稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

観劇予報は2019年2月20日に引っ越しました。
新しい記事はこちらから読めます。

イベントガイド

『劇と暮らし』presents〜ビルで働く演劇人、修了イベント2月28日に開催!

gekitokurashi towa

三井不動産ビルマネジメント株式会社とconSept LLCが合同で進める演劇プロジェクト『劇と暮らし』が2月28日19時から日本橋ホールにて第5回目のイベントとなるオープン・ワークショプ「影響し合う動きと創作のプロセス」を実施する。
 
『劇と暮らし』第5弾として立ち上がった試験的プロジェクト『ビルで働く演劇人』の対象者は、役者を目指す若者。この2月までの3ヶ月間でオーディションから演技指導までを行ってきた本プロジェクト。その成果報告を兼ねたオープン・ワークショップとなる。

gekitokurashi#2
gekitokurashi#3
gekitokurashi#4

3人の講師がオーディションで選ばれた9人のメンバーと2ヶ月間積み上げたきたものがどんなプロセスを経てどう実を結んだのか。そのエッセンスを解説しつつ、実演を交えて約2時間に凝縮したオープン・ワークショップとなっている。 
次世代の若手演者の発見や、観劇の新たな視点を得ることも出来る有意義なイベントだ。

開催日時:2月28日(木)19:00〜 18:30開場
会場:日本橋ホール(中央区日本橋二丁目5番1号 日本橋高島屋三井ビルディング9F)
参加費:2,000円(税込・自由席)

【どんなプロジェクトだったのか?】
ビルで働く演劇人

〜演劇×働き手!?〜
「劇と暮らし」の新プロジェクト「ビルで働く演劇人」は、そのタイトルが示す通り、ビルの中で働いて貰いながら演劇を学ぶという試みです。簡単にいうと社会人野球の演劇版みたいなもの。
今回はトライアル版として2ヶ月という短期間の実施になるが、いずれ「働く」「学ぶ」に「演じる」を加えビル内で演劇を継続的に上演できるプロジェクトに発展させていきたいと考えている。

〜経過〜
2018年11月にオーディションの告知を開始し、12月2日に半日かけたオーディションを実施。12月中旬にはプロジェクト参加者9名が確定し、まずはビルで働くための準備として三井不動産ビルマネジメント社のマナー研修を受ける。
2019年1月4日より9時〜17時は三井不動産ビルマネジメントの職場にて就業、18時~21時はビル内の会議室等を活用した演劇ワークショップに参加。
演出家・板垣恭一、劇作家・シライケイタ、振付家・下司尚実による延べ37日、100時間を超えるワークショップを通して、言葉、演技、身体について徹底的な研鑽を経て2月28日に修了イベントを実施。
生活することと演劇することを両立させながら、演じるプロとしての模索に明け暮れた2ヶ月間となった。

ワークショップ風景

【9人のメンバー紹介】
 
◆廣岡悠那〜紹介by 服部真由子
ひろちゃんは、個性的な人で個性的な演技をします。人が思い付かない発想の演技をします。そこが面白くて好きです。動物的な感覚で生活しているのかと思いきや、意外にしっかりしていたりもします。劇団民藝に4年ほど所属していました。石集めと裁判の傍聴が趣味で、好きな石はタングステン。タングステンは重さが金と一緒だから、コーティングしちゃえば金の延べ棒に見えるけど、中身が全然違うところ、金に偽れるところがが好きって言ってました。

◆服部真由子〜紹介by 茶谷力輝
いつも明るく元気な彼女は、三井が貸してるオフィスで働いていた時に観た板垣さんのセミナーに感銘を受け、たまたま今回のオーディション情報を見つけ、是非受けたいと思って受けたそうです!現在は社会人劇団として土日に活動中なので彼女が出ている舞台を是非見に行ってみてください☆演技の面ではいい意味で弾けられる人で本当に演じるということが好きなんだなって思います。
最近ハマってるのは韓国ドラマ!好きな食べ物はその日によって変わるそうです!!
◆茶谷力輝〜紹介by 田中佑果
力強い素敵なお名前に加えて、とても繊細で柔軟性のある優しい心をお持ちな役者さん。聞き上手で包容力もあります。今回の劇団チームではバランサーとして場を和ませてくれますし、引っ張らなきゃいけない場面では引っ張ってくれます。はい、お兄さん頼りにしています。(笑)ミュージカルをやっていて、歌、ダンス、アクロバット、アクション、殺陣も出来ちゃいます。是非、素敵な歌声を聞かせて下さい! 
 
