IMG_3400
新井夢乃&宮城弥榮

長く愛され続けている名作ミュージカル『アニー』の、2018年公演の出演者を選ぶ最終オーディションが開催され、その合格発表が10月29日、麹町の日本テレビで行われた。

1977年にブロードウェイで開幕した『アニー』は、同年のトニー賞で7部門を受賞した傑作ミュージカル。日本では1986年の初演以来、全国で167万人が観劇した国民的作品として愛され続けている。
日本の『アニー』上演は、昨年の公演から多数のミュージカルを手がける山田和也が演出を担当、翻訳台本、振付、舞台美術、衣装なども一新して、新生『アニー』として登場。その新鮮な舞台は大好評で、連日、当日券を求める観客が劇場前に並んだ。33年目となる2018年バージョンは、引き続き山田和也が演出を手がけ、音楽監督は佐橋俊彦、振付・ステージングは広崎うらんが携わる。

今回のオーディションは、応募条件は6歳〜15歳までの子供で、書類審査は422名、その後、歌、ダンス、ワークショップ演技を10月21日、22日、28日、29日に開催。審査を勝ち進んだ少女たち約50名が待機する中で、アニー役2名を含む14名の合格者が発表された。

IMG_3370

演出の山田和也から、今回のオーディションの総評が語られる。
「今回もとても選ぶのが難しかったです。それは皆さん1人1人の努力、個性、持ち味、『アニー』に出たい気持ちが伝わったからです。いつも思うのですが、アニーを探すのではなく、どうやって出会うかです。今年もアニーに出会えました。そのアニーを中心としてチームを組むとなると、役柄、年齢設定、バランスがあります。だから、今回そこに入ってこられなかった人が劣っているのではないんです。もし出られなくても可能性は広がっています。これからも、それぞれが、歌うことや踊ることに意欲的に取り組んでいってください」
 
IMG_3325
IMG_3322
IMG_3323
IMG_3329
IMG_3328
IMG_3337

いよいよ合格発表となり、役名と合格者の名前が読み上げられる。子供たち、そして後方で見守る家族の祈るような気持ちが伝わってくる。モリー役、ケイト役、テシー役、ペパー役、ジュライ役、ダフィ役、それぞれ2名ずつ。選ばれた感激で泣き出す子供たち。そして最後にアニー役の2名が発表される。新井夢乃、宮城弥榮、新しいアニーの誕生の瞬間だ。

IMG_3343
IMG_3346

発表が終わると、全員で主題歌『トゥモロー』を大合唱する。今回は選ばれなかった子供たちも、涙を流しつつ「明日はしあわせ」と声を揃えて、未来への希望を大きな声で歌っている。

IMG_3355

その後、合格者14名での記念撮影が行われる。そして昨年のアニー、野村里桜と会百花から新アニーに、それぞれ花束が贈られた。

IMG_3385
野村里桜、新井夢乃、宮城弥榮、会百花

【アニー役の2人】
新井夢乃(アライユメノ)
埼玉県出身、小学5年生(11歳)
芸歴/ミュージカル『レ・ミゼラブル』(2015年) リトル・コゼット役。ミュージカル『貴婦人の訪問』(2016年)レーナ役。
 
宮城弥榮(ミヤギヤエ)
東京都出身、小学5年生(11歳)
芸歴/ミュージカル『冒険者たち〜この海の彼方へ〜』(2017年) ジャンプ役。

IMG_3394
新井夢乃、山田和也、宮城弥榮

【囲みインタビュー】
その後、新アニーの新井夢乃、宮城弥榮、そして演出の山田和也への囲みインタビューを行われた。
 
──まずアニーに決まった今の率直な気持ちを教えてください。
新井 一次審査が通っただけでも嬉しかったのに、アニーという夢が叶ってとても嬉しいです。 
宮城 すごく嬉しいです。
──アニーに応募したのは何回目ですか。
新井 2回目です。
宮城 アニーは1回目なんですけど、1回、ダンスキッズに応募しました。
──山田さん、アニー役に2人が選ばれた決め手は?
山田 毎年何が決め手だったんですかと聞かれますけど、アニーぽかったとしか言いようがないんです。アニーに形を求めていないので。審査員みんなそうなんですど、アニーってこうだよねと思った子がアニーなんです。
─2人はどんなアニーになりたいですか?
新井 明るくて、元気な、優しいアニーになりたいです。
宮城 同じなんですけど、明るくて、優しい元気な女の子になりたいです。
──アニーのオーディションでとくにがんばったことは?
新井 高音の出し方の練習をいっぱいしました。  
宮城 全部がんばったなと思いますが、とくに「二人でいれば」の高いところが難しかったけど、先生に教えてもらいながらがんばって出来たと思います。
──これだけは負けないという、自分の一番いいところは?
新井 誰にも平等に接するところです。 
宮城 笑顔です。
──学校の好きな科目とかは?
新井 算数です。
宮城 体育と算数です。
山田 理系のアニーだね。
2人 (笑)。
──選ばれてご褒美は?
新井 スマホを持ってるんですけどお祖母ちゃんのおさがりで、まだネットとかLINEとかWi-Fiのあるところでしか使えないので、それが使えるようにしてくれると言ってました。
宮城 とくにないですけど、ケーキを食べたいです。
──今日選ばれる自信は?
新井 ありました。
宮城 あるっていうかないっていうか、がんばったなと思いました。
──山田さん、毎年違うアニーですが、今年のアニーはどういう印象ですか?
山田 今年のアニーはすごく頭の回転のいいアニーで、やっぱり理系だったんだね(笑)。
──将来の夢は?
新井 ミュージカル女優です。
宮城 とくにタップダンサーになりたいんですけど、最近ミュージカルを始めたので、ミュージカル女優にもなりたいです。
──最後に意気込みを。
山田 また新しい2018年の『アニー』を、僕たちみんなで作っていくことを楽しみに思っています。一生懸命につくりますのでよろしくお願いします。
新井 観に来てくれるお客さんが、感動しながら帰っていってもらえる『アニー』になればいいなと思います。
宮城 『アニー』っていうミュージカルを、見たことがある人も初めて見る人も、楽しいなと思えるアニーにしたいです。

2018年『アニー』合格者は、『アニー クリスマスコンサート2017』(2017年12月22日・23日)に出演。2017年『アニー』でウォーバックス役を演じた藤本隆宏、グレース役の彩乃かなみも出演予定。
2018年の丸美屋食品ミュージカル『アニー』は、4月21日〜5月7日◎新国立劇場 中劇場で上演。夏には地方公演も予定。
〈公式ホームページ〉http://www.ntv.co.jp/annie/




【取材・文・撮影/榊原和子】



花組芝居『黒蜥蜴』お得なチケット販売中!
kick shop nikkan engeki