死神の精度m-294x300
ラサール石井・萩原聖人
細見大輔・植田圭輔


伊坂幸太郎の同名小説をもとに舞台化、「伊坂ワールド」の見事な立体化と大きな反響を呼んだ『死神の精度』が9年ぶりに再演される。
 
初演は2009年8月、和田憲明が脚本・演出を手がけ、伊坂作品としては初めて舞台化だった。当時は伊坂作品といえば、エンターテインメント性溢れる現実離れした独自の世界観もあって、映画化が主流だった。その伊坂作品の初めての舞台化に取り組み、小説を読む時とは違う、時間と空間を共有する“ライブ”ならではの作品として、伊坂ファンからも演劇ファンからも圧倒的な好評を得た。
今回も演出は和田憲明が引き続き担当、「伊坂ワールド」を骨太に軽快に描き出す。

出演者は主人公の“死神”に、映画・テレビ・ナレーション・舞台と縦横無尽に活躍する萩原聖人、若いチンピラ“阿久津”には2.5次元舞台や芥川賞受賞作の舞台化『火花』など若手注目株の植田圭輔、もう1人の“死神”には演劇集団キャラメルボックスを経て、確かな存在感でフィールドを広げている細見大輔、死神のターゲットとなるヤクザ“藤田”は、初演もこの役を演じたラサール石井が続投する。
また今回は東京公演を皮切りに、9月に6都市でのツアー公演も予定している。

【伊坂幸太郎 コメント】
2009年の初演の際、自分の書いた小説がもとになっているということを忘れ、純粋に楽しんだことを覚えています。観終えた後、いつになく良い気持ちになり、当時、構想中だった続編『死神の浮力』に早く着手したくなりました。今回の舞台もきっと、小説の世界を大事にしてくれたものになると思っています。


【「死神の精度」より】
人の死には意味がなく、価値もない。つまり逆に考えれば、誰の死も等価値だということになる。だから私には、どの人間がいつ死のうが関係がなかった。けれど、それにもかかわらず私は今日も、人の死を見定めるためにわざわざ出向いてくる。−なぜか? 仕事だからだ。
「死神の精度」主人公は死神。その姿は毎回“仕事”がしやすいように設定されている。
「死」を実行される対象となった人間を一週間、つまり7日間調査し、その実行が「可」か「見送り」か判断し報告する。調査員の死神は、実行がどのような形でなされるかを知らないが、8日目、死神はそれを自ら確認する。そうして、死神のひとつの仕事が終わる。
調査と言ってもたいそうなことではない。1週間前に相手に接触し、2,3度話を聞くだけ。判断基準は個々の裁量にまかされているが、よほどのことがない限りは「可」の報告をすることになっている。
死神たちは人間やその死には興味がないが、人間界のミュージックはこよなく愛している。これは死神に共通して言える事で、CDショップに行けば必ずといっていいほど他の死神と出会う事が出来る。
主人公である「死神」が仕事のために人間界へ赴くと必ず雨が降っており、彼は青空を見たことがない。
今回、彼が担当するのは、藤田という中年の男だった。
事前に渡された情報によれば、やくざ、ということらしい。
 
【ものがたり】
死神の千葉は、指令を受けてヤクザ藤田のところにやってきた。今回の彼の姿は40代の中年男。7日間でターゲット藤田の死を見定めて「可」か「見送り」かジャッジをするのだ。藤田は兄貴分を敵対する栗木に殺され 、その敵(かたき)を取ろうと舎弟分の阿久 津に探らせていた。
死神を派遣する情報部の予定通り、阿久津は千葉と巡り会う。藤田が匿われている部屋に潜入した千葉は藤田を観察し始める。
馬鹿正直なくらいの任侠の男、藤田。その藤田に心底惚れ込んでいる阿久津。死神・千葉が加わったことで、彼らの運命は加速する。
ストーンズの脳天気なブラウンシュガーがBGM代りに鳴り響く。

〈公演情報〉
石井光三オフィスプロデュース
『死神の精度 〜7Days Judgement』
原作◇伊坂幸太郎『死神の精度』(文春文庫刊)
脚本・演出◇和田憲明
出演◇萩原聖人 植田圭輔 細見大輔 ラサール石井
●8/30〜9/9◎東京 あうるすぽっと 
〈料金〉6,800円 U254,000円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉石井光三オフィス 03-5797-5502(平日 12:00-19:00)
〈公式ツイッター〉 @7days2018

【ツアー公演】
●9/11◎岡山 倉敷市芸文館
〈お問い合わせ〉アルスくらしきチケットセンター 086-434-0010 
●9/13◎愛知 名古屋市青少年文化センター  
〈お問い合わせ〉中京テレビ事業部 052-588-4477(平日10:00-17:00)
●9/19◎兵庫 兵庫県立芸術文化センター阪急 中ホール   
〈お問い合わせ〉芸術文化センターチケットオフィス0798-68-0255(10:00〜17:00月休)
●9/23◎山形 シベールアリーナ  
〈お問い合わせ〉シベールアリーナ023-689-1166
●9/28◎宮城 電力ホール  
〈お問い合わせ〉仙台放送 022-268-2174(平日9:30〜17:30)
●9/30◎盛岡 盛岡劇場 メインホール  
〈お問い合わせ〉盛岡劇場 019−622−2258





『大人のけんかが終わるまで』


kick shop nikkan engeki