BO_メインカット

権力、エゴ、人種の偏見をめぐる現代の人間の戦いを、手に汗にぎる会話劇で抉り出す傑作『BLUE/ORANGE』が、2019年3月29日から4月28日まで、東京・DDD青山クロスシアターにて上演される。 
『BLUE/ORANGE』は、ロンドンの精神病院でのある24時間を、1人の精神病患者と2人の医師によって織り成す会話劇。2000年にイギリスで上演されるやその鋭い視点が大き反響を呼び、2001年にはウェストエンドで上演、2005年にはBBCでドラマ版が放映された。日本では2010年に初演され、当時も出演した成河は、第18回読売演劇大賞優秀男優賞を受賞。今回は9年ぶりの再演となる。

【STORY】
ロンドンの精神病院。境界性人格障害のために入院していたアフリカ系の青年クリスは、研修医ブルースによる治療を終えて退院を迎えようとしている。しかしブルースには気がかりなことがあり、退院させるのは危険だと主張していた。上司のロバート医師はそれに強く反対し、高圧的な態度で彼をなじる。納得のいかないブルースはクリスへの査定を続け、器に盛られたオレンジの色を問う。彼はそのオレンジを「青い」と答えた――。

翻訳を手掛けるのは小川絵梨子。演出は初演時に演出と研修医・ブルース役を務めた千葉哲也が、再演も演出を手掛けるとともに、俳優としてはロバート医師を演じる。また初演では境界性人格障害患者の青年クリス役を演じた成河が、今回の再演では研修医ブルース役に、今回新たに出演する若手実力派の章平が、青年クリス役を演じる。
 
〈公演情報〉
BO_サブ素材_ロゴ
シーエイティプロデュース
舞台『BLUE/ORANGE』
作◇Joe Penhall
翻訳◇小川絵梨子
演出◇千葉哲也
出演◇成河 千葉哲也 章平
●2019/3/29〜4/28◎DDD青山クロスシアター
〈料金〉7,800円(全席指定・税込)
〈一般発売〉2019年1月19日(土)
〈お問い合わせ〉チケットスペース 03-3234-9999  





方南ぐみ企画公演『伊賀の花嫁』


kick shop nikkan engeki