itagaki2_leaf_1017

株式会社三井不動産ビルマネジメントと舞台公演の企画製作を行うconSept LLCが共同推進するプロジェクト「劇と暮らし」は、プロジェクトの第4回目となるイベントとして、舞台演出家・板垣恭一を迎え、2月26日(月)19時より霞が関ビルディングプラザホールにて、特別セミナー2『芝居が立ち上がるまで。』を開催することとなった。
このセミナーは、演劇的な経験や発想を日常に応用し、ビジネスに文化力を足すことでより豊かで創意的な社会活動を行うことに一助できることを目指すと同時に、演劇鑑賞人口の拡大を目指して開催される。

P2050299

【演出家・板垣恭一による特別セミナー2の内容】 

2017年10月3日に開催した第1弾『演劇の演出家から学ぶ芝居で仕事と人生を3倍楽しむ方法』では、演出家・板垣恭一を講師に、ふだんは演劇に触れることの少ないオフィスワーカーを中心に80名以上が参加。セミナーを通して、演劇と日常生活の重なりを感じるなど、約90%以上の人が講義に満足と答えた。特に、誰かの行動を見て、そこから目的・感情・出来事・関係性を逆算するプロセスは、ビジネスだけでなく日常的な人間関係でも、相手の気持ちや願望に気づいてリアクションをする上で非常に役に立つ情報となった。
今回の第2弾『芝居が立ち上がるまで。』では、現役の女優たち、綿引さやか、万里紗、守屋由貴 (部下)が、演出家(リーダー)と物語(プロジェクト)を紡ぐ過程を実演する。

itagaki
板垣恭一
watabiki_NEW万里紗DSC_0838宣材
綿引さやか、万里紗、守屋由貴 

 
どんな演劇にも「台本」という設計図があり、その設計図の意図をどのようにして具現化し何を伝えるべきかを考えるために、様々なセクションー例えば舞台装置、照明、衣裳、小道具、音響などの専門家が集まって知恵を絞る。その中心にいるのが演出家と俳優。俳優各々が自分の役をどう理解し受け手に伝えるための工夫をしていくのか、そして演出家は俳優たちのリーダーとしてどう方向を示し纏め上げていくのかを、実演を交えて伝える。
【例】本読み1→演出的議論1→本読み2→演出的議論2→立ち稽古1→演出的議論3→立ち稽古2
第1弾のおさらいも交えながら、上記のように更に具体的に劇が立ち上がるまでのプロセスを届ける。今回のセミナーを通して、演劇の楽しみ方を学ぶだけでなく、参加者が今抱えているプロジェクトに役立つような発見があるにちがいない。
 
 【開催概要】
itagaki2_leaf_back_preview 
イベント名:劇と暮らし特別セミナーvol.2『芝居が立ち上がるまで。』

講師:板垣恭一 
出演:綿引さやか、万里紗、守屋由貴 
開催日:2月26日(月) 19:00~21:30(18:30開場)
会場:霞が関ビルディング1Fプラズホール(東京都千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビルディング1階)
持ち物:筆記用具
参加費:2,500円
お問い合せ:info@consept-s.com
主催:三井不動産ビルマネジメント/conSept LLC





kick shop nikkan engeki