1

今、演劇界で最も注目を集める劇団チョコレートケーキの古川健による書き下ろしで、主宰の日澤雄介が演出する舞台『Sing a Song』が、2月7日から16日までの下北沢・本多劇場を皮切りに、3月まで全国公演を行う。
物語の主人公は、歌を愛し歌に愛された1人の歌い手、三上あい子。だが戦争が彼女から歌を奪おうとする。歌い手とその歌に惚れ込んだ仲間たちは、誇りを胸に皇軍慰問の旅に出る。
戦時中から戦後にかけての日本と満州を舞台に、1人の歌手と彼女を取り巻く人々の姿から、あの時代が浮かび上がる。
 
主人公の三上あい子役を戸田恵子演じ、そのマネージャー役には大和田獏、歌手の専属ピアニスト役には藤澤志帆、そのほか憲兵や軍人などの役で元唐組の鳥山昌克、 TRASHMASTERSの盒桐硫陝劇団チョコレートケーキの岡本篤が出演、演技派・実力派揃いの舞台となる。
そんな作品の内容と役柄について、大和田獏と藤澤志帆に話してもらった。

s__MG_1007
大和田獏・藤澤志帆

女性ながらすごい気骨を持った人がいた

──それぞれご自分の役を、どんなふうに演じようと思っていますか。
大和田 台本に書かれていない部分、彼の経歴とかどんな経緯でマネージャーをやることになったのかなど、自分で色々想像しながら作っていこうと思っているんです。たぶん三上あい子という歌手をリスペクトしてると思うし、もしかしたら自分も音楽に傾倒していて、でも夢破れて、才能ある人間をバックアップする側に回ったのかなとか。軍部の人間とやり合う局面もあっただろうなとか考えると、堅気じゃなかったのかなと。そのへんは稽古が始まったら演出家と話し合って、固めていきたいですね。
藤澤 私はピアニストの役です。本当はクラシックの世界を目指していたのに、経済的な事情で諦めて、ダンスホールでピアノを弾いていたら、あい子さんの目にとまって専属ピアニストになります。あい子さんを信じて、慰問団について行くくらい信念があって、ピアノを弾くことが自分の使命だと思っている、芯の強い女性だと思います。
 
──劇団チョコレートケーキの古川さんと日澤さんが、作と演出を手がけますが、お二人は公演をご覧になってますか?
藤澤 劇団員の西尾友樹さんが『萩咲く頃に』のお兄ちゃん役だったので観に行きました。最初は難しくて、でもだんだんわかるようになって、今回、日澤さんに演出していただけるので、すごく楽しみです。
大和田 僕も『萩咲く頃に』がきっかけで観に行くようになりました。社会的なテーマに真面目に取り組んでいて、骨太な劇団だなと。
 
──今回の物語も、古川さんらしいテーマですね。
大和田 戦前、戦中の時代には、こういう話が実際にあって、歌も自由に歌えないし、国策映画を作らされたり、僕の小さい頃は、そういう経験を話してくれる人もいました。でも今は知らない人のほうが多くなってしまって。この作品のあい子は、淡谷のり子さんがモデルだそうです。
 
──そういえば劇中であい子が歌う「別れのブルース」は淡谷さんの歌ですね。戦争中は禁止されていたと聞きます。
大和田 でも兵隊さんたちには、そういう歌こそ慰めになったし、聞きたがったそうです。淡谷さんは軍部の意向に妥協しないで、ぎりぎりのところまで抵抗して、信念を貫いた。彼女の自伝も読みましたが、あの時代に女性ながらすごい気骨を持っていた人だと思います。

戦争への怒りとか嫌悪観が薄れてきている

──先ほど話に出た『萩咲く頃に』では、お二人は父娘の役でしたね。
藤澤 初演、再演とずっとご一緒していましたから、本当の親子みたいになって。
大和田 たぶん全部で100ステージ近くやったね。公演中は役名で呼び合ってて、一緒に食事したり、ずっとお父さんと呼ばれていたけど、今回はその関係は断ち切らないとね(笑)。
藤澤 もう甘えられませんね(笑)。
 
──俳優としてのお互いについてはいかがですか。
藤澤 獏さんはお芝居についても面倒見のいい方で、毎日のようにアドバイスしてくださるんです。
大和田 1回1回を大事に、慣れはだめだよとか、ごく当たり前のことしか言わないんですけどね。彼女はとにかく真面目過ぎるくらい真面目で、真摯だし、そこは安心できるんですけど、もう1つ殻を破るといいなと思っていて。演出家に真面目に応えるだけでなく、もう少し柔軟になると面白くなるはずだから。
藤澤 自分でもそうしたいという思いはあるんです。今回の日澤さんの演出で、少しでも殻を破れたらと。
大和田 そこは僕も一緒で、初めての古川さんの本で日澤さんの演出で、自分にまた新しい刺激を与えてくれそうだなと思っています。
 
