KAAT「セールスマンの死」ロゴあり
 
KAAT神奈川芸術劇場は、2016年4月に演出家・白井晃を芸術監督に迎え、白井芸術監督のもと、KAATならではのプログラミング、創作活動を行っている。その白井芸術監督が最も信頼する劇作家・演出家の1人で、日本の演劇界の次代を担う長塚圭史が、本年11月、KAATで2作目となる演出作品を手がける。
 
自身が主宰する演劇ユニット・阿佐ヶ谷スパイダースでの活動、創作団体・葛河思潮社における三好十郎やハロルド・ピンターといった近代戯曲への取り組み、子供向けの演劇作品の創作など、劇作家・演出家として、意欲的な活動を続ける長塚とKAATの縁は深く、開館当初から継続的に作品を上演、2017年10〜11月には、KAATプロデュース公演に初参画。イタリアの劇作家ルイージ・ピランデッロ作『作者を探す六人の登場人物』を演出、好評を博した。 
今回、KAATプロデュースの2作として手がけるのは、アメリカを代表する劇作家アーサー・ミラーが33歳で発表した『セールスマンの死』。主人公ウィリー・ローマンの死に至る最後の2日間を描き、1949年、ニューヨーク劇評家賞、ピューリッツァ賞を受賞。テネシー・ウィリアムズとともにアメリカ現代演劇の旗手と呼ばれるアーサー・ミラーの地位を確立した彼の代表作である。

〘STORY〙
かつて敏腕サラリーマンであった主人公のウィリー・ローマンは、60歳を過ぎ、かつてのような精彩を欠き、家庭内の問題も抱えて、過去の思い出にすがっている。2人の息子たちも30歳を過ぎても自立できず、妻のリンダは夫を尊敬し献身的な愛をささげているが、自身をとりまくさまざまな問題に必死に耐えている。夢を叶えるにふさわしい仕事こそセールスマンであると信じてきたウィリーが、家族のため、そして自分のために選んだ道は・・・

主人公ウィリー・ローマンには、40年以上にわたり舞台・映像の第一線で華のある実力派俳優として走り続ける風間杜夫。その妻リンダ・ローマンには、映像や舞台で活躍、舞台出演は『木の上の軍隊』以来5年ぶりとなる片平なぎさ。主人公の長男ビフを演じるのは、舞台や映像で独特の存在感を示し、長塚圭史らと「新ロイヤル大衆舎」を結成した山内圭哉。主人公の次男ハッピーは、小劇場からミュージカルまで話題の舞台作品に欠かせない個性派俳優、菅原永二。主人公の上司ハワードには、阿佐ヶ谷スパイダースの伊達暁。ビフの友人バーナードを演じるのは劇団「拙者ムニエル」の看板俳優、加藤啓。バーナードの父で、ウィリーの友人チャーリーには、舞台・映像で渋い演技が光る大谷亮介。主人公の兄ベンは、昨年上演された『子午線の祀り』阿波民部重能での演技も記憶に新しい実力派俳優、村田雄浩が演じる。

【コメント】
長塚圭史(演出) 
恐ろしい戯曲です。演出する余地などほとんど許されていないようでいて、どこまでも自由に飛び回れるような余白もある。いつかこれだけの戯曲と向き合える日があったら幸い、とほとんど夢見るような心持ちでおりましたが、まさかこうして本当に実現することになろうとは。『LAST SHOW』と『マクベス』で風間杜夫さんとご一緒したことは、私の劇人生において最も貴重な経験となっています。その風間さんがウィリー・ローマンを引き受けてくれたことによって、扉は開かれました。
或るありふれた男の、理想を抱いた父親の、そして愛すべき夫の生涯と彼の家族の心象が見事に描かれた戯曲です。ウィリー・ローマンは目まぐるしく進歩する世界の中で何を見たのか。「生きる」ということをじっとりと深く見つめたこの作品を、ずっとご一緒したいと願っていた片平なぎささんをはじめ、素晴らしいキャスト・スタッフと共に上演出来ることに、いや、でもやっぱり恐怖と、それでいて途轍もない期待に胸が膨らむばかりなのです。

風間杜夫(ウィリー・ローマン役) 
この作品が世に生まれたのは1949年。僕と同い年である。以来、現代社会の普遍的問題を内包した話題作として重ねて上演され、日本でも印象的な公演実績を残している。その評判は耳にしたが、観る機会を逃していた。いま台本を手にすると、俺もこんな深い役をやる年齢に達したのかと、あらためて思う。僕はセールスマンの経験を持たないが、時を刻むように急ぎ足で役者稼業を続けてきたことを振り返ると、生き方はそれ程遠いものではないかもしれない。役者としての力量だけではなく人間そのものが問われる時に来たような気がして、いささか身が震える。いや、信頼できる演出家と楽しい共演者が一緒だ。同じ時間を生きたこの作品に、僕の全てをゆだねてみよう。

片平なぎさ(妻/リンダ・ローマン役 ) 
数少ない舞台経験の中でも翻訳劇は二作品目となる『セールスマンの死』。不安と期待にもうソワソワザワザワ。どうにも落ち着かない自分がいます。誰からも必要とされなくなった老いた夫、追い詰められ苦しむ夫のたった一人の理解者である妻リンダは、私にはまるで聖母のように見えます。長年連れ添った夫婦の間に流れる空気感とは・・・。難しい芝居が要求されそうです。
「スチュワーデス物語」以来、35年振りにご一緒させていただける風間杜夫さんに心を寄せながら、才能あふれる長塚圭史さんに沢山の肉付けをしていただきたい思いです。自分が、この先、舞台人として生きていけるか!? チャレンジ精神を持って臨みます。
 
〈公演情報〉
KAAT 神奈川芸術劇場プロデュース 『セールスマンの死』
作◇アーサー・ミラー
翻訳◇徐賀世子
演出◇長塚圭史
出演◇風間杜夫  片平なぎさ 山内圭哉 菅原永二
伊達暁 加藤啓 ちすん 加治将樹 菊池明明 川添野愛 青谷優衣 大谷亮介 村田雄浩
●11/7〜18(プレビュー公演11/3・11/4)◎神奈川芸術劇場 ホール
〈料金〉S席 8,500円 A席6,000円    プレビュー公演5,500円(全席指定・税込) 
 U24チケット 3,000円 高校生以下割引1,000円 シルバー割引(満65歳以上)8,000円
    ※プレビュー公演は各種割引なし
〈チケット発売日〉 2018年7月29日(日)
〈お問い合わチケットかながわ〉0570-015-415(10:00〜18:00)
●11/29・30◎東海市芸術劇場大ホール 
〈チケット発売日〉 2018年7月28日(土)
〈料金〉9,000円 U-25チケット 4,500円(全席指定・税込)   
〈お問い合わせ〉メ〜テレ事業 052-331-9966(祝日を除く月〜金 10:00〜18:00)
●12/8・9◎兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 
〈料金〉A席6,000円 B席4,000円(全席指定・税込)
〈チケット発売日〉 2018年7月28日(土)
〈お問い合わせ〉 芸術文化センターチケットオフィス  0798-68-0255

 


加藤健一事務所『Out of Order』


kick shop nikkan engeki