音楽劇「白い病気」
上段/串田和美、藤木孝、大森博史
下段/千葉雅子、横田栄司、西尾友樹

初演当時、大きな衝撃を与えたカレル・チャペックの反戦劇が、串田和美の演出と、実力派の俳優陣によって上演される。

大戦間のチェコスロバキアを代表する作家、カレル・チャペック(1890年〜1938年)は、戯曲『RUR』において使用したロボットという言葉を作ったことでも知られている。『白い病気』は迫り来るナチの弾圧の中、死亡する前年に初演された。
隣国ドイツの軍事圧力を風刺したこの劇は、幕が下りたときには、チェコ愛国者の喝采を浴びるが、時代は作品が暗示するように、悲劇的な状況に向かって行った。80年前に書かれたこの作品は、まさに今、現代を照射しているといえるだろう。 

この衝撃の問題作に挑むのは、串田作品常連の大森博史に加え、串田作品初参加となる藤木孝、千葉雅子、横田栄司、西尾友樹(劇団チョコレートケーキ)という個性豊かな実力派ばかり。また上演にあたり、公募で集める地域市民の合唱を入れた音楽劇として串田和美が大胆に潤色する。

【原作あらすじ】
若者は罹らないのに 50歳を超えた者から罹りはじめる「白い病気」。初期症状は身体の表面に押しても痛さを感じない無痛の白い点ができる。この症状が現れると、すみやかに身体は悪臭を放って崩壊していき、死に至る。現代医学はこの病気に対して無力であり、痛み止めと防臭剤程度しか使えないと宮中顧問医のジーゲリウス教授が見解を述べる。そんな中、貧民を治療している「保険医」ガレーンが、偶然この病気の治療薬を発見する。ガレーンは、その新薬を教えることと引き換えに、自国も含めて各国が永久平和条約を結ぶように要求する。軍需産業の社長や国を率いる元帥は、最初はガレーンの申し出を拒否するが、自身も「白い病気」に罹ってしまい、ついにその要求を呑む。イギリスをはじめとするほかの国が平和条約を結ぼうと働きかけ、実現しようとする直前、ガレーンは戦争を望む愛国の暴徒に殺されて、なんとその特効薬は失われてしまう。
 
〈公演情報〉
cid_7D87262F-698F-431E-9482-900D2484D8C1
まつもと市民芸術館プロデュース  
音楽劇『白い病気』
原作◇カレル・チャペック
翻訳◇小宮山智津子
潤色+演出+美術◇串田和美
音楽◇寺嶋陸也
出演◇串田和美、藤木孝、大森博史、横田栄司、西尾友樹、千葉雅子、大鶴美仁音、飯塚直、TC アルプ(近藤隼、武居卓、細川貴司、深沢豊、草光純太、下地尚子)他
●【まつもと公演】2018/2/23〜28◎まつもと市民芸術館 実験劇場
〈料金〉前売/一般¥5,500 U18¥3,000 当日/一般¥6,000 U18¥3,500(全席指定・税込)
〈チケット発売日〉2017年12月1日(金)10:00 予定
●【神奈川公演】2018/3/7〜11◎KAAT神奈川芸術劇場 中スタジオ
〈料金〉前売/一般¥6,500 U18¥3,500  当日/一般¥7,000 U18¥4,000(全席指定・税込)
〈チケット発売日〉2017年12月1日(金)10:00 予定
〈お問い合わせ〉まつもと市民芸術館チケットセンター0263-33-2200(休館日をのぞく10:00〜18:00)





『サロメ』
kick shop nikkan engeki