稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

『ハンサム落語第十幕』

イベントガイド

川村毅の新作・演出 舞台『レディ・オルガの人生』9/29、吉祥寺シアターにて開幕!

1987年作『フリークス』リーディングを経て、
いよいよ川村毅新作・演出『レディ・オルガの人生』が開幕する。

フリークスと同様、映画「グレイテスト・ショーマン」でも描かれた、リングリング・ブラザーズ・アンド・バーナム・アンド・ベイリーサーカスを彷彿とさせるこの舞台。
「レディ・オルガ」は、このサーカスのサイドショウのスタア、実在の「髭女」の名前!

同じくサーカス団員の「双子」の役で出演する二人からメッセージが届いた。

agasa_rio
岡田あがさ  原田理央

●双子の「姉」役、岡田あがさです。
今回の見どころは、まずは集まった出演陣の皆々様の濃さ、溢れ出る個性でしょうか。
そしてみんなでつくりあげる奇想天外なショータイム、サーカス模様です。
摩訶不思議で、なぜか懐かしいような不思議な空間に皆様を導ければと思い稽古に励んでおります。

川村毅さんの筆によって鮮やかに描かれる渡辺真起子さん演じる髭女ことレディ・オルガの生き方を皆さまの目に焼き付けていただけますように。
蘭妖子さんの唄声が吉祥寺シアターに響き渡る幸せな時間もお楽しみになさっていただきたいです。

自分は今回、素敵な原田理央さんとペアの役をやらせていただいており試行錯誤を重ねながら二人で役をつくっているところです。
生きづらい世の中の景色を変えてくれるような作品です。(岡田あがさ)


●今回初めてティーファクトリーに参加させて頂く、双子の「妹」役、原田理央です。
もともと川村さんの戯曲がとても好きなので、稽古でも作品そのものに想いを巡らせて一歩ずつ積み上げています。

座組では最年少なのですが、共演させて頂くのはカラフルで魅力的な先輩方ばかり!皆さん個性的で素敵で、稽古中も休憩中もずっと目が離せません(笑)
個人的には、岡田あがささんと心身ともに一緒に役を演じているので、それがやり甲斐でもあり挑戦です。
一人では味わえない贅沢な演技体験の連続!難しさもありますが、二人の人間がこうも一緒にいる面白味をまるごと表現したいと思っています。

人と違うことを恐れたり、ありのままでいることを不安に感じたりすることもありますが、最近は作品の中の「私達みんなが不思議人間!」という台詞に背中を押されています。わたしは私、と胸を張りたくなるような作品を劇場でお届けできたらと思います!(原田理央)

【プロフィール】
岡田あがさ(左)
おかだあがさ○一人芝居から商業演劇の大舞台まで多彩な役柄を演じている。近年の出演作に、ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』、PARCOプロデュース『コインロッカー・ベイビーズ』、映画『この世はありきたり』主演など。

原田理央(右)
はらだりお○ニューヨークHB Studioで演劇を学び、オフブロードウェイ等で4年間活動。2017年に帰国後は、ミス日本酒岐阜代表としての活動や、劇団「柿喰う客」に所属するなど、俳優・モデルとして幅広く活動を行っている。

【公演情報】
olga
ティーファクトリー
『レディ・オルガの人生』
作・演出◇川村毅
出演◇渡辺真起子 笠木誠 岡田あがさ 砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆) 
中村龍介 白川大(さいたまネクスト・シアター) 浜田えり子
原田理央(柿喰う客) 間瀬英正 高木珠里(劇団宝船)
伊東潤(東京乾電池) のぐち和美(青蛾館/カクシンハン) 蘭妖子
9月29日(土)〜10月8日(月祝)◎吉祥寺シアター

【予約・問合せ】ティーファクトリー info☆(→@)tfactory.jp 
Tel.03-3344-3005 

『ハンサム落語第十幕』


kick shop nikkan engeki

アパレルブランドをフィーチャーした舞台「楽屋−流れ去るものはやがてなつかしき−」に若手実力派美女8名が挑む!

アパレルブランドをフィーチャーした演劇公演、若手実力派美女8名による舞台「楽屋−流れ去るものはやがてなつかしき−」がこの10月に上演される。
カーテンコールはファッションショーとなっており観客もプレスのように撮影可能、クリエイター陣はアーティスト揃いという新企画。この有名な4人芝居に挑戦する8名の美女達からコメントをもらった。
MAIA
(左から)
上段:浅野鼓由希 日里麻美 荒木未歩
中段:ひかり 伊澤恵美子
下段:Clara 守崎二花 菅沼美咲

【出演者8名からのメッセージ】

浅野鼓由希(上段左)
お芝居がもちろん見所ですが、舞台美術やキャストの衣装メイクも必見!今までにない楽屋になってます!