◆田中佑果〜紹介by 鈴江真菜
タナはとっても優しくて、何よりみんなのことをとっても考えてくれているなぁ、と感じています。
先日一緒のチームになった際、シーンなどについてたくさんのことを話し合い、タナの自分の役に対してどうしていくかという悩み方、向き合い方がとっても素敵で、演技に対する貪欲なところやその真面目さ、本人に言ってはいませんが本当に尊敬しています。今回、出会えたこと、一緒に演技を出来ること、本当に嬉しく思います!
 
◆鈴江真菜〜紹介by 庄司大希
趣味は世界遺産めぐりの好奇心旺盛まなちゃん!同い年だけど演技で出してくる表情は艶があって魅力的!女も男も告白されたらイチコロです!(笑)明るくて柔らかい笑顔がカワイイみんなを癒してくれる人!
 
◆庄司大希〜紹介by 小松崎楓
山形県北部出身。高校卒業後、地元で林業会社に就職。同時に演劇の勉強を始める。2017年4月に上京。以後舞台・映像問わず精力的に都内で活動を続ける。頑固で天然だがみんなに愛されるいじられキャラ。ニックネームはソルト。理由は下北沢の塩ラーメン屋で働いているから。現在彼女募集中。
 
◆小松崎楓〜紹介by 門田奈菜
かえでちゃんは、頭良さそうだなという第一印象で、まさにその通りの子! どこからその語彙量が出てくるの?ってくらい話を聞いてると勉強になることばかり。さらに英語がペラペラ!かっこよすぎる!思ってる事や考えをきちんと言葉に出来るかえでちゃん、私はなかなかうまく言葉では表せなかったりするので、凄いなーと思っています。あと、知的でクールに見えて、照れたりすると赤面しちゃう所が好きです。笑 
 
◆門田奈菜〜紹介by 吉岡瞳
「かどたなな」ちゃんです。かわいい。おしゃれ。器用。あと歌も上手いらしい。
ときたら性格くらい悪くあってほしいんですが、いつ会っても変に肩肘を張ることなく穏やかで、明るくお茶目なので、たぶんとっても良いやつです。
難点と言えば、どこでも誰がいても断りなく着替え始めること。冷や冷やします。
お煎餅とチョコレートを愛してやまないのにとても華奢なので、いつか太ってしまえと密かに念じているところです。
 
◆吉岡瞳〜紹介by 廣岡悠那
皆の朝ドラお姉さんポジひーちゃん。
趣味は観劇と天気予報のチェック。1日に5回はチェックするんだって!いつもニコニコフワフワしているけれど有事の際には自ら矢面に立ちに行くスタイルの、相当タフな精神の持ち主。頭が良いのでその場で渡された役にもすぐに対応できちゃう凄い人。皆から朝ドラっぽいと言われることが多いが、ご本人も満更ではない様子。
 
【劇と暮らしとは?】
プロジェクトイメージ
 
2017年初春、都心の空間を何かしら文化的なことに活用できないかと模索していた三井不動産ビルマネジメント株式会社と、演劇という文化がもっと世の中に役立つための仕組みを作れないかと模索していたconSept LLCによって、演劇や演劇のメソッドを通して心と体を整えたり、暮らしを豊かにするための様々なアプローチを考え、実践して行くことを目的として『劇と暮らし』プロジェクトはスター トした。

○2017年4月29日開催 
記念すべき第1回は『五感を磨いて仕事もプライベートも生き生きと!』
劇作家の丸尾聡さんをお迎えして、普段どれだけ五感を使えていないのかを体感していただきながら少しだけ体を動かし、全身の感覚と研ぎ澄ませてみた。
○2017年10月3日開催 
第2回からは特別セミナー名目で座学にシフト。
講師に演出家の板垣恭一さんを迎えてその初回のタイトルは『演劇の演出家から学ぶ芝居で仕事と人生を3倍楽しむ考え方』
演劇のメソッドがどのように日常の考え方や行動と結びついているのかを解説。
○2018年2月26日開催 
特別セミナーの第2回目は女優3名が登場!
前回の流れを汲みつつ実践編として『芝居が立ち上がるまで。』を伝えた。演出家と役者の化学反応によって生まれた芝居の変化に、演じている役者だけでなく会場内は参加者も巻き込んでの熱気を包まれた会となった。
○2018年6月6日開催 
もっとも最近行われたのは『芝居が立ち上がるまで。2』
前回が「変化」にフォーカスしたのに対し、この回では「違い」にフォーカス。同じ役、同じ台詞の条件で演じ手が変わると芝居はどの程度変わるのか?演者の個性による芝居の違いを目の当たりにした回となった。

演劇の考え方や方法論の一部を活用して、特に社会人の方々に、自分自身の頭と心と体と向き合っていただきながら、同時に上司や部下、同僚、家族、友人など様々な状況での人との関わり方について直感的に体感していただくことで、日々の暮らしのヒントや活力を得ることに少しでも貢献できればという思いと同時に、普段演劇に触れる機会が少ない社会人の方々に「演劇」をほんのり感じて体感していただく機会になればという思いを込めて活動を続けている。
 


『僕のド・るーク』


kick shop nikkan engeki

T-worksが3月に村角太洋(THE ROB CARLTON)作・演出で『THE Negotiation』を大阪・東京で上演!

