omote

カムカムミニキーナの本公演『蝶つがい』が、5月〜6月に東京と大阪で上演される。
八嶋智人、松村武をはじめとする個性豊かな劇団員に加え、 AKB卒業後も多くの話題の舞台で活躍する仁藤萌乃、阿佐ヶ谷スパイダースや演劇ユニット「ベッド&メイキングス」で活躍中の富岡晃一郎、「動物電気」の人気者・小林健一、演劇集団円の実力派女優・谷川清美など多彩なゲストを迎えて送る最新作だ。

【あらすじ】
気候は何者かに操られていた。
真冬の北の大地に吹く海風は、突き刺すように冷たくて、
多くの者達は貝のように口を閉ざした。
「私は貝になりたい」
貝になった人々は次々と死に、その死体の山が幾重にも層をなして貝塚となったものが、
後の世に発見されて社会の教科書にまで載ったことで、彼女は学ぶことができた。
彼女は人々をだまさねば救えないと考えた。
大きな蛤をいくつも煮詰めて、その吐息を集めたガスで、皆に束の間の幻を見せた。
やがて貝殻は開いて蝶になり、彼女の周りをひらひらと舞った。
その些細な蝶の羽の動きが、周り巡って気候を変えた。
真冬の大地に春がやってきた。
「蝶のように、マイベイビー」
繰り返し。
ところで彼女には師匠との約束があった。
二十年後のその日に、もし空が晴れていればまた会おうと師匠は言い残した。
彼女は二十年後のその日の天気を事前に知りたかった。
気象予報士達は必死で“姫”の思いに答えようとしていた…

〈公演情報〉
ura

 カムカムミニキーナVol.66『蝶つがい』 
作・演出◇松村武
出演◇八嶋智人 松村武
吉田晋一 未来 田原靖子 亀岡孝洋 栄治郎 長谷部洋子 元尾裕介 菊川耕太郎 福久聡吾 渡邊礼 大倉杏菜 柳瀬芽美 スガチヅル 柿崎智己 梶野春菜 清水芳成 三科喜代 丸山雄也 
仁藤萌乃 富岡晃一郎(ベッド&メイキングス) 小林健一(動物電気) 谷川清美(演劇集団円) 
●5/17〜27◎座・高円寺1
●6/2・3◎近鉄アート館
〈料金〉5,000円 割引回4,500円 U25割3,900円(劇団予約のみ取り扱い)(全席指定・税込)
〈前売り開始〉3月24日10:00〜 
〈お問い合わせ〉 http://www.3297.jp/tyo-tsugai/



ミュージカル「しゃばけ」参 -ねこのばば-
kick shop nikkan engeki