荒木未歩(上段右)
カーテンコールも見所の1つ!kemonoさんの衣装でファッションショー!撮影可能です!

伊澤恵美子(中段右)
美しい衣装に身を包み、4人(×2!)の女優が、女優の生き様演じます!何人の人生を見つけられるでしょう?

守崎二花(下段中)
Pから可愛い、女優が可愛い、衣装が最強に可愛い、女の子も楽しめる舞台です!楽しませます。

日里麻美(上段中)
4人芝居、どのシーンも4人から目が離せないようなものを皆で作ります、お楽しみに!

ひかり(中段左)
クリエイターチームには、豪華すぎるアーティスト軍が揃い、作品に一層華が添えられています!

Clara(下段左)
女優にkemonoの服をプレゼントできる「花より団子システム」気になる方は要チェック!

菅沼美咲(下段右)
4人の女性役者の楽屋でのお話。「本当の幸せ」とは。kemonoさんの衣装も必見です!

〈あらすじ〉
 楽屋。亡霊になった女優Aと女優Bが楽屋で念入りに化粧をしながら、永遠にやっては来ない出番にそなえている。今上演中なのはチェーホフの「かもめ」。主役のニーナ役の女優Cが楽屋に戻って来ると、プロンプターをつとめていた女優Dがパジャマ姿でマクラを抱えて現れる。

 女優Dは精神を病み入院していたが、すっかりよくなったから、ニーナ役を返せと女優Cに詰め寄る。言い争いになり、女優Cは思わず女優Dの頭をビール瓶で殴ってしまう。女優Dは起き上がってふらふらと出て行くが、女優Cが楽屋を出ていった後に戻ってくる。今度は亡霊のAとBが見えている。打ち所が悪く死んでしまったようだ。ニーナ役が欲しくて精神異常になった若い女優がまた一人死んだ。

 3人になった楽屋の亡霊は、何かの拍子にやって来るかもしれない出番のために稽古を始める。「わたしたちだけがここに残って、またわたしたちの生活を始めるのだわ。生きていかなければ、…生きていかなければ…」

【公演情報】
gakuya

MAIA STARSHIP主催
FASHION × STAGE = Fastagion!!!
『楽屋−流れ去るものはやがてなつかしき−』
脚本◇清水邦夫
演出◇麻衣阿(MAIA STARSHIP)
出演◇
女優A……浅野鼓由希 日里麻美
女優B……荒木未歩 ひかり
女優C……伊澤恵美子 Clara
女優D……守崎二花 菅沼美咲

10/17(水)〜21(日)◎ART THEATER かもめ座
〈料金〉スペシャルシート7,000円(最前列/キャストの集合写真付き・税込) A席5,500円(2列目以降 自由席・税込)

公演詳細



トム・プロジェクトプロデュース『男の純情』


kick shop nikkan engeki

藤田俊太郎と伊礼彼方をゲストに迎え、トークショー「Bumpy Lens 〜劇場で出会ったクリエイティブな人たち」第5回を開催!

keyvisual

東京で大型劇場が密集する丸の内〜有楽町エリアで、周辺オフィスや都内近郊のワーカーを対象とした、エンターテインメントシティならではのトークショーシリーズ。
劇場を職場として活躍するアクター/クリエイターをゲストに招き、同エリアに根ざした文化資源である「舞台芸術」の魅力を伝える他、一流プロフェッショナルの話を聴くことで、参加者自身のあらゆる仕事へのヒントを持ち帰ってもらうことを目的としている。
ナビゲーターは、OL経験があり、各メディアの取材記事で俳優の等身大の素顔を引き出す写真とインタビューが人気のフォトグラファー・ライターの岩村美佳。今回は、第2回の出演時に大好評だった演出家・藤田俊太郎が再登場! また第二部には追加ゲストとして伊礼彼方も登場。上演中の人気ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』について、演出家と俳優がクリエイティブな話を繰り広げる!

