eRo
c Studio Ghibli

宮崎駿の漫画「風の谷のナウシカ」を原作として、2019年12月に東京・新橋演舞場で新作歌舞伎『風の谷のナウシカ』が上演されることが決定した

原作漫画は映画監督の宮崎駿が1982年に雑誌「アニメージュ」にて連載開始。足かけ13年をかけて完成した大作。1984年には自身の監督で映画化され、現代に至るまで日本のみならず世界中で愛されている。
宮崎駿作品が歌舞伎舞台化されるのは初であり、スタジオジブリの関連作品歌舞伎舞台化も初となる。
脚本は丹羽圭子。映画版では描かれなかった壮大な原作の全てを、昼の部・夜の部通しで上演する。
演出はG2。新作歌舞伎『NARUTO-ナルト-』でも話題となった。 
主人公のナウシカを演じるのは尾上菊之助。蜷川幸雄演出の『NINAGAWA 十二夜』ではシェイクスピアの本場・イギリスでも公演し、2017年10月に上演された新作歌舞伎『極付印度伝(きわめつきいんどでん)マハーバーラタ戦記』に挑み、話題となった。ナウシカと対をなすトルメキアの皇女・クシャナは中村七之助が演じる。そのほか、尾上松也、坂東巳之助、尾上右近も出演。

【コメント】
鈴木敏夫/スタジオジブリ プロデューサー 
ナウシカを古典歌舞伎でやる。それが面白いと思ったし、どういうものが出来るのか楽しみです。一観客として、楽しませて貰います。


〈公演情報〉
新作歌舞伎『風の谷のナウシカ』
原作◇漫画「風の谷のナウシカ」宮崎駿
脚本◇丹羽圭子
演出◇G2
出演◇尾上菊之助、中村七之助、尾上松也、坂東巳之助、尾上右近 ほか
2019年12月◎東京・新橋演舞場




『暗くなるまで待って』


kick shop nikkan engeki