2.(右から)蒼井優、浅野雅博

新国立劇場では小川絵梨子が演出し、蒼井優・葉山奨之・浅野雅博の3人で演じる舞台『スカイライト』が12月6日に開幕した。(24日まで。そののち兵庫公演あり)

かつて不倫関係にあった男女が再び出会う夜......。2015年、トニー賞リバイバル作品賞を受賞した傑作戯曲だ。
この作品を演出する小川絵梨子にとって、新国立劇場演劇の芸術監督就任後の初演出作品となる『スカイライト』は、演劇の原点とも言える"対話"の力への信頼に基づいたデイヴィッド・ヘアの秀作で、1995年に初演されて以降、様々な演出家の手により幾度となく上演が重ねられてきた。
かつて不倫関係にあった二人の男女のダイアローグは、常に綱渡りのような緊張を孕み、ちょっとした一言で均衡が大きく揺らいでいく様は、まさにドラマティック。登場人物はわずか3人、しかも舞台にいるのは常に2人だけというミニマムな人間関係で描かれる。

出演俳優は蒼井優、葉山奨之、浅野雅博。熱量のある会話劇を支える実力派俳優ばかり。戯曲の機微を細やかに掬い取る手腕が高い評価を得る小川絵梨子の演出もあわせて、見どころ十分な舞台となっている。

1.(右から)蒼井優、浅野雅博

【ものがたり】
ロンドン中心部から離れた質素なアパートに住むキラ(蒼井優)の元に、かつての不倫相手の息子であるエドワード(葉山奨之)がやってくる。妻アリスを亡くして以来、不安定なままの父親トム(浅野雅博)を助けてほしいと言い残し、彼は去る。
同じ日の夜、期せずしてトムもまたキラの元を訪れる。三年ほど前、不倫関係が明るみになった日以来、初めて再会した二人は、夜更けまでこれまでのことを語り合う。お互いへのいまだ消えぬ想いと、解けない不信感、共有する罪の意識の間で大きく揺れ動く二人の会話は、やがてそれぞれの価値観の違いへと触れて行く。相手の急所を射抜く言葉を知っている二人の駆け引きがたどり着く先は......。

3.(左から)蒼井優、浅野雅博

〈公演情報〉
2018/2019シーズン演劇
『スカイライト』
作◇デイヴィッド・ヘア
翻訳浦辺千鶴
演出小川絵梨子
出演蒼井 優、葉山奨之、浅野雅博
●12/6〜24◎新国立劇場 小劇場
〈料金〉A席6,480円 B席3,240円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉新国立劇場ボックスオフィス 03-5352-9999


【資料提供/新国立劇場 撮影/細野晋司】
 





『Like A Room 002』


kick shop nikkan engeki