_MG_0559

乃木坂46の若月佑美が主演する舞台『鉄コン筋クリート』が、11月18日、天王洲 銀河劇場で開幕した。(11月25日まで)
この作品の原作は、93〜94年にかけて「週刊ビッグコミックスピリッツ」に連載されていた松本大洋の人気漫画「鉄コン筋クリート」。少年2人が主人公でありながら、舞台は暴力が飛び交い、大人の思惑がうごめく街「宝町」。その混沌とした街の中で、お互いを補完し合い生き抜く2人の物語。全33話の物語が怒涛のスピード感で展開され、松本大洋の名前を世間に知らしめる代表作となった。また、2006年には劇場版アニメが公開。アカデミー賞を始めとする数々の有名な映画賞でノミネートや受賞しており、アメリカなど海外での人気も高い。

TKw_0810

【あらすじ】
懐かしさと危険な空気が混在する宝町。そこに暮らす少年・シロとクロは親を持たず、暴力によって生活費を稼いでいた。ある日、宝町に「子供の城」というレジャー施設が誕生する。しかしそれは海外のギャングによる計画で、町の支配を意味していた。様変わりしていく町の景色に違和感を覚えるシロとクロ。彼らを追う刑事。見守るホームレス。命を狙う海外ギャング。再開発に抗う昔気質のヤクザ。様々な人間の思惑がぶつかり合い、シロとクロの運命は大きく揺れ動く…。むき出しの刃が交錯する中、シロとクロ、心と体の壮絶なサバイバルが繰り広げられる!
 
_MG_0457
_MG_0218
_MG_0118

この公演の初日を前に公開舞台稽古が行われ、主人公の「クロ」を演じる若月佑美(乃木坂46)、「シロ」を演じる三戸なつめ、演出の松崎史也の3名が、報道関係者からの取材に応じた。
 
_MG_0041
三戸なつめ、若月佑美(乃木坂46)、松崎史也

──初日を迎えた心境について。
若月 遂にこの日が来たか!という感じです。私自身がすごく大好きな作品でしたし、乃木坂46として出演する最後の舞台なので、この舞台に全力をかけようと思ってきました。緊張しやすいのですが、頑張りたいと思います!
三戸 今の心境は、なんだかニヤニヤしちゃいます。とても楽しみで、みんなで作り上げたものを早くお客様に観て欲しいなと思っています。
──少年役を演じると聞いた時の感想。
若月 役として、性別を超えられる日が来るとは思っていなかったので、嬉しいなと思いました。
“少年”は、女性と男性の狭間にいるような存在だと思うので、自分の女性な部分が、良きところに働くといいなと思います。
三戸 私は、男の子の役をやると聞いた時に、何の違和感もありませんでした。「シロ」というキャラクターが大好きなので、「私がやりたい!」と思っていました。

_MG_0500

──女性が男の子をやるというのは、最初から演出プランに入っていたのですか?
松崎 そうですね。普通に男の子がやるよりも、背格好や声質、演技の質感的にも女の子が演じた方が良いなというのは、第一にありました。結果として、それ以上に二人はそういうコンセプトとか当初の予定とかを大幅に超えて本当にとても“クロ”と“シロ”になってくれているので、そこを楽しみにしていただきたいです。
──原作ファンも観に来ると思いますが、プレッシャーはありますか?
若月 よく読んでいた漫画だったので、自分がお客様の立場としても“舞台化!”と聞いたら「おおー!観に行きたい!」と思う作品でした。緊張が無いかと言われたら嘘になりますが、稽古をしてきて「宝町がそこにある!」と思えたので、「観て欲しいな」と自信を持って言えます。
三戸 「プレッシャーはありますか?」と聞かれて、「あ、そういえば」と思い出すのですが(笑)。自分たちの『鉄コン筋クリート』を作ってきたという自信があるので、あまりプレッシャーは感じていないです。『鉄コン筋クリート』が好き、という気持ちは、私たちもお客様も共通して持っているものだから、感じることは違うかもしれないけれど、何か生きていくヒントになることや新しい発見を見つけてもらえたら嬉しいです。

_MG_0085

──今回の見どころ。
若月 初めてアクションに挑戦させていただいて、クロはたくさんの場所で戦って、シロや町を守ろうとするところを見て欲しいです。
三戸 シロは表情が豊かで、変顔をしている時間が多かったり、歌を歌っていたりする部分が、シロらしさだなと感じるので、そういったキャラクターを楽しんでもらいたいなと思います。
──お客様へ向けて。
若月 舞台『鉄コン筋クリート』は、3つオススメポイントがあります。1つ目は、舞台のセットがとてもユーモアに溢れていて、カッコ良いことです。ただ座ってセットを観ているだけでも面白いですし、私は劇場でこのセットを初めて見たときに圧倒されたので、皆さんにも感じていただきたいです。2つ目は、“クロ”と“シロ”の関係性が漫画やアニメなどのイメージもあると思いますが、舞台ならではの関係性や物語があるので、そこに注目していただきたいです。3つ目は、「宝町がそこにある!」と来てくださった皆さんに感じていただけるほど、素晴らしいキャストの皆さんが世界観を作り上げてくださっています。さらに原作があるので<2.5次元舞台>というジャンルになりますが、演劇として、とても面白い物語となっております。是非劇場に足を運んで下さったら嬉しいです。よろしくお願いします。


〈公演情報〉
5798c824e09b6fa7577569da36f0e95d3390f62c
 
舞台『鉄コン筋クリート』 
原作◇松本大洋「鉄コン筋クリート」(小学館ビッグスピリッツコミックス刊)
演出◇松崎史也
脚本◇畑 雅文
出演◇若月佑美(乃木坂46)、三戸なつめ/
谷口賢志、我善導、船木政秀、橘輝、加藤靖久、新田健太/コング桑田/玉置玲央/
山下征志、書川勇輝、新原美波、齋藤久美子、木原実優/
花王おさむ/窪塚俊介/中西良太
●11/18〜25@天王洲 銀河劇場
〈料金〉¥8,500(税込/全席指定/前売・当日共)
〈お問い合わせ〉サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(全日10:00〜18:00)

ⓒ松本大洋・小学館/2018舞台「鉄コン筋クリート」製作委員会


【資料提供/ネルケプランニング】 




極上文學『こゝろ』


kick shop nikkan engeki