s_0011

売れない童話作家・平川がやっとつかんだチャンス、しかしそこには卑劣な罠が仕掛けられていた。
どん底まで叩き落された作家が起こす、身悶えするような戦慄の出来事──。

後藤ひろひとが1997年に書き下ろした傑作戯曲『人間風車』は、2000年と2003年にパルコ劇場版として上演され、そのたびに演劇界を震撼させてきた。そして今回、14年ぶりに、河原雅彦の新演出でキャストも一新、満を持して上演することになり、 9月28日から東京芸術劇場プレイハウスで幕を開ける。(10/9まで。その後、高知、福岡、大阪、新潟、長野、仙台公演あり)

童話作家の物語を愛し、影響される青年サムに、舞台『パタリロ!』で俳優としての実力を示した加藤諒。その仲間の則明少年には、『男水!』や『東京喰種トーキョーグール』に主演、人気急上昇の松田凌。若き演技派2人が取り組むこの作品の世界観とは?
加藤諒と松田凌が語り合った「えんぶ10月号」の記事を別バージョンの写真とともにご紹介する。
 
0015
松田 凌・加藤 諒

ファンタジーの中に現実的でリアルな話が

──まず後藤ひろひと作品の印象から伺いたいのですが。
加藤 僕は『ダブリンの鐘つきカビ人間』とか『Paco〜パコと魔法の絵本〜』とか観ていて、先日も最新作の『FILL-IN』を観たばかりです。後藤さんの作品って、感動への持って行き方がすごく上手で、『FILL-IN』では、娘が死んだのに泣けなかったお父さんが、バンドをやって娘に近づけたとき、初めて涙するんです。ああいう素敵な作品もあれば、『人間風車』のような恐い作品もあるし、面白いですよね。
松田 僕は叔母が演劇好きだったので、その影響で『ダブリン〜』も『Paco』も映画も含めて観ていたのですが、でも『人間風車』だけは何故か観ていなかったんです。だからぜひ出たかったし、出演が決まったとき、叔母が一番喜んでくれました(笑)。でも、こういう物語を作り出す後藤さんの頭の中って、どうなってるんだろうなと思います。
加藤 ファンタジーの中に、テレビ局の裏側とか、現実的でリアルな話が入っていて、絶妙ですよね。
──演出は河原雅彦さんですが、加藤さんは何度も演出を受けていますね。
加藤 初めて演出していただいたのが『押忍!!ふんどし部!』で、再演、続編も含めて3回出ていて、それと河原さんも出演された『中の人』と『ライチ☆光クラブ』です。『ライチ』から2年ぶりなので、その間もちゃんと頑張ってましたよというところを見せたいです。
──河原さん期待の愛弟子とも言われていますね。
加藤 ええっ、そんなっ。
松田 素晴らしい!(笑)。僕は『黒いハンカチーフ』で演出を受けたのですが、僕があまりに芝居ができなくて、すごく怒られたことと、人間性をちょっと面白がってくれたことが記憶に残ってます。
加藤 怒られたの?
松田 河原さんが言ってることに、ハキハキと返事していたら、「お前、あんまり話聞いてないだろ」と言われたので、「いえ! 聞いてますよ!」って(笑)。そういう対応が珍しかったのか面白がってくれて。だから僕も、また河原さんに会えるのが嬉しいし、少しは成長したと思ってもらいたいです。

