B【光より前に】WEB用ビジュアル

今秋、舞台『光より前に〜夜明けの走者たち〜』が、宮崎秋人、和田正人らの出演によって上演されることが決まった。
1964年、東京オリンピックで銅メダルを獲得した円谷幸吉と、その4年後にメキシコオリンピックで銀メダルを獲得した君原健二。ライバルでもあり友人でもあった二人の物語を、作・演出家として活躍する谷賢一が新作として書き下ろし、自ら演出する。
出演者は宮崎秋人、木村了、高橋光臣、中村まこと、和田正人の5人。和田は箱根駅伝で活躍したことでも知られている。
 
宮崎秋人木村了
宮崎秋人 木村了
高橋光臣中村まこと
高橋光臣 中村まこと 
和田正人
和田正人

【コメント】
 
渡辺ミキ/総合プロデューサー 
本作は、オリンピック、世界陸上、箱根駅伝など、今当たり前に日常の中にある、競技の礎を作った、知られざる若者二人の物語です。
1964年東京オリンピックで銅メダルを獲得したマラソンランナーの円谷幸吉さんは、周囲の期待や制圧の中で、志半ばにその生涯を閉じましたが、円谷さんが未来に遺されたものはあまりにも多く、その想いは、ライバルで親友の君原健二さんによって繋がれ、現代の選手たちに受け継がれる“光”となり、陸上の未来を照らしているように思われます。
命をかけて走った若者達の鳥肌が立つような真剣な生き様を通して、2020年の東京オリンピックを目の前に控えている現代と、1960年代の社会の在り方の変化を浮かび上がらせる作品です。
明日の日本を担う、観客の皆様に向け、とびっきりの勇気をお届けできるよう、カンパニー一丸となって頑張ります!
 
谷賢一/作・演出 
1964年、東京オリンピックを駆け抜けた二人のマラソンランナー、円谷幸吉と君原健二の人生は、「走る」という共通点だけがあり、それ以外はすべて好対照・正反対でした。しかし二人の間には、孤独に走るマラソンという競技の中で無言のうちに手渡されたバトンがあった。物語のように美しい二人の人生を多くの人に伝えたいと思います。

〈公演情報〉
『光より前に〜夜明けの走者たち〜』
作・演出:谷賢一
出演:宮崎秋人 木村了 高橋光臣 中村まこと 和田正人 
●11/14〜25◎紀伊國屋ホール ※11月14日はプレビュー公演
●11/29〜12/2◎ABCホール
〈料金〉一般/7,000円 U-23/3,500円(全席指定・税込)
〈一般発売日〉2018年9月15日(土)AM10時〜
〈お問い合わせ〉03-5410-1885  ワタナベエンターテインメント(平日11:00〜18:00)

えんぶ8月号


kick shop nikkan engeki