白石藤原松井

日本文學の上質な世界観を、狷匹濟姚瓩鉢犇餮住姚瓩箸いΕ好織ぅ襪芭体的に表現する本格文學朗読演劇シリーズ「極上文學」。第13弾の今作では、夏目漱石の『こゝろ』を取りあげ、12月13日から18日まで、紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA で上演する。
奇妙な友情で結ばれている「先生」と私。ある日、先生から遺書が届いた。「あなただけに私の過去を書きたいのです…。」遺書で明かされる先生の過去とは…。
時代を超えて読み継がれる夏目漱石の最高傑作に挑む、今回の「極上文學」。出演経験の豊富な藤原祐規と、今回初参加の白石康介と松井勇歩が、作品世界を語り合った「えんぶ12月号」のインタビューを別バージョンの写真とともにご紹介する。

IMGL0831
白石康介 藤原祐規 松井勇歩

昼ドラとして捉えると
わかりやすくなる!?

──藤原さんは何度も出演していますが、「極上文學」の特徴というのは?
藤原 朗読劇のくくりで見られがちですが、読むことを100%頑張るのが朗読劇だとすると、「極上文學」は読むだけでなく動きもありますし、立体的に見せていく。朗読演劇と言っていいでしょうね。
白石 僕は同じ事務所の松田凌さんが出演した『銀河鉄道の夜』をDVDで拝見して、普通のお芝居より素に近いかなと。そして台本を持っていることをいかに自然に見せるかが大事なのかなと。
松井 僕は朗読劇だから椅子に座るのかなと思っていたら、フッキー(藤原)さんが「全然座れないよ」と(笑)。確かにDVDを観たら座ってなかったです(笑)。

──台本を見ながらということは、台詞は覚えないほうがいいのですか?
藤原 そうなんです。新鮮に読むのが大事なので。でも台本に目を落とすと次の台詞が嫌でも目に入ってくる。お芝居というのは、相手の台詞で自分の台詞が引き出されることが本当なので、台詞が見えるとそれが難しくなる。だから初参加の役者さんは、つい全部覚えてきちゃって、ダメ出しされてます。
松井 台本を覚えてきちゃダメってあまりないですよね(笑)。でも覚えないからこそ生まれる良さがあるわけですから、それが出来るようにならないと。

──今回の作品は夏目漱石の『こゝろ』ですね。
藤原 たいへんな作品が来たなと。大人な小説で、出てくる人たちが複雑な内面を持っているので。
白石 人間関係も複雑ですよね。結末もハッピーエンドではないし、読むのが難しいんですけど、「極上文學」という形ならわかりやすく届けられるんじゃないでしょうか。
松井 僕は、すごいドロドロしている昼ドラのような話だなと(笑)。
2人 (爆笑)。
松井 昼ドラはどの世代にでもわかるじゃないですか。だからこの小説もずっと読まれているのかなと思いました。

──確かに昼ドラとして見るとわかりやすいですね。ある女性を友人同士で取り合うという。
白石 好きな女性を取り合うのは男性の本能みたいなものですよね。
松井 人間は何故かそういうドロドロを見るのが好きで(笑)。
藤原 誰もが経験するような話で、それをどの立場から観るかで感想も違ってくるでしょうね。

敷居を下げて、間口を広げて、
文学と親しんでもらう

──今回初対面だそうですが、お互いの印象は?
白石 僕は人見知りなんですけど、今回あまり構えずにいられそうです。
藤原 勇歩なんかすでにボケだしてるから(笑)。俺が真面目なこと言って、白石くんも真面目なこと言って、勇歩が最後にちゃんとボケを入れる(笑)。
松井 空気読んじゃいました(笑)。
 
──楽しい雰囲気で取り組めそうですね。では改めて公演への意気込みを。
藤原 漱石の『こゝろ』は観客アンケートで「上演してほしい原作」の1位だったそうです。それだけ有名で現代の若い方にも興味のある作品ということで、気合いもプレッシャーもありますが、難解な作品を良い意味で敷居を下げて、間口を広げて、親しんでいただけるのが「極上文學」なので、作品をよく読み込んでしっかり届けたいです。
白石 僕は2.5次元作品が多かったのですが、今回ストレートプレイをさせていただくことで、これまでと違うお客様と出会えるのを楽しみにしています。昔から読まれている文学作品に正面から取り組んで、自分自身も成長したいです。
松井 個人的には、原作もお芝居の形もキャストの方々も、初めましてばかりですが、初めてだからこそ吸収できることがいっぱいあるはずで、逆に僕だからできることもあるので、それを「極上文學」の世界で生かしていければと思っています。

IMGL0857
白石康介 藤原祐規 松井勇歩

ふじわらゆうき〇三重県出身。俳優、声優として舞台、アニメ、ゲームで活躍中。主な出演作品は、舞台『最遊記歌劇伝』シリーズ、舞台『ペルソナ3』シリーズ、『Club SLAZY』シリーズ、『インフェルノ』、『バカフキ!』、『極上文學』シリーズ、アニメ『曇天に笑う』、『アイドル事変』、『CHAOS;CHILD』、「おん・すてーじ『真夜中の弥次さん喜多さん』三重」、『ストリップ学園』など。
 
しらいしこうすけ〇埼玉県出身。2016年『朗読劇 雲は湧き、光あふれて』で俳優デビュー。出演舞台は「プリンス・オブ・ストライド THE LIVE STAGE」シリーズ 、『RICE on STAGE ラブ米 〜Endless rice riot〜』』(2017年)、 『イケメン革命◆アリスと恋の魔法 THE STAGE Episode 黒のキング レイ=ブラックウェル』(2018年)など。 
 
まついゆうほ〇兵庫県出身。2012年、劇団Patchの第1期生として入団。舞台や映像で活躍中。最近の出演舞台は、舞台『オサエロ』『うつろのまこと〜近松浄瑠璃久遠道行〜』『野球〜飛行機雲のホームラン〜』、『LADY OUT LAW!』など。11月にPatch stage vol.12『ボクのシューカツ。』(大阪・HEP HALL、東京・銀座 博品館劇場)に出演予定。ABC『おはよう朝日土曜日です』出演中。


〈公演情報〉
image

本格文學朗読演劇シリーズ
極上文學 第13弾『こゝろ』
原作◇夏目漱石
演出◇キムラ真(ナイスコンプレックス) 
脚本◇神楽澤小虎(MAG.net) 
音楽◇橋本啓一
出演◇内海啓貴 櫻井圭登  白石康介 芹沢尚哉 釣本 南(Candy Boy) 東 拓海 平野 良 藤原祐規 松井勇歩(劇団Patch) (五十音順)
●12/13〜18◎紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA 




【構成・文/宮田華子  撮影/友澤綾乃】



『Like A Room 002』


kick shop nikkan engeki