年末も開催されるが、その公演『ゆく年く・る年冬の陣師走明治座時代劇祭』(通称:る年祭(るとしまつり)のビジュアルが完成した。

本公演は、伝統ある商業演劇スタイルにのっとって、第一部では芝居、第二部ではオリジナルユニットによるショーという2部構成。今年の第一部の演目は『SANADAMA・る』。昨年のNHK大河ドラマ『真田丸』とそっくりな名前だが、この「る年祭」版では、真田幸村および真田十勇士たちが戦う〈大坂夏の陣〉を、仙台藩伊達氏家臣の片倉重長と隻眼の仙台藩藩主、伊達政宗の目線で語られる。
今回の主演は、安西慎太郎と辻本祐樹の2人で、W座長となる。

●第一部 芝居『SANADAMA・る』
【あらすじ】
関ケ原の戦いから10年。かつての栄光にすがる豊臣と、徳川家康の対立は続いていた。
家康から白羽の矢が立てられたのは仙台藩。片倉重長は、伊達政宗から任務を課せられる。「今日からお前は“根津甚八”だ」。真田十勇士、最後の一人は片倉重長だった!?
迫りくる大坂の陣。政宗の左眼が、重長に見せた景色とは―。

【登場人物】
片倉重長―安西慎太郎 /伊達政宗―辻本祐樹

真田幸村―佐奈宏紀
豊臣秀頼―永田崇人
木村重成―杉江大志
猿飛佐助―小沼将太
霧隠才蔵―碕理人
由利鎌之助―白又敦

海野六郎―田中涼星
直江兼続―蒼木陣
筧十蔵−滝川広大
望月六郎―小原悠輝
三好伊三入道―佐藤貴史
三好清海入道−宮下雄也
小松姫―井深克彦
穴山小助―中村龍介
半蔵―二瓶拓也
天海―加藤啓

徳川家康―滝口幸広
大野治長―林剛史
片倉小十郎―兼崎健太郎

真田信之―内藤大希
伊達成実―木ノ本嶺浩

真田昌幸―大山真志
本多忠勝―原田優一

上杉景勝―松村雄基

淀殿―紫吹淳

【『SANADAMA・る』人物相関図】 
チラシ 中面-s


●第二部 ショー『プロデュース1615』
各戦国芸能プロダクションから選りすぐりのアイドルメンバーがやってきます!1位を獲得し、天下人となるのは誰だ!?

【登場ユニット】
真弾青少年団
 SO(真田オフィス)所属のアイドルユニット。RAPとハードなダンスユニット。 
 
優一の國
 MP<モンペ>(モンスターペアレンツ)所属のアイドルユニット。清き一票を!
 
マーライオンZ
 シンガポールからやってきた!5人組アイドルユニット。世界的大人気のセンター、いたずらっ子の『パーク』、パークの隣に住んでいる幼馴染の弟、『パークジュニア』、そして夜には明るく照らしてくれる優しい『ビーム』、山登りが得意な山ボーイの『フィーバー』、そして『カンコーチョー』の5人組ユニットです。 日本語は苦手ですが、通訳のミスターサダキチ山本が一緒なので安心です★ 
 
MAN WITH A KABUTO
 DTE(伊達エンターテインメント)所属の特徴的な兜をチラッと被っているアイドルユニット。猪苗代湖の奥で眠っていたが最近発見された。本来の姿は兜。人間の心を持ち、主人への想いを歌で表現。


〈公演情報〉

る年祭 ロゴ
「ゆく年く・る年冬の陣 師走明治座時代劇祭」
第1部 芝居『SANADAMA・る』 
第2部 ショー『プロデュース1615』
構成・演出:板垣恭一
脚本:赤澤ムック
出演:
安西慎太郎(W主演) 辻本祐樹(W主演)
佐奈宏紀 永田崇人 杉江大志 小沼将太 碕理人 白又敦
田中涼星 蒼木陣 滝川広大 小原悠輝 佐藤貴史 宮下雄也 井深克彦 中村龍介 二瓶拓也 加藤啓/
滝口幸広 林剛史 兼崎健太郎/
内藤大希 木ノ本嶺浩/
大山真志 原田優一/  
松村雄基/
紫吹淳
●2017/12/28〜31◎明治座
●2018/1/13◎梅田芸術劇場メインホール
〈料金〉東京/S席12,000円、A席5,800円(全席指定・税込)
    大阪/S席12,000円、A席8,000円、B席4,000円(全席指定・税込)
チケット発売日 東京/9月17日(日)一般発売、大阪/9月23日(土)一般発売
〈公式HP〉http://www.rutoshi.com/





『明日がある、かな』






kick 

shop 

nikkan 

engeki