IMGL0588

泣けるタクフェスが笑いのタクフェスとして立ち上げた「春のコメディ祭!」。その第2弾は、有名人が入院することで知られている病院を舞台に、患者、見舞い客、医者、看護師、水道屋──登場人物たちの様々な想いや事情が交錯して、勘違いや行き違いを巻き起こすシチュエーションコメディ。病院名が「四王病院」というところからすでにパロディ感満載で、政界など時事ネタも盛り込みながら、抱腹絶倒の2時間を全員で全力疾走するような、熱くエネルギッシュなコメディとなっている。

IMGL0856

【あらすじ】
東京はとある所にある「四王病院」。この病院には様々な人が入院していた。
総選挙を間近に控えた山之内代議士が突然倒れ運び込まれた。山之内の息子であり、父親の秘書を務める蓮太郎 (松本亨恭)と秘書として長年仕える芥川(梅垣義明)、新人秘書のあゆみ(豊泉志織)の 3 人は検査の結果をやきもきしながら待ちわびていた。検査の結果、単なる疲労と分かり胸をなでおろす 3 人だったが、総裁選を前に健康問題を対立候補陣営につつかれてはまずいと、入院の事実を党本部に隠そうとその場しのぎの言い訳を…。
一方、頑固で、意地っ張りの典型的な江戸つ子のとび職の親方、花田浩美(片岡鶴太郎)は検査の為入院していた。家族も本人も大病かと心配したが、結果は軽い胃潰蕩。調子づき、たまの入院生活でわがまま三昧の浩美。そこに一人の男が見舞いlこやって来る。昔、浩美の元で修行をしていた富雄(宅間孝行)が数年振りに現れたのだ。しかしこの男、とんでもない者。富雄との再会に喜ぶのは浩美の娘、ふみ(篠田麻里子)ばかり。そんな中、軽い胃潰蕩だと思っていた浩美の病状が実は…。
また、政界の古狸、浜惣こと浜村惣一朗(石井憧一)は秘書を連れ親友である元横綱、三子山親方を見舞いに来ていた。総裁選を控えた大事な時期に仕事をほったら力、すなど相手陣営に知れたらとやきもきする秘書をよそにばれる訳がないと意気揚々の浜惣であったが…。 

IMGL0839

宅間扮する富雄はとび親方の元弟子で話を引っ張る役どころ。早とちりで周囲をひっかきまわす困ったヤツで、アドリブも含めて相変わらずの冴えを見せれば、舞台でのコメディは初という篠田麻里子が、気っ風のいい下町育ちの娘という役で、ストレートな明るさと思い切りのいい演技で弾けてみせる。

IMGL0047
 
真面目なあまり振り回される代議士の息子で秘書の松本亨恭は、育ちの良さがある好青年のキャラクターを素直な演技で誠実に演じている。一緒に行動する代議士秘書の梅垣義明は、一見出来る男だが実はいい加減さもあるという役どころで絶妙の味を出す。
 
IMGL0051

総裁選を争っている大物代議士の石井愃一は、義理人情に篤い良い男で場を引き締める。 その若手秘書の渡辺碧斗がきりりと格好よく、出番ではしっかり印象を残す。

IMGL9954

とびの弟子で富雄の弟分にあたる佐藤佑基が、人の良さととんちんかんさで宅間と見事なコンビぶり。同じくとびの一家の堀川絵美も、そのキャラを生かしてコメディ要素を盛り上げる。

IMGL0302

看護婦長の鳥居みゆきが看護師らしい厳しさと女性の可愛さ、2つの表情を見せてチャーミング。代役で急遽参加の北代高士が婦長に勘違いされて追いかけられる医師役を爽やかに演じる。

IMGL9896

とびの親方の女房を演じるかとうかず子は、さばさばとした話し好きの下町のお母さんで包容力を見せる。 親方役はベテラン片岡鶴太郎で、富雄たちの勘違いから、軽い胃潰瘍だったはずが一転して重病患者に…という変化を巧みに見せ、作文シーンではしみじみとした味わいで感動を巻き起こす。

IMGL0432

間合いとタイミングが重要なシチュエーションコメディを、手際よくテンポよく展開。笑いに加えて涙と感動、カーテンコールでは観客も巻き込んでのダンスシーンもあるなど、見どころ満載、サービス満載の宅間孝行ワールド。4月30日まで全国巡演中。
 
〈公演情報〉
warauPR

タクフェス春のコメディ祭!
『笑う巨塔』
作・演出◇宅間孝行 
出演◇宅間孝行 篠田麻里子 松本享恭/石井愃一 梅垣義明/ 
越村友一 北代高士 堀川絵美 椰野里佳子 想乃 豊泉志織 渡辺碧斗/
かとうかず子 鳥居みゆき/片岡鶴太郎  
●3/29〜4/8◎東京グローブ座
そのほか全国公演あり
〈お問い合わせ〉サンライズプロモーション東京
0570-00-3337(全日10:00〜18:00) 


【取材・文/榊原和子 撮影/友澤綾乃】



kick shop nikkan engeki