omote001-800x1122
詩森ろばと田島亮のユニットとして活動するserial number、その最新作『アトムが来た日』が、12月20日〜29日、下北沢ザ・スズナリで上演される。
今回の出演者は、これまでの詩森作品に出演してきた実力派に加えて、岡田達也(キャラメルボックス)も加わるなど、さらに厚みのある俳優陣となっている。 

【メッセージ】
2011年の福島での原発事故以来、エネルギー問題について真剣に考えるべきときが来ていると誰しもが思っている。
しかし、その逡巡は、原子力発電所の爆発事故というあまりにも大きな事実のまえに、原発擁護派と反対派という2項対立にのみこまれ、根源的な問題は置き去られているように思える。
風琴工房の新作『アトムが来た日』、この作品は日本に初めての原子の火が灯ったときのことを丁寧に描くことで、原子力がそもそも孕んでいた葛藤と、そのときに溢れていた未来エネルギーへの希望を炙り出し、これからわたしたちがなにを選択し、そのために何ができるのかを問いかける野心作です。


〈公演情報〉
 Serial number 『アトムが来た日』
作・演出◇詩森ろば
美術◇杉山至+鴉屋
出演◇田島亮(serial number)
福本伸一(ラッパ屋) 井上裕朗(DULL-COLORED POP) 杉木隆幸(ECHOES) 森下亮(クロムモリブデン) 小玉久仁子(ホチキス) 林田麻里 酒巻誉洋 岡野康弘(Mrs.Fictions) 佐野功 笹野鈴々音 藤尾勘太郎
岡田達也(キャラメルボックス)
●12月20日〜29日◎下北沢ザ・スズナリ 
〈料金〉前売4,300円 当日4,500円(全席指定・税込)
  学生券2,000円ほかさまざまな割引あり
〈お問い合わせ〉劇団070-3602-4357