_SN18096

畠中 恵の大人気時代小説『しゃばけ』(新潮文庫刊)のミュージカル化第3弾、ミュージカル「しゃばけ」参〜ねこのばば〜が、4月28日に新宿・シアターサンモールにて初日を迎えた。(5月7日まで。のち大阪公演もあり)
 
江戸時代を舞台に、主人公の若だんな一太郎と妖(あやかし)が繰り広げる人情劇で、シリーズ15周年を記念して2017年1月に、ミュージカル「しゃばけ」として舞台化したのが1作目。演出と音楽の浅井さやか(One on One)、  脚本と作詞の神楽澤小虎(MAG.net)が、原作の世界観を見事に表現して評判となり、同年9月には2作目のミュージカル「しゃばけ」弐 〜空のビードロ・畳紙〜を、紀伊國屋ホールで上演。そして今作は、ミュージカル「しゃばけ」参〜ねこのばば〜としての上演となっている。

今回の出演者は、初演から一太郎を演じている(2作目は声のみの出演)植田圭輔と、同じく初演以来の仁吉役、中村誠治郎が登場。また3作とも出演の「屏風のぞき」の藤原祐規、「守狐」の福井将太というお馴染みメンバーが揃った。また新キャラクターとして、若い僧侶・秋英に法月康平、強い霊力を持つ僧侶・寛朝に石坂勇、そのほか個性豊かなキャストが揃っている。

_SN18031
一太郎(植田圭輔)に過保護な仁吉(中村誠治郎)。屏風のぞき(藤原祐規)も守狐(福井将太)も仁吉にはかなわない。
 
_SN17794
一太郎のもとに護符を届けにきた広徳寺の若い僧侶・秋英(法月康平)。

_SN18461
広徳寺には強い霊力を持つ僧侶の寛朝(石坂 勇)がいて、一太郎にある相談を持ちかける。
 
_SN18528
若い僧侶の秋英を中心に僧侶たちの歌とダンス!

_SN17422
広徳寺になにやら不穏な気配が…。

_SN19160
一太郎危うし!?

_SN17965

今作では、歌・踊りがさらにパワーアップ! 一太郎が、屏風のぞきや守狐の妖たちと一緒に、いつも過保護な仁吉に猫なで声で他出をお願いする愛らしい曲や、広徳寺の若い僧侶・秋英が誰にも言えない秘密を抱えて思い悩む心情を歌う切ない曲、同じく広徳寺の強い霊力を持つ僧侶・寛朝が、どこか怪しげに自己紹介をする曲など、キャッチ―な新曲が盛りだくさん! 素敵な楽曲の数々で作品の世界観に観客をグッと引き込む!

_SN18131

見どころの1つ、「ねこまた役」でシリーズ初の豪華日替わりゲスト登場。初日を飾る「ねこまた」は廣野凌大。今後もさまざまな「ねこまた」がステージを盛り上げる。一太郎たちと、どのようなやりとりをするのか注目!

【初日挨拶】

この公演の初日前日にプレス用に公開舞台稽古が行われ、出演者の挨拶が行われた。

_SN19987
後列/福井将太、法月康平、石坂 勇、植田圭輔、中村誠治郎、藤原祐規、廣野凌大
前列/田中大地、あきつ来野良、市川真也、松山祐樹
 
廣野凌大_日替わりゲスト_SN18816_
廣野凌大
「日替わりねこまた」は、演出家の浅井(さやか)さんに、好きにやれと言われているので(笑)、僕は好きにやっているのですけど、「日替わり」ということで、他の俳優さんたちも違った「ねこまた」で、毎日毎日、刺激が強いくらい変わっていくと思うんです。「日替わりコーナー」も毎日違うものをみんなが持って来て「ねこまた」のキャラも変えて、好きにやっていると思うので、毎公演通ってくださるお客さんにも、その日だけ観てくださるお客さんにも、それがアクセントになってこの「しゃばけ」という作品を楽しんでいただけたらいいのかなと、僕は思います。あとは先輩方に助けられながら、明日の初日をがんばろうと思います。ありがとうございました!
 
