makai9nin
高岡早紀、村井良大、松田凌、玉城裕規、木村達成、猪塚健太、山口馬木也、藤本隆宏、浅野ゆう子

山田風太郎の最高傑作『魔界転生(まかいてんしょう)』が、堤幸彦の演出で舞台化されることは、すでに発表されていたが、主人公・柳生十兵衛役の上川隆也、天草四郎役の溝端淳平、柳生但馬守宗矩役の松平健に加え、今回新たに9名の出演者が決定した。また上演会場と期間も正式に発表になった。
この作品は、日本テレビ開局65年記念舞台として、『魔界転生』のゆかりの地、天草・島原がある九州の福岡・博多座で10月に開幕、11月に東京・明治座、12月に大阪・梅田芸術劇場メインホールで上演する。なお、大阪公演は、読売テレビ開局60年記念舞台として開催される。

新たに発表になった9名の出演者は、高岡早紀、藤本隆宏、山口馬木也、そして浅野ゆう子といった舞台経験が豊富で、映像での知名度も高く、演技力と存在感のあるベテラン陣。また、村井良大、松田凌、玉城裕規、木村達成、猪塚健太という、演劇(ライヴ・エンタメ)で大活躍し、数多くの舞台で主演を務め、高い注目を集める気鋭の若手俳優たちが起用され、人気・実力を兼ね備えた、勢いのある豪華な顔ぶれが一堂に集まった。
 
原作となる『魔界転生』は、1967年(昭和42年)に『おぼろ忍法帖』として単行本化された山田風太郎の人気伝奇小説。壮大なスケール、雄大な歴史ロマン、そして、奇抜かつ摩訶不思議な展開、時空を超えたアクション・エンターテインメントの最高傑作であり、1981年の映画化以降、舞台、漫画・アニメ、ゲームなど、数多くのジャンルでリメイクされた、山田作品の最大のヒット作。演出を手がけるのは、ドラマ『SPECシリーズ』、映画『20世紀少年』等、多くの名作を手がけた巨匠・堤幸彦。脚本は演劇界の重鎮・マキノノゾミ。2014年に大ヒットした舞台『真田十勇士』を生み出した2人の強力タッグによって、ド派手なアクション、変幻自在なフライング、プロジェクションマッピングを駆使し、実力と個性が冴え渡った華のあるキャストで、スペクタクル時代劇の決定版『魔界転生』に挑む。

〈公演情報〉
日本テレビ開局65年記念舞台
『魔界転生』
原作◇山田風太郎(角川文庫刊)
演出◇堤 幸彦 脚本:マキノノゾミ
出演◇上川隆也 溝端淳平 高岡早紀 村井良大 松田 凌 玉城裕規 木村達成 猪塚健太 山口馬木也 藤本隆宏 浅野ゆう子 松平 健 ほか 
●10/6〜28◎博多座
〈料金〉 A席14,000円 B席10,000円 C席6,500円(全席指定・税込)
〈チケット発売〉7月7日(土)10:00〜
〈お問い合わせ〉博多座電話予約センター 092-263-5555(10:00〜18:00)
●11/3〜27◎明治座
〈料金〉 S席13,500円 A席7,000円(全席指定・税込)
〈チケット発売〉7月7日(土)10:00〜
〈お問い合わせ〉明治座チケットセンター 03-3666-6666(10:00〜17:00)
●12/9〜14◎梅田芸術劇場メインホール
〈料金〉 S席13,500円 A席9,500円 B席6,000円(全席指定・税込)
〈チケット発売〉7月29日(日)10:00〜
〈お問い合わせ〉梅田芸術劇場 06-6377-3800(10:00〜18:00)
〈公演HP〉http://makaitensho.jp




ミュージカル「しゃばけ」参 -ねこのばば-
kick shop nikkan engeki