_DM35651OK
 
節分の2月3日、博多の櫛田神社で「豆まき神事」が行われ、博多座『二月花形歌舞伎』出演中の中村勘九郎、中村七之助、坂東新悟、そして中村扇雀の4人が参加した。
櫛田神社の本殿で公演の無事と成功を祈願した4人は、そのまま豆まきへ。すでに境内はたくさんの参拝客で埋め尽くされ、境内を見下ろす特設舞台に登場した4人は、大きな歓声に迎えられた。

初めに勘九郎が、「本日は朝早くからお寒い中、お集まりいただきありがとうございます。5年ぶりに豆まきに参加できるということで楽しみにしてまいりました。皆様も楽しんで豆を取ってください」と大きな声で呼びかけると、七之助は、「5年ぶりに博多座に帰ってくることができ、すごくうれしく思います。皆さんに届くよう豆をまきますので、豆を取って幸せをつかみ取って帰ってください。そして博多座の舞台にも足をお運びください」と会場を沸かせた。 
続いてあいさつした新悟は「豆まきは、鬼は外、福は内と豆をまくわけでございますが、私たちにとって今月の“内”は博多座です。たくさんのお客様に来ていただけるよう頑張りますので、皆様、豆を持って博多座にお越しください」と来場をお願いする。最後に扇雀が、「昨日から博多座、始まりました。少数精鋭で一所懸命頑張っております。今日は皆さんたくさんの福を持って帰ってください。よろしくお願いいたします」と挨拶し、豆をまき始めた。

_DM35669tOK

勢いよく豆をまく4人と一緒に勘九郎の2人の息子、勘太郎と長三郎も飛び入り参加。力いっぱいまく様子が微笑ましく、たくさんの歓声を浴びた。活気あふれる「豆まき神事」は、相良直文博多座社長の発声により、博多手一本でめでたく締められ、出演者は博多座の舞台へと向かった。

〈公演情報〉
2018feb
 
『二月花形歌舞伎』
【昼の部】(午前11時開演)
一、磯異人館
二、お染の七役
【夜の部】(午後4時開演)
一、義経千本桜渡海屋・大物浦
二、鰯賣戀曳網

出演◇中村勘九郎、中村七之助、尾上松也
坂東新悟、中村児太郎、中村橋之助、中村福之助、中村鶴松、
市川門之助、片岡亀蔵、中村扇雀
●2/2〜25◎博多座( 
〈料金〉A席15,000円 特B席12,000円 B席9,000円 C席5,000円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉博多座電話予約センター092−263−5555(10:00〜18:00) 




『熱海殺人事件 CROSS OVER 45』50%OFFにて販売中!
kick shop nikkan engeki