福井将太_SN18403_
福井将太
「しゃばけ」今回は参ということなんですけど、今まで全作品に関わらせていただきまして、今までの中で一番ショー的要素が多いというか、ダンスなどのナンバーが多い作品でになっていると思います。そして今日は凌大が来てくれましたが、「日替わりねこまた」は、今日は「玉千代」ですが、女性なら「おたま」が来てくれるので、毎回違った作品になると思いますので、ぜひ楽しんでいただければと思っています。 

法月康平_SN18194
法月康平
僕は「しゃばけ」初参加なんですけれど、今までの「しゃばけ」のほっこりしたミュージカルの中にも、今回は少しピリッとした、お芝居で見せるような部分も出していきたいなと、秀英を今まだ、作ってる最中です。明日から舞台が開きますけど、最後まで追求して、みんなでケガしないように千秋楽までがんばっていきたいと思っています。

石坂勇_SN18289_
石坂 勇
僕も法月くんと一緒で初めて参加するのですが、「あの年寄りいらなかったんじゃね?」と言われないように(笑)、精一杯がんばりたいと思います。役者がやれることはスタッフとともに、稽古場で積み上げてきましたので、あとは毎日来て下さるお客様で、この「しゃばけ」参 〜ねこのばば〜が完成すると思っております。ぜひお越しください。よろしくお願いいたします。

藤原祐規_SN17307
藤原祐規
僕も将太と一緒で、壱、弐と出演していて、今回はなによりも、弐では一太郎と仁吉がいなかったので、そこが今回新鮮で、壱よりも一太郎と仁吉のことがよくわかったので、「しゃばけ」も、よりいっそう深まったんじゃないかと思っています。あとは秀英と寛朝という新キャラクターが凄い新しい風を吹かせてくれるので、さっき法月が「ピリッとさせる」と言ってましたので、逆に僕と将太は「フワッとさせる」ことをがんばって、物語に華を添えられたらいいかなと思っております。千秋楽までがんばりたいと思っております。応援よろしくお願いいたします。
 
中村誠治郎_SN18327_
中村誠治郎
今回は佐助がいないので佐助の分まで、(滝川)英治さんの分まで、今までなかった仁吉のコミカルさだったり、佐助がいない分を、仁吉1人で2人分がんばって、圭輔を支えていこうと思いますし、最後まで、お客様が一番楽しんで貰えるような舞台を作っていきたいと思っています。一生懸命全身全霊を込めてやりたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。
 
_JPG
植田圭輔
本日はありがとうございました。「しゃばけ」参まで来ましたが、フルで出場してくださっている皆さん、この参で戻ってきた私たち、そして今回参加の方々がいる中で、また胸を張って、「素敵な『しゃばけ』です」と言えるような作品になって帰ってこれたことを、本当に嬉しく思っております。ただ作品にもある通り、すごく大切なものだったり綺麗なものが、「独り占めしたいと思う気持ちでいつか煤けてしまわないように」とあるんですけど、お芝居が好きで、この作品が好きでという気持ちが私欲にならないように、あくまで演劇であり、お金を払ってきてくださるお客様に届けるものであるということをしっかり自覚して、今まで紡いできてくれた人たちの気持ちを積んで、「しゃばけ」という作品を皆さまに届けていけたらなと思っています。あと、今回「しゃばけ」史上初の大阪公演があるので、大阪の皆さんにもしっかり届けられるように、まず東京でスタッフの皆さんと一緒に素敵な作品に作り上げたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。
 
_SN10012
法月、石坂、植田、中村、藤原、福井


〈公演情報〉
ミュージカル「しゃばけ」参_キービジュアル
 
ミュージカル「しゃばけ」参 〜ねこのばば〜
原作◇畠中恵「しゃばけ」シリーズ(新潮社刊)より『ねこのばば』所収「ねこのばば」
演出・音楽◇浅井さやか(One on One)  
脚本・作詞◇神楽澤小虎(MAG.net)
出演◇植田圭輔、中村誠治郎、藤原祐規、福井将太/法月康平、石坂 勇
あきつ来野良、市川真也、田中大地、松山祐樹
日替わりねこまた◇阿澄佳奈、加藤良輔(大阪公演)、川隅美慎、桑野晃輔、椎名鯛造、鈴木悠斗、芹沢尚哉、廣野凌大、深澤大河、古谷大和、松村龍之介(50音順)
〈料金〉プレミアムシート10,800円(特典付き)一般席6,900円(全席指定・税込)
●4/28〜5/7◎東京 シアターサンモール
●5/19・20◎大阪 大阪ビジネスパーク円形ホール

(c)2001  畠中恵/新潮社 (c)2018 CLIE
 
 

【文/榊原和子 撮影/鏡田伸幸】





チケット50%OFF
kick shop nikkan engeki