dousei

北京・香港・台湾など中国語圏で活動する演劇ユニット亜細亜の骨と、台湾の劇団・亜戯亜が共同企画により8月2日(木)〜5日(日)まで東京・新宿シアターモリエールで『同棲時間』を上演する。本作は「まもなく同性婚が合法化されLGBT運動も盛んな台湾の、とあるセクシャルマイノリティたちのそれぞれの葛藤を描いた物語。」で、観光ではほとんど知ることのない台湾の日常や文化も垣間見ることができるという。台湾キャストによる中国語上演(字幕有)。近親愛が絶対的にタブーな台湾では上演不可能な作品で、台湾で稽古を行い、東京で世界初演となる。今回の公演は、リアルな台湾演劇を体感出来るまたとない機会となる! 

【ポン・ハオチン(台湾・亜戯亜主宰 サルサ役)からのメッセージ】

彭浩秦

大家好!彭浩秦(ポン・ハオチン)です。今回は私たち台湾の劇団・亜戯亜が初めて日本で公演します。亜細亜の骨と共に、日本で台湾の新鋭劇作家の作品『同棲時間』の初演ができることをとても嬉しく思っています。
同性愛、性転換、親の愛情などにまつわる複雑な物語、平等や愛にまつわる物語は、まさしく私たちの生活の周りで起こりうることばかりです。
私の役はサルサという性転換手術の途中にあるトランスジェンダーの男性です。サルサは、表面的には自由でゆるぎなく、恐い物知らずのようでいて、心の奥では自認と他認のギャップとアイデンティティの迷いに耐えています。そして皆と同じように必要とされることを望み、愛し愛されることを望んでいるのです。
この物語が劇場で息づくとき、ともに呼吸をし、ともに分かち合うことができることを願っています。みなさんに日本で会えることを楽しみにしています!

【ストーリー】
台湾のボロアパートの一室。ランニング姿でJポップを口ずさみながら、父の遺品を片付ける弟。スーツ姿の兄が、ブリーフケースとレジ袋を持って現れる。そこにスイカを担いで出現する珍客サルサ。
兄は日本のサラリーマン、日本に妻子あり、台湾に男性の恋人がいる。弟は台湾人、ゲイである。サルサは性転換手術の途中のトランスジェンダー。日本語と中国語の入り混じる小さな部屋の中で、三人三様の生き方が交錯する。

【公演情報】
dousei
2
3
4
亜細亜の骨×亜戯亜 共同企画
『同棲時間』
作◇リン・モンホワン
ドラマトゥルク◇E-RUN
演出◇ホワン・ユーチン
出演◇チェン・ホワイチュン、リヤオ・ユエンチン、ポン・ハオチン

8/2〜5◎新宿シアターモリエール
チケット料金:一般4,500円/U25 3,500円
お問い合わせ先:asianrib2018@gmail.com