_GK16349_2

本格文學朗読演劇シリーズ「極上文學」第13弾『こゝろ』が、12月13日から18日まで、紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYAにて上演中だ。
「極上文學」とは、原作者の様々な作品を織り交ぜ、日本文學の上質な世界観を立体的に表現し、ワンランク上のこだわりのスタイルが人気のシリーズ。読み師”であるメインキャストの周りを“具現師”が舞い、“語り師”が彩りを添える。マルチキャスティング制により、組合せを日替わりで上演し、変化のある公演であることも魅力だ。
 
_GK16695

第13弾となる今作では、作品のファンから最も希望が多かった夏目漱石の『こゝろ』。
「自分は寂しい人間だ」「恋は罪悪だ」。断片的な言葉の羅列にとまどいながらも、奇妙な友情で結ばれている「先生」と私。ある日、先生から私に遺書が届いた。「あなただけに私の過去を書きたいのです…」。遺書で初めて明かされる先生の過去。のちに妻とする下宿先のお嬢さんをめぐる、親友Kとの秘密。エゴイズムと罪の意識の狭間で苦しむ先生の姿が克明に描かれた遺書──
時代をこえて読み継がれる夏目漱石の最高傑作だ。

【キャスト】
「私」櫻井圭登、内海啓貴
「K」芹沢尚哉、松井勇歩(劇団Patch)、釣本 南(Candy Boy)
「妻」白石康介、東 拓海
「先生」藤原祐規/平野 良 
 
_GK16525
_GK16583
_GK16810
_GK16897
_GK16913
_GK27242

【コメント】

開幕の前日、公開場当たり(櫻井圭登、松井勇歩、東 拓海、平野 良が出演)とマスコミ向けのフォトセッションが行われ、読み師の櫻井圭登、内海啓貴、芹沢尚哉、松井勇歩、釣本 南、白石康介、東 拓海、藤原祐規、平野 良と、語り師の沢城千春が登壇した。
 
_GK16321-3
白石康介、芹沢尚哉、藤原祐規、内海啓貴、釣本南 
東拓海、松井勇歩、平野良、櫻井圭登、沢城千春 
 
櫻井圭登
僕自身「極上文學」シリーズ初参加なんですけども、毎日組み合わせが変わるという事で、役者として本当に刺激的な毎日を過ごしているなととても感謝しております。本当に緊張で吐きそうなのですが(笑)、自分らしさを出しつつ、他のキャストの方々の方々に助けてられて、全身全霊で『こゝろ』を愛して、演じ切りたいと思います。是非最後まで応援よろしくお願い致します。

内海啓貴
この極上文學『こゝろ』は耳だけではなくて、色彩や、肉体の動きなど、耳と目で色んな感じ方の出来る他の朗読劇には無い舞台になっているのではないかなと思います。ご来場頂いたお客さまの心を動かせるように、僕は“私”役を一生懸命、最後まで演じ切りたいと思っております。

芹沢尚哉
「極上文學」という歴史のある、ずっと続いているシリーズに出演させていただき本当に嬉しく思っています。恐らく、演劇界の中でも本格的な文学作品にお客さまが触れる機会が少なくなってきている中で、こういった作品に関わることが出来て嬉しく思いますし、普段お客さまが感じられない物を伝えられたらいいなと思っています。日によってキャストの組み合わせが変わるのもこの作品の醍醐味かなと思いますので、是非色んなキャストの組み合わせも楽しみにしつつ、『こゝろ』を楽しんで頂ければ嬉しく思います。その為にも全力で頑張りたいと思います。

松井勇歩
僕は「極上文學」に出演させて頂くのは今回が初めてなのですが、こんなに素敵な作品に関われたことが役者として本当に幸せだなと思っております。この作品が持つ力や美しさ儚さを、僕たちが板の上で演じることによって、より鮮明にみなさまに届けることが出来たらなと思っております。 
 
釣本南
僕は人としてこの「極上文學」という作品の世界観がとても好きで、ファンだったものですから、こうして「極上文學」のとても素晴らしいキャストのみなさまの一員になれてとても嬉しく思います。Kは3人の役者で演じるのですが、自分にしか出来ないKをお客さまにお見せ出来たらと思います。是非楽しみにしていて下さい。

白石康介
僕が3年前に初めて舞台に立ったのがここの劇場で、その時は朗読劇のアンサンブルで出演させて頂いたのですが、こうして役を頂いて、サザンシアターに帰って来れたのが本当に嬉しく思います。しっかりと成長した姿をお客さまに見せられるように頑張っていきたいと思います。

東 拓海
今作はマルチキャスティング方式という事で、毎回違う方と稽古をすることが、とても楽しくて。本当に1人変われば雰囲気が変わる作品なので、全公演・毎公演違った『こゝろ』が見られると思います。楽しみにしていて下さい。 

沢城千春
僕自身あまり文学というものに慣れ親しんできていないタイプの人間なので、文学はすごく難しいのかなという印象があったのですが、「極上文學」はキャストの方々が動いてくれて非常に分かりやすく文学を見ることが出来ますので、是非若い方やまだまだ文學に慣れ親しんでいない方にも見て頂ければ嬉しいなと思っております。一生懸命頑張りますのでよろしくお願い致します。 

藤原祐規
『こゝろ』という多くの人が知っている、昔から日本で愛されてきた作品をこうして舞台化するというのは、とってもプレッシャーではあるんですけども、マルチキャスティングではありますが皆で心を繋いでお客さまに良いものを見せられるように、千秋楽までより良いものを目指して、頑張っていきたいと思います。 

平野良
夏目漱石の、後期三部作と言われる内の一つの『こゝろ』に出演をできるのを今回僕自身凄く楽しみにしておりました。文学に馴染みのない方も夏目漱石の顔は昔の千円札で見たことあるかと思うんですけども、その夏目漱石が最後の方で書いた作品が『こゝろ』で、僕は凄い想いが籠もっているなと思っています。いつの時代も文學は、人が人に書いて残しているものだと思っているので、時代関係無くみなさまの心にも届くと思っております。本格的な文学作品ですけれども、見目麗しい男子たちがあんな姿やこんな姿になって、「これ大丈夫なのかな!?」というところまでお見せする、色んな素肌や素顔を見れるという事だけお伝えしておきたいと思います(笑)乞うご期待! 

_GK6283-3
毛利光汰、白石康介、芹沢尚哉、藤原祐規、内海啓貴、釣本南、小野田唯、古賀雄大
福島悠介、東拓海、松井勇歩、平野良、櫻井圭登、沢城千春、百瀬友水


〈公演情報〉
チラシビジュアル
 
本格文學朗読演劇シリーズ
極上文學 第13弾『こゝろ』
原作◇夏目漱石
演出◇キムラ真(ナイスコンプレックス) 
脚本◇神楽澤小虎(MAG.net) 
音楽◇橋本啓一。 
出演◇
【読み師】「私」櫻井圭登、内海啓貴 「K」芹沢尚哉、松井勇歩(劇団Patch)、釣本 南(Candy Boy)「妻」白石康介、東 拓海 「先生」藤原祐規/平野 良
【語り師】伊東健人、駒田 航、沢城千春、寺島惇太、西山宏太朗、野上 翔、村田太志 (五十音順)
【具現師】福島悠介、百瀬友水(ナイスコンプレックス)、毛利光汰、小野田 唯、古賀雄大(五十音順):櫻井圭登、内海啓貴 
●12/13〜18◎紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA

c2018 CLIE/MAG.net   


【資料提供/CLIE 撮影/鏡田伸幸】




『暗くなるまで待って』


kick shop nikkan engeki