板垣内藤

2011年から続いている、明治座の年末恒例「祭シリーズ」。日本の歴史に題材を求めた芝居と、出演俳優たちのキャラ祭りでもあるオリジナルユニットショーという、3部仕立てで構成された4時間超えの舞台は、「この舞台を観ないと年が越せない!」という多くのファンを生み出し続けている。その公演が12月28日に開幕する。(31日まで。そののち2019年1月19日梅田芸術劇場メインホールで上演)

そんな平成最後の「祭シリーズ」の中の芝居、戦国最強と謳われた武田軍誕生秘話を描いた『風林火山す・る』で、W主演の1人として山本勘助を演じる内藤大希と、演出の板垣恭一が「祭シリーズ」に懸ける想いを語り合ってくれた「えんぶ12月号」のインタビューを、別バージョンの写真とともにご紹介する。 

キック0009
内藤大希 板垣恭一 

ここにしかない面白さの詰まったステージ!

──年末の風物詩ともなりました「祭シリーズ」ですが。
板垣 もう8年になりました。そんなに経ったのか! と思うんですけど。
内藤 僕は去年初参加させて頂いたんですが、お芝居の1幕、2幕があって更にショーがある、3部構成の作品が初めてだったので、とても新鮮でした。板垣さんが役者の持っているスキルを引き出してくださる公演だなと。
板垣 うん、そもそも芝居でも笑いでも良いし、(内藤)大希のように歌が得意なら歌、それぞれのスキル、得意技をマックスに発揮してもらって「面白ければ良いじゃん」を目指したシリーズだからね。というのも、スタートした当時は「2.5次元」なんて言葉も今ほどあまり聞かなくて『テニミュ』出身とか戦隊出身の「イケメン」と呼ばれていた男の子たちが集まったんだけど、これ書いてくれていいんですが、「芝居下手にもほどがある!」という連中が多くて(爆笑)。で、この連中とやるんだったら、自分も彼らも持っているスキルをすべてぶちこみ、これでもかと盛りこもうと。大希が初めてだったと言った3部制にしても、明治座の通常の公演が1幕、2幕芝居、3幕歌謡ショーでトータル4時間というフォーマットだったから、じゃあその形に嵌めましょうと。
内藤 明治座ありきのスタイルだったんですね! 知らなかった!
板垣 そう、そのまま頂いたんだけど(笑)。それによって、どこにもないジャンルというか、ここだけの面白さが詰まったシリーズになったなと思います。

キック0015

ゴリッとした強さが出てくることに期待して

──その舞台で今回主演を務めるにあたっては?
内藤 もしこの企画がなかったら、僕が明治座に立たせて頂く機会自体がそうそうなかったと思うんです。やはりこれだけの大舞台に立てることは自信になりますし、ましてそこで主演をさせて頂けるのは本当にありがたいことだと思っています。 
──先ほど引き出してもらえるという話がありましたが、板垣さんの演出については?
内藤 友人からの前情報としてめちゃくちゃ怖い方と聞いていたんですが(笑)。全然そんなことなくて。
板垣 それは相手による(笑)。
内藤 板垣さんがお持ちの演劇理論をまず教えてくださって、そこにのっとっていれば自由にやらせてもらえるし、自分がなんとなくこの辺りにいた方がいいかな? と感覚でやっていたことも、すべて理論で説明して頂けるのですごく腑に落ちるんです。だから他の人の稽古を観ていても勉強になるし、稽古場がとても濃密です。怖くない(笑)。
板垣 だから相手によるの!(笑)俺は、大希は普段見せないようにしているけど、実はすごく熱いものを持ってると思うから、それが舞台に出るといいなと。当たってる?
内藤 内弁慶ではあります。
板垣 そこが破れると今回の山本勘助のキャラにも合うと思うし、武田晴信の佐奈宏紀君とのコンビとしてもとても良いんじゃないかな。刀で斬るというよりこん棒で殴るような(笑)、ゴリッとした強さが出てくることに期待したいです。
内藤 頑張ります!  これだけの人気シリーズを背負わせてもらうので、まず気持ちだけは絶対に負けないように、佐奈君と二人で昨年を超えるものをお届けできるように全力で臨みますので、年忘れに、是非楽しみに劇場にいらして下さい!

キック0004
内藤大希 板垣恭一 

いたがききょういち〇劇団第三舞台を経て演出家に。小劇場、大劇場、ストレートプレイ、ミュージカルと幅広いジャンルで数々のプロデュース公演を演出し多彩な活躍を続けている。近年の主な演出作品に『フランケンシュタイン』『あさひなぐ』『ゆく年く・る年冬の陣 師走明治座時代劇祭り』『カラフル』『In This House 最後の夜、最初の朝』『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』『グーテンバーグ!ザ・ミュージカル2018』『カクタス・フラワー』など。 

ないとうたいき〇神奈川県出身・幼少時より現在まで、数々のミュージカル、ストレートプレイ、コンサートなど、幅広い舞台で活躍を続けている。近年の主な舞台出演作に、ミュージカル『Dance withDevils〜Fermata〜』、オリジナル・ミュージカル『DAY ZERO』、『野球〜飛行機雲のホームラン〜』、『若様組まいる〜若様とロマン〜』音楽劇『Love's Labour's Lost』など。来年は、2017年に続き2019年4月からのミュージカル『レ・ミゼラブル』マリウス役(帝国劇場・全国公演)の出演も控える。


〈公演情報〉
歳が暮れ・るYO画像
 
『歳が暮れ・るYO明治座大合戦祭』
演出◇板垣恭一
脚本◇ほさかよう
出演◇佐奈宏紀(W主演) 内藤大希(W主演)/辻本祐樹
泉見洋平貴城けい加藤茶 ほか
●2018/12/28〜31◎明治座 
2019/1/19◎梅田芸術劇場 メインホール
〈お問い合わせ〉東京・明治座チケットセンター03-3666-6666(10時〜17時)、 
        大阪・梅田芸術劇場06-6377-3800(10時〜18時)
〈公演HP〉http://le-himawari.co.jp/releases/view/00752



【取材・文/橘涼香 撮影/岩田えり】



方南ぐみ企画公演『伊賀の花嫁』


kick shop nikkan engeki