前山・小松・佐伯3shot
谷・佐々木・細見3shot
前山剛久 小松準弥 佐伯亮
谷佳樹 佐々木崇 細見大輔

 
香月日輪原作の児童文学『妖怪アパートの幽雅な日常』(講談社刊)の舞台版が来春19年1月上演される。
原作小説『妖怪アパートの幽雅な日常』は、2003年から2013年までに本編全10巻、外伝1巻を刊行、11年からは漫画家・深山和香によってコミック化され、現在も月刊少年シリウス(講談社刊)誌上にて連載中の妖怪ファンタジー作品。シリーズ累計で580万部が刊行され、第51回産経児童出版文化賞フジテレビ賞受賞した児童文学のベストセラー。魅力あるキャラクターと人情味あふれるストーリー展開は時代を越えて愛され、17年にはアニメ版が放送。今もなお新たなファンを増やし続けている。
今回の舞台では、上演台本は谷碧仁、演出は元吉庸泰が手がける。またメインキャストとして前山剛久、小松準弥、佐伯亮が先日発表になったが、さらに追加キャストとして、谷佳樹、佐々木崇、細見大輔の出演が決まった。

【キャスト】
稲葉夕士役/前山剛久
長谷泉貴役/小松準弥
龍さん役/佐伯亮
詩人・一色黎明役/谷佳樹
画家・深瀬明役/佐々木崇
骨董屋役/細見大輔

【あらすじ】 
三年前に両親が他界し、伯父の家に引き取られた稲葉夕士16歳。高校からは寮に入り自立して…と思った矢先、寮が火事で焼けてしまった!なんとか探し出したアパートは、家賃2万5千円(!)という破格物件。だがそこにはオバケや妖怪が出るという……。
画家、除霊師、自称霊能力者、そして幽霊や妖怪など、人情味あふれる「クセ者」入居者に囲まれて、夕士のフツウの!? 高校生活が始まる。
 
夕士の目線で描かれる、妖怪との日常を通して無くしていたものを取り戻していく心の成長物語。

〈公演情報〉
舞台『妖怪アパートの幽雅な日常』
原作香月日輪
漫画 深山和香
上演台本谷碧仁
演出元吉庸泰
出演前山剛久 小松準弥 佐伯亮 谷佳樹 佐々木崇 細見大輔
●2019/1/11〜27◎紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA
〈料金〉7,800円(全席指定・税込)
〈一般発売日〉11月25日(日)
〈お問い合わせ〉公演事務局0570-200-114 (全日10:00〜18:00)
〈公式HP〉https://www.youapa-stage.jp
〈公式ツイッター〉@YouapaStage

c香月日輪・深山和香/講談社 




えんぶ最新号


kick shop nikkan engeki