逢いにいくの〜宣伝写真

大阪を中心に活動する劇作家・演出家の横山拓也が主宰する演劇ユニットiaku(いあく)が、11月に東京・三鷹市芸術文化センターで、12月に大阪・八尾プリズム 小ホールで、新作『逢いにいくの、雨だけど』を上演する。 

【ごあいさつ 横山拓也】
iaku として、三鷹市芸術文化センターでは「流れんな」(2014 年)と「エダニク」(2016 年)を上演させてもらいました。いずれも再演でした。iaku は『強度のある作品をつくって再演を繰り返す』という活動方針がありますが、今回 は新作で挑ませていただきます。そして過去2作品においては、他の方にお願いしてきた演出も、今回は私自身で行います。辿り着くところが何処なのかはわかりませんが、今、作品的に新たな境地に向かっているような気がしています。iaku のニュースタンダードになる作品を目指します。

【あらすじ】
恋愛、友人、家族の関係の中に発生した嘘やごまかしなどの罪の意識の重なりが歪める人間関係。そこに、突如起きた大きな事故が、彼らの間に妙なバランスをもたらしてしまった。事故の加害者と被害者という立場のはずが、いつしか、簡単な構図では語ることのできない状況に陥っていく。条件や時間では解決できない、複雑に絡まり合った心の問題が深く横たわり始めるのだった。

子ども同士が幼なじみで、家族ぐるみの付き合いのある、仲の良い二組の家族 。あるとき、不可抗力で、一方の子どもが、もう一方の子どもに大きなケガを負わせてしまい、人生に影響するような障碍を残す。この出来事以降、二組の家族は複雑な関係となり、疎遠となってしまい…。
2018 年冬、iaku の最新作は 「許す」を考察する。
 
〈公演情報〉
『逢いにいくの、雨だけど』
作・演出◇横山拓也
出演◇尾方宣久(MONO)、橋爪未萠里(劇団赤鬼)、近藤フク(ペンギンプルペイルパイルズ)、
納葉、松本亮、異儀田夏葉(KAKUTA)、川村紗也、猪俣三四郎(ナイロン 100℃)
●11/29~12/9◎東京・三鷹市芸術文化センター 星のホール
〈料金〉一般前売3,000円・当日3,500円 U-25前売2,000円・当日2,500円    高校生以下前売・当日共1000円(全席自由・税込)日時指定・整理番号付き 
●12/21~22◎八尾プリズム 小ホール(八尾市文化会館)
〈料金〉一般前売2,800円・当日3,000円 U-25 1,500円    高校生以下500円(全席自由・税込)日時指定・整理番号付き 
〈発売開始〉2018 年 10 月 6 日(土) 
〈東京公演お問い合わせ〉
三鷹市芸術文化センター 0422-47-5122(10時~19時/月曜休館)
ライトアイ 080-9759-2383(11時~19時)
〈大阪公演お問い合わせ〉
iaku 080-9759-2383(11時~19時)
〈劇団HP http://www.iaku.jp/ 






トム・プロジェクトプロデュース『男の純情』


kick shop nikkan engeki