★_MG_1970
  
-WAVE開局30周年プロジェクトとして、10周年を迎える松居大悟率いる劇団ゴジゲンとコラボレート、ラジオと舞台のJUMP OVER(越境)を目指す新作舞台がスタートした。
作・演出は、劇団ゴジゲンの作・演出・主宰をつとめている松居大悟。映画『君が君で君だ』や、ドラマ『バイプレイヤーズ』シリーズのメイン監督であり、ミュージックビデオ制作など数多くの作品を世に送り出している。
松居がナビゲーターを務めるJ-WAVEの番組「JUMP OVER」では、“稽古場ラジオ”と題して、創作の様子をリスナーに発信し、リスナーの声を創作に反映させる取り組みが行われている。舞台作品のロゴマーク選定からオーディション、稽古まで、普段は参加することのできない舞台制作の過程を公開し、リスナーと一丸となって本多劇場のステージを目指すという企画だ。

同番組のオリジナルテーマ曲も担当した石崎ひゅーいが、今回のコラボで舞台の音楽監督に初挑戦。さらに映像のみならず、昨年は妄想歌謡劇団『上を下へのジレッタ』など舞台でも活躍する本仮屋ユイカが主演。キャストは800名以上から選ばれた多彩な経歴のリスナーなど、個性豊かな出演者たちが集まった。

★_MG_1955
★_MG_1959

 【囲みインタビュー】
 
その舞台が本日、初日を前に公開フォトコール及び囲み取材を行った。  

kakomi.
ゆうたろう 玉置玲央 前田航基
松居大悟 本仮屋ユイカ 石崎ひゅーい

 
松居大悟(作・演出)
昨日のプレビュー公演は観てくれた人たちは興奮している様子で、僕たちのラジオ愛が伝わったのかなと。ラジオを信じる思いをもっと伝えたいと思いました。「みみばしる」という言葉は造語で、普段受信しかできない耳で聞いたことから「口ばしる」ように行動し、発信する側になるという意味です。この作品を観て、何かを感じて、受信者から発信者になるきっかけになればいいなと思います。SNSをやってる人も多いと思うので、観た後は必ず1ツイートは必ずしてくれるとうれしいです(笑)。

石崎ひゅーい(音楽監督)
最初に松居くんからプロットを貰い、僕の家に来て特製の「ひゅーちゃん鍋」を作りながら、ああしたいこうしたいと相談して、作っては松居くんに投げてを繰り返すのが楽しかったです。自分で作った歌がセリフに反映されたり、舞台のセリフが歌詞になったりと、音楽と舞台が今回のテーマでもあるクロスオーバーできて満足です。ラジオ発の舞台という初めての試みをチームで思いっきり走ってる姿を見てもらい、一緒に走ってほしいです。

本仮屋ユイカ
今回が舞台初主演ですが、正直あまりピンと来ていないです。キャスト一人一人が熱く、輝いていて、使命感を持って舞台に立っているので、皆が主役だと思っています。演技を初めてする人もいて、その人は本物のリスナーとして舞台上に存在しているというのが不思議な感じ。このチームでいられて幸せです。この舞台に出てくる人たちはラジオがないと生きていけないほどラジオが好きなのですが、これだけはないと生きていけないというものが誰にでもあると思うので、自分の物語として観ていただいて、私が演じる妙子の感じる窮屈さに共感し、彼女がいろんなことを乗り越える爽快感を感じて欲しいです。
 
★_MG_1982

玉置玲央
出演者も観てくれる人もいろんなジャンル、年齢、経歴の人がいて、バラバラな人たちが垣根を越えて一つの場所に集まれるのが、この作品の魅力だと思っています。ラジオの企画から始まって、約1年間、いろんな人がこの作品に関わってくれていて、そうした人たちと、これから観劇する人たちとも平等に同じ価値のある作品にしていければと思っています。

前田航基
幼い時、自分の引っ込み思案を心配した親に養成所へ入れられたのが芝居を始めるきっかけで、主人公の妙子と同じように僕ももともと受信者で、似ているなと思いました。今年、成人で、成人式と成人式には出席できなかったけれど、稽古場で祝っていただいたので、後悔はしていません。稽古を通して、たくさん悩んでたくさん落ち込み、この舞台の千穐楽が自分の成人式だと感じられるであろうくらい成長させてもらいました。千穐楽が成人式になるように頑張っていきます。

ゆうたろう
前田くんと同じように成人を迎えて、節目でこの作品に参加できて嬉しいです。僕も元々、内にこもる性格でしたが、洋服がきっかけで発信者になれました。顔合わせの時に松居さんから一人一人受信者か発信者か聞かれたのですが、出演者それぞれのその回答が役にも反映されていて、そこも面白いと思います。誰でも発信者になれるSNS、ネット社会に生きる現代の人にこそ観てもらいたいです。

〈公演情報〉
MAIN
 
舞台『みみばしる』
作・演出◇松居大悟 
音楽監督◇石崎ひゅーい
出演◇本仮屋ユイカ(以下50音順)
市川しんぺー(俳優/劇団「猫のホテル」) 祷キララ(俳優・大学生) 工藤真唯(保育士) 小松有彩(会社員) 鈴木翔太郎(大学生) 鈴政ゲン(俳優) タカハシマイ(ミュージシャン/Czecho No Republic ) 玉置玲央(俳優/劇団「柿喰う客」) 仲山賢(高校生) 奈良原大泰(アルバイト) 日高ボブ美(俳優/劇団「□字ック」) 藤井克彦(楽器屋店員・ブロック塀研究家) 前田航基(俳優・大学生) 三浦俊輔(俳優・大工) 宮平安春(庭師) 村上航(俳優/劇団「猫のホテル」) 目次立樹(俳優/劇団「ゴジゲン」) 本折最強さとし(俳優/劇団「ゴジゲン」) ゆうたろう(モデル・俳優・ショップ店員) 
歌・演奏◇ワタナベシンゴ (THE BOYS&GIRLS)
●2019/2/7〜17◎下北沢 本多劇場
〈公演HP〉https://mimibashiru.com
●2019/2/23〜24◎福岡 久留米座(福岡県久留米市六ツ門町8-1)
●2019/3/1〜3/3◎大阪 近鉄アート館 (大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43あべのハルカス近鉄本店ウイング館8階)







音楽劇『ライムライト』


kick shop nikkan engeki