#10

1984年の結成以来、寺山修司の戯曲を新たな形で上演し続けてきた青蛾館が、2月3日(土)〜11日(日)まで東京芸術劇場シアターウエストで男装音楽劇「『宝島』〜大人も子どもも楽しめる寺山修司〜」を上演する。今回の作品は、あのスティーブンソンの名作「宝島」を下敷きとして寺山修司が子供向けミュージカルとして書いた児童劇を「大人も子どもも楽しめるネオアングラ」劇に再構成。俳優、ダンサー、ミュージシャンと女性だけの出演者により舞台化!  主な出演者は宮下今日子、佐藤真弓、藤井由紀、澤田育子、のぐち和美、シルビア・グラブ等と、ここでしか見ることができない“怖いほど魅惑”のラインナップ!「緊張せざるを得ないメンバー」(稽古初日ツイッターより)と語る振付・演出担当のスズキ拓朗から稽古場直送のメッセージが届いた!

【スズキ拓朗(コンドルズ・CHAiroiPLIN)メッセージ】
HA026047_col
写真/HARU

スズキ拓朗です。青蛾館公演では3度目の演出をやらせていただきます。パイレーツオブカリビアン、ワンピース、など大好きな自分です。冒険物の中でも元祖とも言える「宝島」の演出が出来ることに胸の高鳴りが止まりません。冒険物につきものの海賊達。その個性的なキャラクターを演じわける豪華な女優陣キャストがなんといっても今回の目玉の一つです!稽古場は迫力と魅力の交差です!ならず者達が蠢く船の甲板そのものです。毎日の稽古が役者から湧き出るアイデアの宝の山。早くこの宝を磨きに磨き、お客様にプレゼントしたい気持ちでいっぱいであります。さらにはスペシャルダンサーを加えたハイクオリティーなダンスシーンの連続!お馴染み時々自動の奇想天外な演奏!最後に締めくくるはやはり寺山修司さんの本の面白さ!海をも超える寺山さんの言葉には壮大な「旅」を感じます。子供から大人まで楽しめるラストの展開力と仕掛けは本当に面白い!是非とも本を読まずに劇場へ!後悔させません!ご一緒に夢に向かって航海しましょう!

【ストーリー】
海辺のさびれた宿屋の息子ジムはある日、謎の船長から「一本足の男に気をつけろ」と言われ宝島の地図を受け取る。その地図を狙う男たちの襲撃を受けるが、その危機を助けたのは一本足の男ジョン・シルバーだった。ジムはジョン・シルバーや仲間とともに宝探しに出発するが・・・。

【公演情報】
#15
青蛾館公演
 男装音楽劇「『宝島』〜大人も子どもも楽しめる寺山修司〜」
作◇寺山修司
構成・演出・振付◇スズキ拓朗
出演◇宮下今日子  佐藤真弓  藤井由紀  澤田育子  高山のえみ  蜂谷眞未  長谷部洋子  吉原朱美  のぐち和美  シルビア・グラブ  ほか
2/3〜11 ◎東京芸術劇場シアターウエスト


極上文學『風の又三郎・よだかの星』
kick shop nikkan engeki