jj20171107edit
大倉孝二、ブルー&スカイ
いとうせいこう、池谷のぶえ
 
俳優・大倉孝二と劇作家・演出家のブルー&スカイによる演劇コンビネーション「ジョンソン&ジャクソン」が、2018年6、7月に新作を上演する。

ジョンソン&ジャクソンは、大倉の所属する劇団ナイロン100℃の番外公演として上演された『持ち主、登場』で、作・演出の共作経験を経てコンビ構想をスタート。初回公演『窓に映るエレジー』(2014年)、第二回公演『夜にて』(2016年)と、大倉とブルー&スカイが信頼を寄せる魅力的なキャストが集い、公演を行ってきた。“役にたたない演劇”と称して、ナンセンスでくだらない作風を、実力派俳優たちが全力の悪ふざけのように、生き生きと演じる。その姿がなんとも癖になるシリーズだ。

そのジョンソン&ジャクソンの新作に、いとうせいこうの初参加が決まった。いとうせいこうといえば、ラッパー、MC、小説家、芸人…様々な顔を持ち、また、「ラジカル・ガジベリビンバ・システム」や「シティボーイズ」などのナンセンス・コメディ作品で、俳優として舞台に立つ一面も持つ。今回、ジョンソン&ジャクソンにどんな風を吹き込むのだろうか? 
さらに強力キャストとして池谷のぶえが出演。2014年上演の『窓に映るエレジー』でも、その“剛腕ぶり”を見せた至宝のコメディエンヌが、再び参戦する。
この4名の濃いメンバーが、どんな“未知との遭遇”をし、どんな化学反応を起こすのか、期待に胸が膨らむ。

この上演について、作と演出を担う大倉孝二と、出演のいとうせいこうからコメントが届いた。

【コメント】
 
大倉孝二(ジョンソン&ジャクソン)/作・演出・出演
前回の公演が終わって、ジョンソン&ジャクソンを今後もやっていきたいという気持ちを、ブルー&スカイと確認しました。今回は、二人で始めた原点に立ち戻り、少人数で自由にやってみましょうかということで、お声がけをしたところ、これ以上ないお二人に出演頂けることになり、悪いことばかりじゃないなと思いました。
「自分たちが何をやりたいか」とともに、今回は「お二人にどう面白がってもらうか」も大事だと思っています。どんなことを面白がるのだろう、とお二人のアイデアも頂きながら、着地点は決めきらないで、創る過程を楽しみながら、探していきたいです。
音楽的なことは今回も絡ませていきたいと思っています。演劇的なものになるかわかりませんが、“変なもの”にしたいです。
せいこうさんや、池谷さんの持っているものも借りて爐だらなさの研究″みたいなものができたら、むしろ僕らが学べたら、と思っています。

いとうせいこう
ジョンソン&ジャクソンに出たいとずっと願っておりましたし、たぶんメンバーの二人にも言ったと思いますが、連中は忘れているでしょう。私は舞台で笑いをやる機会を失っていたからです。今回出演がかない、なおかつ大好きなコメディエンヌ、池谷のぶえさんと一緒で楽しみで仕方がありません。ただ、4人しか出ないのでセリフが多くなりそうで心配です。私の性根が芸人で役者ではないこと、ブルー&スカイが理解していてくれるのを祈るのみです。

〈公演情報〉
2018J&J_kari-flyer
 
ジョンソン&ジャクソン新作公演
『タイトル未定』
作・演出◇大倉孝二、ブルー&スカイ(ジョンソン&ジャクソン)
出演◇大倉孝二、いとうせいこう、ブルー&スカイ、池谷のぶえ
●東京公演/2018年6、7月◎CBGKシブゲキ!!
ほか公演予定
〈一般発売〉東京公演/2018年4月予定
〈お問い合わせ〉キューブ:03-5485-2252(平日12:00〜18:00)
〈キューブHP〉http://cubeinc.co.jp/news/#24

 






『えんぶ8号』
kick shop nikkan engeki