2.(左から)鈴木浩介、山中崇、高野志穂、高橋長英、梅沢昌代

時代をつかむ劇作家・蓬莱竜太と芸術監督・宮田慶子がタッグを組み、「現在」を描き出す舞台『消えていくなら朝』が、7月12日、新国立劇場 小劇場で演劇が開幕した。

新国立劇場の芸術監督を8年間務めた宮田慶子が、その最終作品にと熱望したのは、時代をつかむアンテナアイコン、と絶大な信用を寄せる劇作家・蓬莱竜太。とある家族を通して、仕事や日常生活というそれぞれの人生と、家族として断ち切れない絆の中で生きていく幸せを問う、渾身の新作だ。

【ものがたり】
家族と疎遠の作家である定男は、五年ぶりに帰省する。作家として成功をおさめている定男であったが、誰もその話に触れようとしない。むしろその話を避けている。家族は定男の仕事に良い印象を持っていないのだ。定男は切り出す。
「......今度の新作は、この家族をありのままに描いてみようと思うんだ」
家族とは、仕事とは、表現とは、人生とは、愛とは、幸福とは、親とは、子とは、様々な議論の火ぶたが切って落とされた。 本音をぶつけあった先、その家族に何が起こるのか。何が残るのか。

1.(手前)鈴木浩介(奥)高橋長英

主人公の劇作家・定男を演じる鈴木浩介をはじめとした実力派俳優陣が、宮田慶子芸術監督の最後の作品を彩る。家族だからこそ、どうしても言えなかった本音をぶつけ合う蓬莱竜太の衝撃作だ!

稽古場&コメント動画 

〈公演情報〉
新国立劇場 演劇
『消えていくなら朝』
作:蓬莱竜太
演出:宮田慶子
出演:鈴木浩介 山中 崇 高野志穂 吉野実紗 梅沢昌代 高橋長英
●7/12〜29◎新国立劇場 小劇場
〈料金〉A席 6,480円円 B席 3,240円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉新国立劇場ボックスオフィス 03-5352-9999



【撮影:谷古宇正彦】



しあわせの雨傘


kick shop nikkan engeki