ogawaeriko_art20180907_fixw_640_hqchibatetsya_art_fixw_640_hq
小川絵梨子  千葉哲也

新国立劇場では、2020年4月に上演される演劇公演『反応工程』(作・宮本研)の全てのキャストをオーディションにて募集する。
小川絵梨子芸術監督が、その就任とともに打ち出した支柱の1つ、出演者すべてをオーディションで決定する公演、その第2弾となる今回は、宮本研の『反応工程』を千葉哲也演出で上演する。
そのキャストオーディションを、18年10月〜12月にかけて開催、合格者は2020年4月の公演に出演できる。

【コメント】
オーディション企画第2弾の開始にあたって、芸術監督の小川絵梨子、演出を担当する千葉哲也よりコメントが届いた。

小川絵梨子(新国立劇場 演劇芸術監督)
2018/2019シーズンよりスタートしたフルキャストオーディション企画第1弾では、多くの方々にご参加頂きまして本当にありがとうございました。この場をお借りして、俳優の皆さま、事務所の皆さまに深く御礼申し上げます。また同企画の第2弾の公演が決定しましたことをご報告申し上げます。今回は、演出に千葉哲也さんをお迎えすることが叶いました。心の機微に敏感で、且つ暖かく、そして俳優を心から信じて演出をなさる千葉さんにご参加頂けますこと、大変に嬉しく思っております。
手探りで始めた企画ではありますが、ひとつひとつの積み重ねから学びつつ、誰もが真摯にのびのびと作品だけに向き合えるような現場を目指して邁進して参ります。第2弾も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

千葉哲也(演出家)
長年、演劇に携わってきて、劇団に所属したり、フリーで活動したりしながら、俳優を続ける人たちに出会ってきました。もちろん自分自身もそうでしたし、今もそうです。どうやったら舞台に立てるのか、模索していた時期もありました。小川絵梨子さんから、フルオーディション企画第2弾のお話をいただき、誰もが平等にオーディションを経て舞台に出演する、というシステムに深く賛同し、是非ともやらせていただきたい、と思いました。
小川さんから、演目は出来れば日本の作品を、というご提案を頂戴し、たくさんの作品を読みました。そして、宮本研さんの『反応工程』に出会いました。戦争や戦場そのものを描くことなく、工場という閉鎖された世界で戦争に巻き込まれた人々の日々が、そこにはありました。
市井の人々には如何ともし難い、けれど、大きな大きな出来事に飲み込まれたとき、社会では何が起きるのか、その中にいる人たちがどう変わるのか、変わらざるを得なかったのか。それを垣間見た気がしました。
タイトルの一部でもある"反応"は、そのときの"日本"や"日本人"の反応をも指しているのだと感じました。
『反応工程』は、台本上は高校生や中学生も出てきますが、現代に当てはめると出演者の年齢は
20〜35歳くらいの男性 7名(田宮/矢部/林/影山/木戸/太宰/憲兵の7役)
45〜60歳くらいの男性 5名(清原/柳川/牟田/荒尾/猿渡の5役)
20〜30歳くらいの女性 2名(正枝/節子の2役)
と考えています。
以上の3つのグループに分けてオーディションを行い、その中からそれぞれの役に合う方に出会えたら、と思っています。
未知の可能性を引っ張り出したい、なんておこがましいことを思っているわけではありません。多くの皆さんとお会いできる機会があることを楽しみにしています。
先輩たちも、待ってます!

〈オーディション詳細〉




チケット最大70%OFF!


kick shop nikkan engeki