■プロフィール
藤田俊太郎プロフィール画像
演出家/藤田俊太郎 
1980年生まれ、秋田県出身。2005年、東京藝術大学美術学部先端芸術表現科卒業。在学中の2004年、ニナガワ・スタジオに入る。2016年まで蜷川幸雄作品に演出助手として関わる。絵本ロッバンド「虹艶(にじいろ)Bunny」としてライヴ活動展開中。主な作・演出作に、『喜劇一幕・虹艶聖夜』(11年)、主な演出作に、さいたまネクスト・シアター『ザ・ファクトリー2 話してくれ、雨のように……』(12年)、『手紙』『sound theaterVI』『Take Me Out』(16年)、『手紙2017』『ダニーと紺碧の海』『ピーターパン』『sound theater察戞LOVE LETTERS』(17年)『Take Me Out 2018』(以上18年)。『The Beautiful Game』(14年)の演出にて第22 回読売演劇大賞優秀演出家賞・杉村春子賞、『ジャージー・ボーイズ』(16 年)の演出にて第24 回読売演劇大賞最優秀作品賞・優秀演出家賞、『ジャージー・ボーイズ』『手紙2017』の演出の成果に対して第42回菊田一夫演劇賞を受賞。2019年1月には、ミュージカル『VIOLET』演出でロンドンデビューを控える。 

伊礼彼方プロフィール画像
俳優/伊礼彼方
沖縄出身の父とチリ出身の母との間に生まれ、幼少期をアルゼンチンで過ごす。中学生の頃より音楽活動を始め、2006年舞台デビュー。ジャンルを問わず多数のミュージカル、ストレートプレイ、朗読劇、ラジオドラマなど役柄を問わず幅広く活躍中。近年の主な出演作に、舞台『Romale〜ロマを生き抜いた女カルメン〜』『メンフィス』『ビューティフル』『王家の紋章』『スリル・ミー』等。9月『ジャージー・ボーイズ』(再演)、2019年には『レ・ミゼラブル』ジャベール役にて出演予定。https://ireikanata.com/


【コメント
ナビゲーター 岩村美佳
Bumpy Lens第5回は、第2回にお迎えした演出家・藤田俊太郎さんをゲストにお迎えするアンコール企画。さらに、スペシャルゲストに俳優・伊礼彼方さんをお迎えするというスペシャルな内容でお届けします。前回のトークでは、藤田さんのお話が面白すぎて、時間が全く足りないという事態に……。「続きが聞きたい!」というお客様からの熱いご要望にお答えして、アンコールを企画しました。
しかも、只今、日比谷・シアタークリエで絶賛上演中、ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』の演出家である藤田さんと、チームBLUEのトミー・デヴィート役の伊礼さんという組み合わせ。大盛り上がりのジャージー熱を、Bumpy Lensへ持ち込んで頂き、作品についてはもちろん、お互いの仕事の視点から、おおいに語り合って頂きたいと思っております。レアなふたりの組み合わせによる熱いトークをぜひ聞きにきてください。私自身も大好きなミュージカル『ジャージー・ボーイズ』。更なる視点や発見も増えると思います。ぜひご一緒に楽しみましょう。ご参加を心よりお待ちしております!

岩村美佳プロフィール画像
フォトグラファー・ライター/岩村美佳
ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。子供の頃から舞台、歌、踊りが好き。小学校4年生の時、初めて宝塚をみて虜になった。幼稚園の発表会からはじまって、演劇クラブ、ミュージカルサークルなどを巡ってきた。ウェディング衣装メーカーに入社したときも、志望理由は舞台衣裳に似ていたから。振り返れば筋金入りの舞台ファン。世界で一番好きなのは「猫」。Twitter ID @ nyanyaseri

トークショー「Bumpy Lens #5〜劇場で出会ったクリエイティブな人たち〜」
ナビゲーター岩村美佳
ゲスト藤田俊太郎(第一部・第二部) 伊礼彼方(第二部)
日時:9月28日(金) 19:00〜20:30(18:30 開場)
場所:阪急メンズ東京8F イベントルーム(東京都千代田区有楽町2-5-1)
〈料金〉 4,000円 ※好評につき「立ち見席」を追加。
 




トム・プロジェクトプロデュース『男の純情』


kick shop nikkan engeki 

劇団スタジオライフの舞台版『はみだしっ子 〜in their journey through life〜 』がこの秋、東京と大阪で上演。

hamidashi

昨年秋にスタジオライフが初めて舞台化し好評を博した『はみだしっ子』の待望の続編が今秋東京と大阪で上演される。
本作は早世のマンガ家・三原順により1975〜1981年に発表された同名の傑作マンガを原作としたもので、親に見捨てられたり親を見限って家出したりといった事情を抱え共同生活を送ることになった少年4人の、心の彷徨と成長を描く物語だ。
原作の中から前回描き切れなかったエピソードの続きを、前回と同じ4人組(トリプルキャストなので3チーム、総勢12人)が初演時と同じ役で戻ってくるという。さらに物語の深化に期待が高まるなか少年アンジー役を演ずる松本慎也からメッセージが届いた。

