yorunaku
オフィスコットーネが2月17日(土)〜24日(土)「夜、ナク、鳥」を吉祥寺シアターで上演する。
今回の公演は、2002年に福岡で実際に起こった看護師4人による保険金連続殺人事件をモチーフに、2009年に不慮の事故で亡くなった関西の劇作家・大竹野正典が事件を大阪に置き換えて再構築した。
「(前略)人が人を殺める行為はマクロな視点では限りなくコッケイであり、ミクロな視点ではとめどなく切ない。こんなところに喜劇と悲劇のボーダーラインがあるのかも知れません。」2003年公演のパンフレットに書かれた大竹野のコメントに、人間の底知れぬ闇の深さと、演劇という表現の持つ幅の広い面白さをこの作品に、期待せずにはいられない。
医療の知識を悪用し、自分たちの夫に多額な保険金をかけて次々と殺害した4人の看護師役で、「恐ろしく濃密な雰囲気をまとった女優さんたち」(by瀬戸山美咲/演出)4人から稽古場直送のコメントが届いた。

【コメント】 
yorunaku
安藤玉恵、松本紀保、高橋由美子、松永玲子

【松永玲子】
ナイロン100℃劇団員の松永玲子です。『夜、ナク、鳥』は殺人事件の物語です。当然、張りつめた空気のシーンもあり、且つ、膨大な台詞量……なのに稽古場は毎日爆笑続きです。私達はこの作品を、この登場人物達を、哀しくするつもりはありません。どうぞ、恐れる事なく、ご来場下さいませ。

【高橋由美子】
今回のお芝居は関西弁という事で軽快な感じかなぁと思わせておきながら後半は精神的に追い詰められる、あたしにとってはジェットコースターみたいなお芝居です。
楽しんでる反面産みの苦しみも味わっています。
初心にかえった気持ちで挑みますので新しい高橋由美子にご期待ください!

【松本紀保】
松本紀保です。
男女の、ままならない気持ち。殺人が背景にあるけれど、怖さより、愚かさや、哀しさや、おかしさを感じるお話だと感じています。吉祥寺シアターでお待ちしております!

【安藤玉恵】
どうしてこの四人の看護師達は人を殺してしまったのか、どの言葉や態度を忖度してこうなってしまったのか? 稽古も中盤に入り、役の個性が見え始めた感じです。隙間だらけの人たち。ザワザワしてます。

〈公演情報〉
yorunaku

オフィスコットーネプロデュース
『夜、ナク、鳥』
作◇大竹野正典  
演出◇瀬戸山美咲(ミナモザ)
プロデューサー◇綿貫 凜
出演◇ 松永玲子(ナイロン100℃)  高橋由美子 松本紀保 安藤玉恵
政岡泰志(動物電気) 成清正紀(KAKUTA)  井上幸太郎  藤井びん
●2/17〜24◎吉祥寺シアター
〈お問い合わせ〉オフィス コットーネ http://www5d.biglobe.ne.jp/~cottone/(専用予約フォーム)



『GEM CLUB II』お得なチケット販売中
kick shop nikkan engeki