THENegotiation
撮影:堀川高志

T-worksは、関西を拠点に活動している女優・丹下真寿美の魅力を全国に広めるべく立ち上げたユニットで、2018 年の第1回公演では、後藤ひろひと作・演出による『源八橋西詰』を大阪・東京で上演。関西小劇場の演劇ユニットの旗揚げとしては異例の1500 人以上を動員した。
今回の第2回公演ではその勢いを次につなげんと、上質なシチュエーション・コメディ作品を作って東西で動員を拡大しつつある、期待の若手作家THE ROB CARLTONの村角太洋が作・演出を担当。出演は「名探偵コナン」の毛利蘭役でおなじみの声優山崎和佳奈、村角の前々作での好演で相性の良さは実証済みの三上市朗、舞台で特異な爆発力を放つクロムモリブデンの貴公子森下亮、そして本企画のメイン女優で関西では出演オファーが途絶えることのない丹下真寿美と「待っていたのではご一緒することはたぶんないだろうという方々と丹下真寿美をマッチングして、新しい世界を体験する」というT-worksのコンセプトにぴたりの素敵なキャスティングになった。
そんななか、1月に赤坂レッドシアターで「栄華極めし歌人たちの、雅なる物語。」を優雅に笑いぞめして、いよいよ本気になってきたであろう作・演出担当の村角太洋からポーカーフェイスなコメントが届いた。

【村角太洋(作・演出)コメント】
Mr.Murakado

昨年の1月、プロデューサーの松井氏から「T-worksを観に来ませんか」とお誘いをいただきました。
プロデューサー直々のお誘いに「おや、これは、まさか、次……」という、外れたら大変に恥ずかしい予想を胸に劇場に向かいました。
丹下氏にどのような役をやってもらうのが面白いかなどと誠に滑稽な念を勝手に抱きながらステージに視線を送っていたわけですが、終演後、松井氏に近くの喫茶店でたんぽぽコーヒーなるものを頂戴し、今回のオファーを無事に頂きました。
今でこそ言えますが、「千穐楽後にプロデューサーとお茶!もう、これは……」と独自で当確を出しておりまして、もしこれがただのお茶会であれば私はひどく赤面し、猛省したことでしょう。
と言うか、千穐楽直後にプロデューサーが関係のない人とお茶をしている場合ではないと思います。
さて、このお話は私がどこまでポーカーフェイスだったかという話なのですが、それについてはいつか松井氏にお尋ねしようと思います。
「THE Negotiation」は「交渉」の物語です。
はたして、登場人物たちはあの日の私よりもポーカーフェイスでしょうか。

【ストーリー概要】
伝統ある格式高い最高級ホテル「トゥイッケナムホテル」。
このホテルを舞台に、一つの商談が始まろうとしていた。
トップ同士によって極秘裏に行われ、ここでの結果がほぼそのまま決定事項となる最重要商談である。
経験と直感。
冷静と情熱。
渾身のパワードレッシングと戦略。
深読みなのか、本音なのか、裏なのか、表なのか。
社運をかけて商談に臨むビジネスパーソン達の駆け引きに次ぐ駆け引きの物語。
「THE Negotiation」。1%のハイグラウンドを巡り奮闘する人間の姿を、スタイリッシュかつ滑稽に描く「限りなく喜劇に近い芝居」。

【公演情報】
THE_Negotiation
デザイン:堀川高志

T-works第2回公演『THE Negotiation』
作・演出◇村角太洋(THE ROB CARLTON)
出演◇丹下真寿美 山崎和佳奈 三上市朗 森下亮(クロムモリブデン)
ボブ・マーサム(THE ROB CARLTON)
3/8(金)〜10(日)◎HEP HALL(大阪)
3/13(水)〜17(日)◎シアターグリーンBOX in BOX THEATER




『僕のド・るーク』


kick shop nikkan engeki

神保町花月2月本公演『莫逆の犬』まもなく開幕!