Mr.Matsumoto

【松本慎也(俳優/劇団スタジオライフ)メッセージ】
これまで数々の名作を舞台化させていただく幸運に恵まれてきましたスタジオライフですが、『はみだしっ子』の主人公達は5歳から7歳!の少年…。原作を愛するファンの方々に受け入れていただけるのか、そんな不安と共に幕を開けた昨年の初舞台化でしたが、あたたかく受け入れて下さったファンの皆様、劇場いっぱいのお客様のおかげで、今回こんなにも早く続編の上演が実現しました!
また、前回グレアム、アンジー、サーニン、マックスをトリプルキャストで演じた全員が今回も同じ役で出演する事で、さらに色濃く役と関係性を構築できると期待しています。
心を捉えて離さない魅力的な登場人物たち、傷つきながらも愛と居場所を求め続ける姿、誰しも心に響く普遍的なメッセージに溢れた、深く広大な原作のストーリーを、焦らず丁寧に、愛と尊敬をもって、誰が観ても楽しんでいただける演劇作品となるよう、劇団員一同真摯に稽古に励んでいきたいと思います。ぜひ劇場にお越し下さい!

〈公演情報〉
hamidashi
スタジオライフ
『はみだしっ子〜in their journey through life〜』
原作◇三原 順 「はみだしっ子」(c三原順/白泉社) 
脚本・演出◇倉田 淳
出演◇
グレアム ...... 岩 大 仲原裕之 久保優二
アンジー ...... 山本芳樹 松本慎也 宇佐見輝
サーニン ...... 緒方和也 千葉健玖 澤井俊輝
マックス ...... 田中俊裕 伊藤清之 若林健吾
船戸慎士 牛島祥太 吉成奨人 鈴木宏明 前木健太郎 藤原啓児 他

[東京公演] 2018年10月6日(土)〜21日(日)◎シアターサンモール
[大阪公演] 2018年11月2日(金)〜4日(日)◎ABCホール

<問合せ>スタジオライフ TEL:03-5942-5067(平日12:00〜18:00)
www.studio-life.com/



トム・プロジェクトプロデュース『男の純情』


『はみだしっ子』チケットも日時・枚数限定でお得に販売中!
shop  kick nikkan engeki

鳥取市鹿野町で「鳥の演劇祭」多彩なラインナップでまもなく開幕!

38050996_1726608307456520_6783655919226978304_n
今年で11回目を迎える「鳥の演劇祭」。国内外から集まった気鋭の表現者達による上演や地元で生まれた作品たち! 上演の合間には、演劇祭直営のテーマハウスやカフェ、町歩きなども楽しめる。ここでしか見られない多彩なラインナップを、大人も子供も町内の5会場を中心にゆったりと体験。 最終週には地元の「わったいな祭」も併催。鹿野町、城下町エリアにオリジナリティ溢れるここだけの祝祭の場が作り上げられる! 9月6日(木)〜9月23日(日)鳥の劇場と鹿野町内各所で開催。

★国内外の舞台が集結!
http://www.birdtheatre.org/engekisai/program/

★演劇×子どもラボの開催!
 http://www.birdtheatre.org/engekisai/program/index.html#kids

★演劇祭直営テーマハウスなど多数出店。
 http://www.birdtheatre.org/engekisai/shikano/index.html

★アクセス・宿泊
 http://www.birdtheatre.org/engekisai/access/index.html


P4200123
【中島諒人(フェスティバルディレクター)コメント】
国内外から集まる舞台芸術の力と、地域の人や歴史や場の力が組み合わさって、ここにしかない盛り上がりをつくる鳥の演劇祭。
11回目となる今年も三週末を中心に、鳥取市鹿野町内のいろいろな場所で、演劇を中心に、楽しかったり、おもしろかったり、おいしかったり、感動したりの多彩な「出会い」をお届けします。
今回は、上演場所として二会場を新たに加え、さらに城下町エリアに演劇祭公式の食や展示の空間を設けます。国内外の優れた作品の提供と合わせて、地域の人や資源とのつながりを広げ、楽しみながら人やコミュニティについて考え、未来を想う、ここだけの祝祭の場を作ります。ぜひお越しください。(フェスティバルディレクター 中島諒人)


【公演情報】
38050996_1726608307456520_6783655919226978304_n
「鳥の演劇祭11」
期間:9月6日(木)〜9月23日(日)
会場:鳥の劇場と鹿野町内各所

○予約フォーム http://www.birdtheatre.org/engekisai/reserve/
※予約フォームは前日18時で受付終了。
○電話/FAX 0857-84-3268
○メール ticket@birdtheatre.org


kick shop nikkan engeki
記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について