(ノートリで)0017-A
磯貝龍虎、平野 良、宮下雄也

古典落語を若手実力俳優たちが演じ、落語で引き付け、声で聞かせ、演技力で魅了する『ハンサム落語』。「二人一組」の掛け合いで行う独自のスタイルが人気のこのシリーズが、いよいよ記念すべき第十幕となる。上演する演目は、第一幕から第九幕までに上演した中から人気のある噺や、観客からのリクエストなども取り上げるという。出演者もこれまでこのシリーズに出演してきたメンバーばかり。なかでも第一幕(初演)から出演している磯貝龍虎、平野 良、宮下雄也の3人は、まさに常連組といっていいだろう。この3人に集まってもらい、『ハンサム落語』の面白さについて話し合ってもらった「えんぶ10月号」のインタビューをご紹介する。

みんなで支え合って
育ててきた『ハンサム落語』

──なんと『ハンサム落語』も第十幕ですが、やはり感慨が?
磯貝 足かけ5年ということで、5年間続いていることへの感謝の思いで一杯です。
平野 最初からこんなに大人気だったわけではなくて、みんなで支え合って育ててきたからこそで、今回も1回1回を大事に演じたいですね。
宮下 十幕に立たせていただけることを感謝しています。5年で得た経験とか知識をこの十幕に反映したいですね。
 
──落語の世界を知ることで得たものも多いのでは?
磯貝 落語家さんを見て研究する中で、独特の間や話し方、声色などそういう技術を身に着けたり、また「二人一組」ならではの化学反応があるので、そういう面では勉強になりますね。
平野 僕は「YEBISU亭」に(立川)志らく師匠や(三遊亭)兼好師匠と一緒に上がらせていただいて、本物の凄さを目の当たりにしたり、「『ハンサム落語』面白いね」と認めてもらうなど、良い経験をしました。そして、ずっとやってきた中で、禁止事項なんてないんだと。あれが見せたいあれをやりたいと思い続けて演じることが大事で、そういうプラスの気持ちでやるのが『ハンサム落語』なんだと。
宮下 古典落語の世界は、大体が女性関係とお酒の話で(笑)、そういう意味では現代に通ずる部分もあるので、あまりかしこまらずに、初めて見る方にもわかりやすく届けられているんじゃないかなと思っています。

とにかく生きなきゃというので
手段を選ばない

──「二人一組」であるがゆえの難しさは?
磯貝 中には漢字が読めない人や(笑)、飛ばしちゃう人などもいるんですが、それを無理矢理にでも笑いに変える面白さを作りだしてくれたのが良さんと雄也さんで。第二幕くらいのとき、硬さがなく、やり取りが柔軟で、本当に聞いていて面白くて、「そうか、方法はいくらでもあるんだな」と。

──それは役者としての経験値が役立っているわけですか?
平野 いや単純に死にたくないからで(笑)。
宮下 とにかく生きなきゃというので手段を選ばないんです(笑)。良とやる場合、役者として信用できるし、こういうボールを投げたらこう返してくるだろうなというのがあるから、するっと喋れる。もちろん龍虎も、こういうタイプの役者だからこう仕掛けたらこう反応してくれるだろうなと。初めての人とは稽古でそれを見つけることが逆に面白い。なにしろ二人きりなので、助け合わないと。
平野 性格が合うとか合わないとか、無人島で二人きりだとそんなこと言ってられないもんね(笑)。あえて言うなら全員信用してないし、不信も抱いてない。初めましての人もそうです。人って生きているだけで面白い経験をしてるから、絶対面白くなると思ってる。「あ、意外と面白くない返しをするんだ」とか、そういうのでさえ発見になるから。
磯貝 それぞれどこか魅力があるからこうして舞台に立っているんだと思うし、その人の良いところを引き出せたら楽しくなる。それは「二人一組」ならではだと思います。

──お互いの面白さもぜひ語っていただきたいのですが。
磯貝 ボケツッコミで言うなら、良さんはボケの引き出しが凄いんです。雄也くんは僕が突飛なこと言ってもちゃんと拾って返してくれる。
平野 餃子の皮だね。包み込んで肉汁を逃さない(笑)。
宮下 どうせなら美味しい餡がいいけどね(笑)。でも普段は反対で、僕がボケで良さんがツッコミ、龍虎にもツッコまれてます(笑)。

──そんな皆さんで魅せる第十幕への意気込みを。
磯貝 第十幕も、しっかりと2人に付いていってがんばります。
平野 今回は1回しかやらない相手との組み合わせが多いので、十幕らしくというより、今回が初めてのように、新鮮に真面目に取り組みたいと思います。
宮下 『ハンサム落語』をまだ見たことない方もいると思うんです。「もう十幕なの?」と乗り遅れた方もご心配なく、どこからでも入れる世界ですので。今回はとくに人気の演目が詰まってます。ベスト盤ですから楽しんでください。

0012
磯貝龍虎、平野 良、宮下雄也

いそがいりゅうこ○北海道出身。2008年デビュー、舞台を中心に活躍中。近年の出演作は、ミュージカル『ヘタリア』シリーズ、舞台『逆転検事』『ESORA』『バグバスターズ』シリーズ『真・三國無双』シリーズ『北斗の拳 -世紀末ザコ伝説- 』『逆転検事 〜逆転のテレポーテーション〜』『レンタヒーロー』『宇宙戦艦ティラミス』など。

ひらのりょう○神奈川県出身。TVや舞台で活躍中。近年の出演作は『ハンサム落語』シリーズ、『マリアビートル』主演『東海道四谷怪談』主演、「シラノドベルジュラック」、「奇面組2」主演、演劇集団クロジ「いと恋めやも」客演、テレビ、CS日テレ「2.5次元ナビ!」MC、TVK「カナフルTV」レポーターリポーター。アニメ「千銃士」CV。など。今後の作品に「ふしぎ遊戯」主演などを控える。

みやしたゆうや○大阪府出身。2001年、RUN&GUNを結成、CDデビューを果たす。現在は舞台を中心に活躍中。近年の出演作は『ハンサム落語』シリーズ、『増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和』シリーズ、ミュージカル『三銃士』柿喰う客『俺を縛れ!!』『ジョーカーゲーム』舞台『火花〜Ghost of the Novelist〜』『ハイスクール!奇面組』など。

〈公演情報〉
ハンサム落語画像
 
『ハンサム落語 第十幕』
演出・脚色◇なるせゆうせい
出演◇伊崎龍次郎 磯貝龍虎 小笠原健 桑野晃輔 反橋宗一郎  林 明寛 平野 良 松村龍之介 宮下雄也 米原幸佑 和合真一(五十音順)
●11/6〜13◎CBGKシブゲキ!!
11/16〜18◎シアター朝日
〈お問い合わせ〉CLIE  03-6379-2051 (平日11時〜18時)




【構成・文◇宮田華子 撮影◇岩田えり】



チケット50%OFFセール実施中!


kick shop nikkan engeki