_MG_2064

俳優としてのみならず演出家としても活躍、つかこうへい作品からミュージカル、商業演劇まで多才ぶりを発揮している錦織一清。その手がける新作ミュージカル『GRIEF7』が、7月26日から俳優座劇場で上演中だ。(31日まで)
聖書の「七つの大罪」をモチーフに、牢獄で出逢った男たちの過去と心の闇を描くオリジナルミュージカルで、原作は『竹久夢二のすべて』や『猫と裁判』などで知られる野村桔梗、脚本は『Club SLAZY』シリーズやミュージカル『Dance with Devils』などの三浦香が手がけている。

【登場人物(キャスト)
IMGL3943
リュウ(カラム) 
シンガ􁻕ー。元⽇本の5⼈組トップアイドルX-BOYSのメンバー。現在は脱退し単⾝渡⽶。⼤物⾳楽プロデューサーであるア􁻕ーロンを殺害したとして逮捕。無実を主張。
 
IMGL4037
グニョン(碕 理⼈)  
ブローカー。⽇系韓国⼈。⺠家に不法侵⼊と不法滞在した罪で逮捕。とある事情があり過⾷症と拒⾷症を併発。

IMGL4364
サム(SHUN) 
ハッカー。IQ250。コンピ􁼁ュターウイルスをばら撒いた罪で逮捕されている。
 
IMGL3822
ムラセ(三浦海⾥)
看守。⽇系アメリカ⼈。中央拘置所アジア⼈を担当している新⽶の看守。⽇本語が出来ることからリュウたちと話すことも多い。
 
IMGL3906
ライタ・カワイ(加藤良輔) 
⼼理カウンセラ􁻕ー(元外科)。 ストーカーの罪で逮捕された。リュウたちと同じ牢屋に⼊り何かと若者たちの世話をする。
 
IMGL4291
エディ・フクダ(⽶原幸佑)
リュウの友⼈と名乗る男。 アメリカにリュウがや􁻵って来た時から世話をしているリュウの先輩。寿司屋「EDO」を経営。

さらにJustcrew(今井稜・矢内康洋)が、看守1、看守2、弁護⼠、裁判官、記者たちなど複数の役柄を演じている。


IMGL3844
IMGL3877

牢獄で出逢った男たちのドラマという、いわばシリアスな状況を描いた舞台だが、錦織一清演出ならではのエンターテインメント性で、上質なオリジナルミュージカルとして仕上がっている。
ミュージカルだけに音楽がさまざまな場面を彩っているが、ポップな曲も心情を託したドラマティックな曲も、キャストたちはみごとに歌いこなしてみせる。
また、要所要所で織り込まれているダンスシーンも、SHUNや加藤良輔といったダンサーを筆頭にキレの良い躍動感で楽しませてくれる。

IMGL3999
IMGL4135

舞台美術はシンプルだが、照明や生活音などで、牢獄の中庭、エディ・フクダの寿司屋の店先、リュウのコンサート、空港など、次々に時空を切り換え、登場人物たちの過去や、彼らがここにきた経緯を浮かび上がらせる。

IMGL4280
IMGL4069

それぞれの過去や役割が次第に見えてくるにつれ、物語に秘められた謎はより深まっていく。まさにミステリアスで陰影に富んだ舞台だ。

IMGL4376
IMGL4163


【初日挨拶】

初日の昼にプレス向けの公開ゲネプロが行われ、錦織一清と出演者たちが抱負を述べた。  

IMGL4495
今井稜 SHUN 碕 理人 米原幸佑 カラム 加藤良輔 三浦海里 矢内康洋 錦織一清
 
DownloadedFile-4
錦織一清 
梅雨明けからほぼ1ヶ月間、稽古してきましたけれど、今日、ゲネプロでちゃんと通して観るのを楽しみにしていたんです。ただ、初日が開いた瞬間から、演出家は要らない人間になるんですけど(笑)、これで、ちゃんとバトンタッチができたかなと思っています。僕の中で色々感想はありますけど、荒削りなところもありますが、そこも僕の好きなところですし、僕から渡ったバトンがたとえばお客さんの前で落ちてしまっても、必ずまた走ってくれれば、お客さんは喜んでくれると思います。良いお客さんがいらっしゃることで、このお芝居がすくすくと育っていくと思います。僕も一観客として期待しています。 
 
_MG_2211
カラム
この中で1人だけ国籍が違うので、言葉のことで僕なりに大変なこともあったけれど、錦織さんはじめ、皆さんにいろいろと手助けしてもらい、こんな素敵なミュージカルに出演することができて、とても嬉しいです。これまで色々なミュージカルに出演してきましたけれど、一番安定しているというか稽古も長くきちんとやったので、今までの作品のなかで一番自信のある作品になりそうです。早くたくさんのお客さんに見せたいです。がんばってもっと素敵な作品になりますように、力を合わせていきたいと思っています。 

_MG_2206
米原幸佑
本当に豪華で素敵なスタッフ陣、脚本や演出や音楽だったり、そんな方々が集結している『GRIEF7』ですので、そんなスタッフの皆さんに恥じないパフォーマンスで、ここから10公演、キャスト一同でがんばっていこうと思います。

_MG_2188
加藤良輔 
いよいよだなという気持ちです。緊張感のあるお芝居ですが、良い緊張感を持って、しっかりみんなでつないで、ラストまでいければいいなと思っています。最後まで応援よろしくお願いします。

_MG_2168
碕 理人
 
稽古が始まってから、初めは緊張していたんですけど、あっという間だった気がします。お話自体はすごく重たい話なんですが、錦織さんの演出で、笑いが入っていたり、ダンスや歌も入っていて、極上のエンターテインメントになっていると思います。そして、このメンバーだからこそできる、できた作品だと思います。皆さんに観にきていただいて、「最高だったな!」と思っていただけるように、僕らもがんばっていきたいです。応援よろしくお願いします!

_MG_2162
SHUN
あっという間の1ヶ月でしたけど、本当にみんなで一緒に作り上げてきた作品なので、すごい愛情がありますし、あとは来ていただくお客様にもこの作品を愛してもらえるように、楽しんでもらえるように、僕たちも全力で挑みたいと思います。とにかく世界一のミュージカルだと、記者の皆さん、書いてください(笑)。よろしくお願いします!

_MG_2152
三浦海里
僕は基本、一度出れば緊張しないタイプなんですが、この作品はなぜかずっと緊張しっぱなしなんです。とりあえず今の目標なんですが、顔がこれですから弱そうに見えるので、肩パットが入ってるんです(笑)。この肩パットに頼らなくてもいいような男になるよう、精一杯、10公演がんばりたいと思います。

_MG_2126
今井稜
今回このGRIEF7という作品で、最初は不安もあったのですが、今までやってきたことを信じて、最後まであがき続けてお客様に良いものをお届けできるように精一杯がんばりたいと思います。

_MG_2122
矢内康洋
ゲネプロを終わって、初日が開くのが楽しみです、10公演がんばりたいと思います。よろしくお願いいたします。


〈公演情報〉
『GRIEF7』
原作◇野村桔梗 
脚本◇三浦 香
演出◇錦織一清
出演◇カラム 碕 理人 SHUN(Beat Buddy Boi)三浦海里/加藤良輔/米原幸佑
《Just crew》今井稜 矢内康洋
●7/26〜31◎六本木・俳優座劇場
〈お問い合わせ〉CLIE 03-6379-2051(平日 11:00〜18:00)



【取材・文/榊原和子 撮影/友澤綾乃】




『最遊記歌劇伝-異聞-』


kick shop nikkan engeki