s__MG_0954

日本文學の上質な世界観を、狷匹濟姚瓩鉢犇餮住姚瓩如⇔体的に表現するスタイルが人気の本格文學朗読演劇シリーズ「極上文學」。
その第12弾となる今回は、幻想的な童話の世界を描くことで有名な宮沢賢治の『風の又三郎・よだかの星』を取り上げる。
また、今作から新たなパート犖譴蟷姚瓩眦仂譟⊃靴靴ぁ峩望緤胡棔廚寮こΔ出現する。
その美しい文學世界を演出するキムラ真と、風の又三郎役で初めて「極上文學」に挑戦する深澤大河に、このシリーズの魅力を語ってもらった「えんぶ2月号」インタビューを別バージョンの写真とともにご紹介。

s__MG_0944

風の又三郎役と聞いて震えました!

──このシリーズは原作の文学的な言葉を大事にしつつ、観客にもわかりやすいようにという工夫があって、まさに新しい朗読劇の世界ですね。
キムラ 僕自身が最初は朗読劇が苦手で、寝てしまったりしていたので、飽きない寝ない、そういう朗読劇を作ろうと思って、今の狷匹濟姚甅犇餮住姚瓩箸いΨ舛肪り着いたわけです。今年の公演からまた新しく犖譴蟷姚瓩箸いν彖任魏辰┐董△気蕕卜体的になった朗読劇を観ていただきます。
 
──深澤さんにとって文学作品というのは?
深澤 文学作品は、作者の方々の思いが濃厚に詰め込まれていて、そのぶん言葉が難しかったり読みにくいところはありますが、でも作家の方がその言葉をチョイスしたということは、それでなければいけなかったと思うので、そこは大事にしていきたいと思っています。今回の『風の又三郎』は子供時代に読んでいて、その時はわからなかったことでも、今になって読み直すと、「ああ、こういうことなのか」と。やはり文学作品は奥が深いなと思います。
 
──風の又三郎役と聞いたときは?
深澤 震えました。日本中が知っている有名な作品の主人公なので、本当に震えました。
 
──キムラさんから見て、深澤さんの風の又三郎はどうなりそうですか?
キムラ 実は、彼とは今日初めて会ったんです。印象としてはすごく素直で、でも外見や喋る言葉はシャープで、ちょっと負けず嫌いなところもあるかなと。
深澤 見抜かれてますね(笑)。
キムラ そういうところを生かしたいし、ダブルキャストなのでその違いを出したいし、どう切磋琢磨してくれるか楽しみにしているんです。

新しく犖譴蟷姚瓩加わってより立体的に

──今回、初めて登場する犖譴蟷姚瓩量魍笋箸いΔ里蓮
キムラ 声優さんに声だけでパフォーマンスしていただくんです。本来はそれが朗読劇の基本かもしれませんが、あえてそこは捨てていたんです。でも声優さんの、間(マ)、息遣い、調子など凄い技術だと思っていて、そこに特化して入っていただくことで、むしろ唯一無二の形になるんじゃないかと。動かなくてもいい、物語の大枠というか外枠を担っていただき、お客様と登場人物の架け橋になっていただこうと。
 
──演劇的により重層化していくのですね。
キムラ 今までは視覚を追求してきたのですが、それを聴覚まで広げたい。お客様にさらに幸せになっていただく。トータルで五感が刺激されるような舞台、それが一番目指しているものなんです。
 
──演劇の手法を一度解体して新たに組み直すような、まさに新しい「極上文學」の誕生ですね。
キムラ その通りです。僕にとって「極上文學」はチャレンジする場所で、その中で原作への愛情や文学を大事にしつつ、誰も観たことがないものを、全員で力を合わせて作っていきたいと思っています。今回は1年ぶりなので、「おまたせしました」とばかりに素晴らしい舞台を、このあとまた続いていくその1本目に相応しい作品をお届けしたいです。
深澤 「極上文學」は今までは観る側でしたが、演じる側になり、今までの観ていた視点を使い、自分の持てるすべてを出して挑みたいと思っています。俳優としてもステップアップできるチャンスなので、しっかり演じて自分の糧にしたいです。

s_、キムラ真 深澤大河
キムラ真・深澤大河

きむらまこと○宮城県出身。2005年、水性音楽に入団。06年の解散まで全作品に出演する。07年、ナイスコンプレックスを旗揚げ。代表として、作・演出を務めるほか、舞台「ペルソナ3」シリーズ、「極上文學」シリーズ、『のぶニャがの野望幸村と五輪の剣』『黒薔薇アリス』など外部舞台も多数演出。「極上文學」シリーズは12年から全作品の演出を手がけている。

ふかざわたいが〇静岡県出身。2009年、ドラマ『ぼくの妹』でデビュー。14年より、少年ハリウッドプロジェクトのユニット「ZEN THE HOLLYWOOD」の第一期メンバーとして活動、俳優としても活躍。17年、ユニット卒業後は俳優活動に専念。最近の出演作品は、ドラマ『弱虫ペダル』『弱虫ペダルSeason2』、舞台『ダイヤのA The LIVE』『草葉の陰でネタを書く。』『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ〜Take your marks!〜』『Battle Butler』など。現在、ラジオ『オールナイトニッポン!〜おしゃべや〜』のパーソナリティ、2月に映画『9〜ナイン〜』の公開が控える。

〈公演情報〉
本格文學朗読演劇シリーズ
極上文學 第12弾『風の又三郎・よだかの星』
原作◇宮沢賢治
演出◇キムラ真(ナイスコンプレックス) 
脚本◇神楽澤小虎(MAG.net)
キービジュアル◇ますむらひろし 
音楽・演奏◇橋本啓一
コレオグラファー◇美木マサオ(マサオプション)
出演◇《読み師》納谷 健(劇団patch)・深澤大河 藤原祐規・三浦海里 鈴木裕斗・白柏寿大 松本祐一・市瀬秀和 《語り師》赤羽根健治 折笠富美子 竹内順子 田丸篤志 三浦祥朗 山口智広(五十音順)《具現師》美木マサオ 福島悠介 濱仲 太(ナイスコンプレックス) 萩原 悠 百瀬友水 (ナイスコンプレックス)
●3/8〜13◎紀伊國屋ホール 
https://www.gekijooo.net/ 



【取材・文/宮田華子 撮影/山崎伸康】



トムプロジェクトプロデュース『砦』
kick shop nikkan engeki