s_0026

その唯一無二感がサムと重なって

──演じる役柄にはどう取り組もうと思っていますか?
加藤 サムは多重人格みたいな役なので、その中に加藤諒らしさは残しつつ、怖い部分とのギャップはちゃんと出したいなと。全てにおいて難しい役なので、丁寧に丁寧にやりたいですね。
松田 僕、加藤さんのサム、本当に楽しみなんですよ。この唯一無二感がサムと重なって、見たくて見たくて(笑)、早く稽古始まらないかなと。でも見たらきっと嫉妬しちゃうんだろうな。
加藤 きっとコテンパンにやられてるところを見ると思うよ(笑)。阿部サダヲさんと河原さんが演じられて、しかも前作のサム、河原さんが目の前にいるわけだから、緊張する〜(笑)。
──松田さんの役は、成河さんの平川の話を聞きにくる則明少年ですね。
加藤 このチラシ、則明少年の感じがすごく出てるね。
松田 やんちゃ感を消してくれと言われたんですけど消せてない(笑)。則明のほかに何役かやらせていただきますが、それぞれ物語の中で色々なキーを持っているので、キーとしての仕事をちゃんと果たしたいなと。へんに堅くなり過ぎず、ふざけ過ぎず。加藤さんから色々盗みたい。僕すぐ先輩に甘えちゃうので、稽古場に行ったらたぶん心の拠り所として、すぐ「諒君、諒君」って頼っていくと思います。
加藤 今回、僕以上に頼れる先輩が、成河さんはじめいっぱいいらっしゃるから。
松田 成河さんのすごさは聞いてます。今回初めてご一緒できるのが楽しみで。 
加藤 僕はNODA・MAPの『ザ・キャラクター』とパルコ劇場の『クレージーハニー』で共演していて、『クレージーハニー』では本気でシャツをビリビリ! って破られました。
松田 わーっ(笑)。
──加藤さんは多摩美大で野田秀樹さんの授業を受けていたそうですね。
加藤 元々はミュージカルが好きだったんですが、多摩美にはお芝居の授業があまりなくて、野田さんの授業は、作品のためのワークショップをやるというので、それを受講していたら、公演にも声をかけていただいたんです。
──野田さんの授業で印象に残っているのは?
加藤 楽しんでみんなで作り上げていくということですね。すごく謎だったのが「骨を撫でる」みたいなのがあって(笑)。
松田 骨?
加藤 目の前に骨があると思って、それを撫でながら、水を感じながら歩いて下さいとか。野田さんのワークショップって、絶対歩くところから入るんですよ。それから目をつぶって全力で走るとか、超怖かった(笑)。でも毎週授業があったのは僕たちが受けていたクラスだけで、それ以降は、年に何回かのワークショップだけになったんです。だから本当に貴重な時間を過ごさせていただきました。
──松田さんも舞台キャリアはすごくて、ここ1年でもギリシア悲劇、新撰組もの、ミュージカル、『男水!』や『東京喰種』と次々に出ていますね。
松田 たぶんこの『人間風車』で、ちょうど50作目かなと。
加藤 ええ〜!? すごい! 僕、何作だろう? 
松田 でも50作とかいうと演劇猛者みたいに思われそうですけど、沢山の作品と出会わせてもらって、色々な役をいただいてきたことだけが、唯一自分の誇れることで、これからは中身をどんどん濃くしていきたいですね。

s_0030-2

見てしまったが故に何かが変わってしまった

──この『人間風車』の物語を、一読者として読んだ率直な感想は?
加藤 放心状態になりました。読んだあと全部吸い取られた感じがして。でも嫌な感じではないんです。余韻に浸りたいというか冷静に考えたいなと。読んでいる最中は、ジェットコースターに乗っているようで、それで急にドゴッと落とされるので。
松田 悪い意味ではなく、見てはいけないものを見てしまった感じです。そして、見てしまったが故に、自分の何かが変わってしまった…。後悔なのか嬉しさなのかわからないけど、確かに変わってしまった自分がいるんです。そこからまた、自分の中で噛み砕いて、紐解いていきたくなって、もう1回読み始めたら、また違った見方が出てきたりして、すごい作品だなと思います。
──色々な意味で究極の面白さがある作品ですね。
加藤 舞台を観終わった人に、「あーあ」と言われたいですね。「なんで見ちゃったんだろう」みたいな感じになってほしい。でもどんなものでも、見ないよりは見たほうがいいと思うんです。そこから何かが始まるので。
松田 色々な演劇がある中で、『人間風車』という作品は、滅多にない衝撃作だと思うんです。そして、一度この世界に入ってきてくだされば、心の中に今までなかったものが生まれて、残っていくと思う。だから、まずは劇場に足を運んで、舞台を観ていただきたいですね。
 
0025
かとうりょう○1990年生まれ、静岡県出身。2000年、バラエティ番組『あっぱれさんま大先生』でデビュー。その後、映像、舞台、CMと幅広く活躍中。最近の出演作は、ドラマは『とと姉ちゃん』『ゆとりですがなにか』『真田丸』、映画は『金メダル男』『本能寺ホテル』、舞台は残酷歌劇『ライチ☆光クラブ』舞台『パタリロ!』(主演)など。

0034
まつだりょう○1991年生まれ、兵庫県出身。2011年CMで芸能界デビュー、2012年、ミュージカル『薄桜鬼』斎藤一篇で初舞台初主演。以来、舞台や映像で活躍中。最近の出演作は、ドラマは『ニーチェ先生』『男水!』(主演)、映画は『ライチ★光クラブ』、舞台は『曇天に笑う』『瞑るおおかみ黒き鴨』『幸福な職場』ミュージカル『花・虞美人』舞台『男水!』(主演)『東京喰種』(主演)など。

〈公演情報〉
ningen_chirashi

PARCO&CUBE20th present 『人間風車』
作◇後藤ひろひと 
演出◇河原雅彦 
出演◇成河 ミムラ 加藤諒 矢崎広 松田凌 今野浩喜 菊池明明  川村紗也 山本圭祐  小松利昌 佐藤真弓 堀部圭亮 良知真次 
●9/28〜10/9◎東京芸術劇場プレイハウス
〈料金〉S席8,900円、A席7,800円 U-25チケット:5,000円(全席指定・税込)
その他、高知、福岡、大阪、新潟、長野、仙台公演あり
 〈お問い合わせ〉
パルコステージ 03-3477-5858(月〜土11:00〜19:00/日・祝11:00〜15:00)
キューブ 03-5485-2252(平日12:00〜18:00)
http://cubeinc.co.jp/stage/info/ningen2017.html




【文/宮田華子 撮影/岩田えり】





会員様限定キャンペーン実施中!

kick shop nikkan engeki