bakugyaku

次世代の演劇人×よしもとタレントで演劇の新たなスタイルにチャレンジしようと、新しく始まった神保町花月の新ラインナップシリーズの第2弾として、2008年にONEOR8で上演された『莫逆の犬』のリメイク作品が上演される。本作は、「本当に救いが何もない絶望的な話」(田村孝裕談)ということなのだが・・・。

【あらすじ】
彼はずっと桜を見ている。
毎日、一年中、何年も、欠かさずに見ている。
それは彼がここにいるしかないから。
ここから一歩も出ることはできないから。
私の帰りを待つことしかできないから。
彼の優しすぎる性格が、いつしか彼を、
犬にしてしまったんだと思います。

出演は板尾創路、宮下雄也、矢部太郎ほかで、脚本・演出は田村孝裕(ONEOR8)が担当。あえて神保町花月では上演されたことがないような作品でチャレンジを!との、本企画の発案者板尾創路からのコメントをご紹介!

【板尾創路コメント】
130R・板尾創路'09(通常・BU)

外部劇団とのコラボっていう神保町花月の新しい取り組みの話をされた際に、以前にご一緒した田村さんを推薦させていただきました。コンスタントに仕事してたわけじゃないんですけど、何度か舞台を観に行かせてもらっていたし、存在は常に感じていたというか。田村さんは、役者との関係性とか序列、年齢、キャリア、そんなものに流されないでしっかり演出していただけるので、厳しいけど信用しています。今回、2008年にONEOR8で上演した「莫逆の犬」をリメイクします。田村さんから本当に救いが何もない絶望的な話なので書き直そうかと迷ってると聞いたんですが、神保町花月にそんな演目ないやろうし、刺激になって逆にそのままでもええかもなと。どんな風になったか楽しみにしてください。初演を見てる人にも良かったって言ってもらえるものができたらいいなと思います。

【公演情報】
bakugyaku
神保町花月2月本公演『莫逆の犬』
脚本・演出◇田村孝裕(ONEOR8)
出演◇宮下雄也
冨田直美(ONEOR8)
山口森広(ONEOR8)
恩田隆一(ONEOR8)
大谷麻乃
ヒラノショウダイ
西田どらやき(入間国際宣言)
奈良岡にこ

矢部太郎(カラテカ)  
板尾創路

2/20(水)〜3/3(日)◎神保町花月(千代田区神田神保町1-23 神保町シアタービル2階)



えんぶショップ全品セール実施中


kick shop nikkan engeki

人気ヘアメイクプランナーがミュージカル・舞台の創作現場を語るトークショー「Bumpy Lens Bumpy Lens〜劇場で出会ったクリエイティブな人たち〜」第8回を開催!

告知用ビジュアル

夜明けの劇場 Theatre at Dawn(シアター・アット・ドーン合同会社 本社:東京都千代田区有楽町、代表 平野美奈)は、2019年2月13日(水)に Architects Studio Japan 共催のもと。「Bumpy Lens#8 〜劇場で出会ったクリエイティブな人たち〜」を開催する。 

丸の内の建築スタジオASJ TOKYO CELLを会場に、ミュージカルや演劇の第一線で活躍するヘアメイクプランナー宮内宏明、ZARA国内店舗などの設計を手がける建築家小山光とのクロストークを展開。ナビゲーターは演劇メディアなどで人気のフォトグラファー・ライターの岩村美佳が務める。
フォトグラファー・ライターの岩村美佳が、取材をする中で出会ってきた演劇・ミュージカル界の「クリエイター」や「アクター」。彼らはみな、何千何百というオーディエンスに極上のエンターテインメントを日々届ける仕事人であり、それぞれにユニークな人間的魅力を持つスゴイ人たち。Bumpy Lens はそんな
インタビュアーの「レンズ(Lens)」を通し、舞台づくりで活躍するプロフェッショナルの「でこぼこ(Bumpy)」な個性と頭の中をのぞき見するトークショー。今回は「Architects Studio Japan (ASJ)」 との特別タイアップ編。舞台クリエイターと数々のパブリックスペースを設計されてきた建築家のトークセッションをお届けする!


