悪人チラシ
 
妻夫木聡・深津絵里出演で、国内外問わず高い評価を得た映画「悪人」が、原作者・吉田修一のデビュー20周年の年に、中村蒼と美波のふたり芝居で舞台化される。

原作「悪人」は、芥川賞作家・吉田修一の代表作にして、250万部を記録した超ベストセラー。台本・演出を務めるのは、2016年に2作のふたり芝居、『乳房』(原作・伊集院静、出演・内野聖陽、波瑠)と『檀』(原作・沢木耕太郎、出演・中井貴一、宮本信子)を手がけ、高い評価を得た合津直枝。「光代をもう少しだけ救ってやりたい」という思いで書き上げた上演台本に吉田が共感し、舞台化が実現した。

【あらすじ】
—男は、ひとを殺めてしまった。女は、思わず逃げようと言った。—
佐賀の紳士服量販店に勤める女・光代は、 携帯サイトで知り合った長崎の港町に住む解体業の男・祐一と恋におちる。 ふたりはつかの間、孤独な魂を寄せ合う。 ところが、祐一から殺人を打ち明けられ、ふたりの逃避行が始まる。 逃亡の果て、逮捕された祐一は、「逃亡の為に光代を利用しただけ」と語るのだが...。 果たして、ふたりの愛は偽りだったのか? 祐一は悪人だったのか?

“哀しき殺人者”祐一には、舞台『OTHER DESERT CITIES』での好演も記憶に新しい実力派俳優・中村蒼が決定。映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』で悪役を演じた一方、現在放送中のBS時代劇『赤ひげ』(BSプレミアム)では青年医師を演じるなど、演技の振り幅の広さに注目を集めている中村だが、今回の舞台ではどんな顔をみせるのか期待が高まる。

中村は「初めてのふたり芝居は未知の世界ですが、今はその不安と期待が入り混じって いる感覚です。 小説、映画共に多くの人に愛された作品で今回の舞台もそれに並ぶ、 もしくはそれ以上のものになったらいいなと思っています。 美波さんと演出の合津さんとコツコツ作り上げていきます。」と意気込みを語った。

〈公演情報〉
ふたり芝居『悪人』
原作◇吉田修一(「悪人」朝日文庫)
企画・台本・演出◇合津直枝 
出演◇中村蒼、美波
●2018/3/29〜4/8◎シアタートラム
〈料金〉前売6,000円 当日6,300円(全席指定・税込) 
〈チケット一般発売〉2018年1月14日(日) 

『サロメ』
kick shop nikkan engeki