172A6861

円谷幸吉と君原健二。ライバルであり友人でもあった2人のマラソンランナーの物語を描いた舞台『光より前に〜夜明けの走者たち〜』が、11月14日に紀伊國屋ホールで開幕した(11月25日まで。そののち大阪公演あり)

1964年の東京オリンピックで銅メダルに輝いた円谷幸吉と、その4年後のメキシコオリンピックで銀メダルを獲得した君原健二。円谷幸吉は、栄光の銅メダルからたった3年半で志半ばにその生涯を閉じた。君原健二は、その命を引き継ぐかのように栄光へと走り続け、銀メダルを手にした。
50年前の2人の生き方を通して、「走る」ことと「生きる」ことを問いかける舞台だ。
作・演出は谷賢一。出演は宮崎秋人、木村了、高橋光臣、中村まこと、和田正人という5人による濃密な舞台となっている。

172A7147
172A6920

この公演の谷賢一インタビュー
http://kangekiyoho.blog.jp/archives/52064222.html
宮崎秋人・木村了インタビュー
http://kangekiyoho.blog.jp/archives/52064276.html
 
この作品の初日コメントが届いた。

【コメント】
 
172A6759
宮崎秋人 
約一ヶ月間の稽古をしてきまして、いよいよ幕開けです。円谷幸吉さんを知れば知るほど責任も重大と感じ、円谷さんという存在を届けなければいけないという使命感も増してきましたので、自分の与えられた役をしっかり演じ切りたいと思います。君原健二さんも観に来てくださいますし、最後まで精一杯頑張ります。

172A7373
木村了
僕一人だけ御存命の君原健二さんの役を演じますが、この作品ならではの君原さんをお見せする気持ちで臨んでいます。カンパニーの皆で熱さを持って世界観を作り上げており、革新的な映像とともに、谷さんの才覚が存分に発揮されている作品です。言葉一つ一つがすごく大事になっていて、心と心のキャッチボールを大切にした人間ドラマですので、観ていただいた方に何か答えを見つけていただけるのではないかと思います。気負いせずに観にきていただきたいです。

172A6639
中村まこと
いよいよ初日の幕が開きますよ。号砲一発、五人の役者が走りはじめます。舞台裏のスタッフさんも走りますよ。受付嬢も走る。遅れて来たお客さんも走る!完走目指して頑張ります。ご来場お待ちしてます!

172A6470
高橋光臣
円谷幸吉と君原健二という二人の純粋なランナーの生き様、どのように生き、どのような結末を迎えるのか、その人生でどのような人が関わったのか、それによって二人がどのように変わっていったのか、二人の人生の軌跡を一緒にたどっていただけると、それぞれの心に残る作品になるのではないかと思います。じっくりと味わっていただけたら嬉しいです。

172A6784
和田正人
当時を知る人には懐かしく、知らない世代には誇らしさを感じる、そんな空気を纏う舞台が生まれたように思います。偉人たちが積み上げてきた歴史の偉大さを、今まさに皆様と共に体現できることを嬉しく思います。

谷賢一(作・演出)
信頼するコーチや恋人との関係など、マラソンランナーの話でありながら人間関係が主体になっている物語です。円谷さんの悲劇は繰り返されてはならないことで、現代に正しく伝えたいと思い作品化しました。何を大事に生きていったら良いのか、作品を通して感じていただけたらと思います。

青山学院大学 陸上競技部 原晋監督(特別監修)
スポーツに携わる方はもちろん、サラリーマン、子育てに悩む親御さんなど、様々な方にぜひ観ていただきたい作品です。走るとは何か、生きるとは何か、その答えが見つけられるのではないかと思います。

〈公演情報〉
光より前に画像
 
『光より前に〜夜明けの走者たち〜』
作・演出◇谷賢一
出演◇宮崎秋人 木村了 高橋光臣 中村まこと 和田正人 
●11/14〜25◎紀伊國屋ホール ※11月14日はプレビュー公演
●11/29〜12/2◎ABCホール
〈料金〉一般/7,000円 U-23/3,500円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉03-5410-1885  ワタナベエンターテインメント(平日11:00〜18:00)
〈公式HP〉http://hikari.westage.jp/



【撮影/神ノ川智早 資料提供/ワタナベエンターテインメント】



極上文學『こゝろ』


kick shop nikkan engeki