──最後にこの公演への意気込みを。
藤澤 出演が決まったとき、尊敬する戸田恵子さんや獏さん、そして注目されている俳優さんたちの中に私がいていいのかと、プレッシャーでした。でも稽古場でのスタートは、年齢もキャリアも関係なくみんな一緒なので、私も殻を破ります(笑)。
大和田 たぶん僕が一番年上なので、役柄もそうですが、1歩引いたところから全体を見ているような立場でいたいなと。そして作品のテーマをしっかり伝えていきたいですね。戦後70数年経って、理屈ではわかっていても戦争への怒りとか嫌悪観が薄れてきている気がします。でも一度起きてしまったら、それによってどれだけ人間の生活が狂わされていくか、そこをこの作品で少しでも伝えていけたらと思っています。

1
大和田獏・藤澤志帆

おおわだばく○福井県出身。73年、俳優としてデビュー。以降、映画やドラマへの出演多数。また昼の情報番組『ワイド!スクランブル』のメインキャスターや『獏さんのひゅーまんテレビ』(TX)の司会などで活躍。最近の主な出演作品は、映画『グッバイエレジー』『ろくでなし』、ドラマ『警視庁捜査一課長』、舞台『歌姫』『萩咲く頃に』『天国のシャボン玉ホリデー』『滝口炎上』『くちづけ』など。

ふじさわしほ〇東京都出身。女優として映画、テレビ、舞台などで活躍。2008年舞台『あのころのまま』でヒロイン役を務める。最近の出演作品は、映画『サヨナラ COLOR』『わさび』、ドラマ『わかば』(NHK)、舞台は『だいだいの空』『萩咲く頃に』『満月の人よ』『さよなら、先生』『静かな海へ−MINAMATA−』など。

〈公演情報〉
sing

トム・プロジェクトプロデュース
『Sing a Song』
作◇古川健 
演出◇日澤雄介 
出演◇戸田恵子 鳥山昌克 盒桐硫陝_本篤 藤澤志帆  大和田獏
●2月7日〜16日◎下北沢・本多劇場 
〈料金〉)一般前売¥5,000 当日¥5,500 U-25(25歳以下)¥2,500 シニア(60歳以上)¥4,500(全席指定・税込)※U-25・シニア券はトム・プロジェクトのみで販売。
〈お問い合わせ〉トム・プロジェクト 03-5371-1153(平日10:00〜18:00)
http://www.tomproject.com/peformance/sing-a-song.html

【地方公演 スケジュール】
※地方公演は各地域の主催事業となります。お問合せは各問合せ先へお願いします。
●2月18日(日)14:00
香川県高松市 サンポートホール高松 087-825-5010
●2月20日(火)19:00
岡山県岡山市 岡山県天神山文化プラザ 086-226-5005
●2月22日(木)18:30
兵庫県加東市 加東市滝野文化会館 0795-42-7700
●2月24日(土)14:00
大阪府富田林市 すばるホール 0721-25-0222
●2月25日(日)14:00
三重県伊賀市 伊賀市文化会館 0595-24-7015
●2月27日(火)18:30
兵庫県宍粟市 山崎文化会館 0790-62-5300
3月1日(木)19:00
宮崎県東臼杵郡 門川町総合文化会館 0982-63-0002
●3月3日(土)13:00
熊本県益城町 益城町文化会館 096-286-1511
●3月4日(日)15:00
佐賀県鹿島市 鹿島市民会館 0954-63-2138
●3月5日(月)19:00
福岡県行橋市 コスメイト行橋 0930-25-2300
●3月9日(金)18:30
石川県七尾市 能登演劇堂 0767-66-2323
●3月10日(土)14:00
石川県七尾市 能登演劇堂 0767-66-2323
●3月11日(日)14:00
石川県七尾市 能登演劇堂 0767-66-2323
●3月13日(火)19:00
岐阜県下呂市 下呂交流会館 0576-25-5000
●3月14日(水)19:00
愛知県長久手市 長久手市文化の家 0561-61-3411
●3月17日(土)14:00
秋田県由利本荘市 由利本荘市文化交流館カダーレ大ホール 0184-22-2500
●3月20日(火)13:00
兵庫県西宮市 兵庫県立芸術文化センター 0798-68-0255
●3月21日(水祝)15:00
新潟県上越市 上越文化会館 025-522-8800
●3月24日(土)14:00
神奈川県藤沢市 湘南台文化センター市民シアター TEL:0466-28-1135
●3月25日(日)14:00
東京都葛飾区 かめありリリオホール 03-5680-3333 








『熱海殺人事件 CROSS OVER 45』50%OFFにて販売中!
kick shop nikkan engeki