LIMIT

9月に風姿花伝で行われる劇団ベイビーベイビーベイベーの次回作は、劇団の人気シリーズ『LIMIT』を踏襲しながらも、新作として上演するリブート作品。過去2回の公演では連日満席になるなどの人気を得ているのだが、さらに今回はタイムリミットサスペンス、交渉人と犯人との心理戦や、犯行の猟奇性が複雑にめぐらされ、事件の謎と緊迫感に溢れたロジカルでスリリングな作品になるという。 今回の公演の作品コンセプトはステージジャーニー。「観客が目の前で起こる物語に入り込み、その時間を物語と共に過ごしたかのような旅をする」、ぜひ体験していただきたい!

Mr.Iijima
【飯島翔太(劇団ベイビーベイビーベイベー主宰・脚本・演出)からのメッセージ】
ステージジャーニーと勝手に名付けたこのコンセプトはチケット一つで物語を旅してほしいというものです。演劇の敷居がこれをきっかけに下がってくれればいいなと思っています。
今回の皆様の旅先は『LIMIT』です。「男の娘を誘拐した人物の名前を制限時間内に警察の交渉人があてる」というなんだか決して穏やかじゃない旅になるかと思いますがこの主人公である交渉人は我々と同じく世界に悩んで、呪って、戦います。
生きていれば大きいにしろ、小さいにしろ何かしらの罪を犯します。大半の人間はそれを隠したり、目を背けたり、あるいは何もなかったかのようにします。しかし、遅かれ早かれそれは形を変えて必ず目の前に現れます、その時我々はどうするべきか、それがこの『LIMIT』の主題であり今回の旅のテーマでもあります。
なんだか難しそうですか? いえいえ、旅にトラブルはつきもの。実際に行かないとわかりません。行ってみれば意外と癖になるかもしれませんよ。この旅が皆様にとってかけがえのないものになりますよう心から祈っております。

【STORY】
LIMIT_ura
ー真実が逃げた、お前は誰だー
全ては一つの誘拐事件から始まった。張り巡らされた罠、いくつもの嘘、残された時間は二時間、戦慄
の時間制限(タイムリミット)サスペンス

高層ホテルの僅かな足場にマイク・ハントと名乗る男が立っていた。
彼は警察にある人間を呼び出すように要求した。
その人物とは交渉人であるマリ・フレデリック。
彼女はとある事故がきっかけで一年間休職中であったがやむなく男と接触する。
初めは自殺が目的かと思われたが男の一言で事態は急変する。

「娘が誘拐された、あんたが犯人の名前を当てれば娘は解放される」

何故、犯人はマリを知っているのか。目的は一体。
そして、彼女自身も過去へと繋がる真実と対峙する事となる。

【公演情報】
LIMIT_omote
劇団ベイビーベイビーベイベー
STAGE JOURNEY
『LIMIT』
作・演出◇イイジマショウタ
出演◇関メリッサ 神山翔太郎(以上、劇団ベイビーベイビーベイベー)
田村総 三塚瞬 盒凝太 東條瑛 星達也 加倉幸の助
佐々木至 高山五月 梅崎信一 藤本康平 佐藤香織

9/12(水)〜17(月)◎シアター風姿花伝

劇団公式サイト


えんぶ☆ショップ夏の福袋セール!


kick shop nikkan engeki