TAO_舞台写真02_(c)DRUM TAO

世界26ヵ国・500都市で上演され、世界観客動員800万人に迫る和太鼓エンターテイメント集団「DRUM TAO(ドラムタオ)」が、東京・豊洲PITにて7月19日、東京公演を開幕させた。(27日まで)

本年5月にはロシア「ロシアにおける日本年」開幕式にて、ボリショイ・バレエ団との共演、そして7月にはパリにて日仏友好160年の橋渡しとなる「ジャポニスム2018」オープニングアクトを飾った。フランスのラ・セーヌ公演でも、拍手喝采のスタンディングオベーションとなったのが、この『RHYTHM of TRIBE〜時空旅行記〜』だ。

TAO_舞台写真03_(c)DRUM TAO

本作品では、日本の伝統芸術をさらに進化させたエンターテイメントとして、SAMURAIたちが過去と現在、未来を行き交う魂の旅をテーマに表現。圧倒的な音表現を持つ和太鼓を中心に篠笛・三味線・琴などを用い、日本の伝統芸術の枠を超えて、想像を裏切る「最新の日本エンターテイメント」で、国籍もジャンルも越えて鳴り響くリズムにのって、心は躍り、身体が揺れずにはいない。
また、2016年の『舞響-Bukyo-踊る○太鼓」』で初タッグを組んだ映像クリエイティブ集団ZERO-TENが、本作の映像制作も担当。プロジェクションマッピングによる映像で、舞台を異空間にいざなう。衣装を手がけるのは、今年で7年目となるコシノジュンコ。コンセプトのトータルプロデュースは、音楽・映画・美術・舞台など幅広いジャンルに造詣の深い立川直樹が手がけている。

メイン★TAO_舞台写真01_(c)DRUM TAO

今回、東京では初めての「TAOの夏祭り」が開催される。TAOの拠点でもある大分県の竹田市久住では、毎年メンバー自身が手がける盛りだくさんの「夏フェス」が開催されて、大変な盛り上がりをみせる。その「夏フェス」を東京で初めて開催。開演の2時間前にOPEN、ロビーでのお迎えLIVEなど、大人から子供までTAOを満喫するこ企画だ。

【コメント】

西 亜里沙/代表者・座長 
「TAOの夏祭り」は今回初めての試みでしたが、皆さん大勢いらしていただいてびっくりしています。会場の雰囲気も大分・久住での夏フェスのようで、この熱くて楽しい感じを味わってもらえて嬉しいです。今作も5月からツアーをスタートしていい感じに仕上がっています。先日のパリ公演ではスタンディングオベーションも起こって、皆さんに参加いただく振りもとても盛り上がったんです。東京・豊洲でも盛り上がると思います。皆さん、一緒に楽しみましょう!

岸野央明/メンバー
夏祭りは本当にたくさんの方にいらしていただいてびっくりしました。豊洲は大分とまた違った距離感でお客様と触れ合えたのがよかったです。5月のこの作品ができてから、九州をはじめ全国を回ってきて、よく熟成された状態です!今回は特別、TAOメンバーが全員出演するので、ぜひ楽しみにしていただければと思います。仕上がりはバッチリ!です。

江良拓哉/メンバー
夏祭りの盛り上がりが凄く、東京でもこんなに楽しんでいただけて良かったです!今作は時空旅行記、と題して皆さんを「旅」にお連れしますが、ストーリー性があって曲の流れがとてもスムーズなんです。先日のパリ公演でもとても盛り上がったので、東京の皆さん、一緒に盛り上がりましょう!!

初出し_舞台写真(c)DRUM TAO

〈公演情報〉
DRUM TAO『RHYTHM of TRIBE〜時空旅行記〜』
演出・制作◇フランコドラオ
衣装デザイン◇コシノジュンコ
舞台デザイン◇松井るみ  
コンセプト◇立川直樹    
映像◇ZERO-TEN
出演◇DRUM TAO
●7/19〜27◎東京・豊洲PIT
〈料金〉8,500円(全席指定・税込) ※1ドリンクオーダー制(別途、500円必要)
〈お問い合わせ〉サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(全日10:00〜18:00)
 

【舞台写真 ⓒDRUM TAO】




えんぶ8月号


kick shop nikkan engeki