■プロフィール 
ヘアメイク宮内宏明さんプロフィール写真
第一部・第二部ゲスト 宮内宏明 (ヘアメイク) 
M’s factory主宰。舞台作品を中心に、TV、コンサート、CM などのヘアメイクデザイン、ウイッグデザイン、特殊メイクなど幅広く手掛けている。近年の主な作品に 『歌舞伎 NARUTO』(G2 演出)、『モーツァルト!』(小池修一郎演出)、『プリシラ』(宮本亜門演出)、『Kinky Boots』(ジェリー・ミッチェル演出)、『髑髏城の七人 Season 花鳥風月極』『メタルマクベス 1・2・3』(いのうえひでのり演出)、『ナイツテイル』(ジョン・ケアード演出)、『メリー・ポピンズ』(リチャード・エア演出)など

建築家小山光さんプロフィール写真
第二部ゲスト 小山 光 (建築家)
(株)キー・オペレーション代表取締役、一級建築士、英国登録建築家、王立英国建築家協会会員
1970年東京都生まれ。1994年東京都立大学工学部建築学科卒業。1996年ロンドン大学バートレット校建築修士修了。1998年東京工業大学理工学研究科建築学修士修了。デビッドチッパーフィールドアーキテクツなどのイギリスの建築事務所で設計活動後、2005年キー・オペレーション設立。個人住宅、集合住宅、オフィス、飲食物販店舗、映画館、商業ビル、複合施設など様々な物件の設計を手がけている。王立英国建築家協会国際賞、Good Design賞、JCDアワード、Architizer A+ Awards、Blueprint Awards、German Design Awards、Iconic Awards など受賞。   

岩村美佳プロフィール画像
ナビゲーター
フォトグラファー・ライター/岩村美佳
ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。子供の頃から舞台、歌、踊りが好き。小学校4年生の時、初めて宝塚をみて虜になった。幼稚園の発表会からはじまって、演劇クラブ、ミュージカルサークルなどを巡ってきた。ウェディング衣装メーカーに入社したときも、志望理由は舞台衣裳に似ていたから。振り返れば筋金入りの舞台ファン。世界で一番好きなのは「猫」。 

【岩村美佳よりコメント】
Bumpy Lens第8回は、ヘアメイクの宮内宏明さんをお迎えします。宮内さんは、舞台ヘアイクの第一人者。SNS での発信や、表に出ていらっしゃることがないため、ご存知ない方も多いかもしれませんが、みなさんが日々ご覧になる舞台作品のチラシやポスターの多くを宮内さんが担当されています。多くの制作者の方々が、なぜ宮内さんを指名するのか、そこには、ミュージカルやエンターテインメント作品のビジュアルが、よりナチュラルに美しく進化するための秘密がありました。宮内さんご自身の歴史と、仕事のこだわりをお伺いします。
さらに第2部では、建築家の小山光さんをお迎えし、異業種トップクリエイターによるクロストークを展開。私もよく買い物に訪れますが、ZARA各店舗デザインは小山さんの手によるものです。小山さんはロンドンで建築を学ばれ、イギリスでは古城を劇場に改築する珍しいご経験もされています。全く違う土壌のおふたりながら、「わかる! わかる!」と、大いに盛り上がった打合せ。トップクリエイター達のトークセッションをぜひお楽しみください!
 
トークショー「Bumpy Lens #8〜劇場で出会ったクリエイティブな人たち〜」
ナビゲーター◇岩村美佳
ゲスト◇宮内宏明(ヘアメイク)、小山光(建築家)
日時:2月13日(水) 19:00-20:30 *18:30 開場、
〈参加費〉3,500 円 



 

音楽劇『ライムライト』


kick shop nikkan engeki

劇団民藝公演『正造の石』紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYAで間もなく開幕!

shouzounoishi

劇団創立以来、戦後の新劇界をリードしつづけて現在に至る劇団民藝の2019年スタートの公演は、2月14日(木)より紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYAで開幕する『正造の石』。明治末の東京を舞台に、谷中村出身のひとりの若い女性新田サチの成長と自立を、その逞しい生き方を伸びやかに描く作品で、台本は数々の名作ドラマの脚本家として知られ、2020年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』の作者としても話題を集めている池端俊策と、映画『瀬戸内少年野球団 最後の楽園』(脚本)、舞台『幕末太陽傳』(作・演出)などの河本瑞貴が担当。 池端は本作品を「国の近代化政策から取り残され、疎外された人たちの姿は、現代社会なかで生きづらさをかかえる多くの人々のこころに通じると思う」と語っている。演出は丹野郁弓。主演には森田咲子、樫山文枝・伊藤孝雄をはじめ18名の劇団員が出演する。

【あらすじ】
明治39年、日露戦争の勝利に国中が湧きたっていた頃、北関東にある谷中村では足尾銅山から流出する鉱毒によって水や田畑が汚染され、農民たちは病と貧困に苦しんでいた。新田サチの家の被害も甚大だった。事態が深刻化するなか、サチは婦人解放運動家・福田英子のもとで住み込みのお手伝いになるため東京へ向かった。自由と平等の権利を求める活動家たちに囲まれ目まぐるしい日々を送る英子にサチを紹介したのは、足尾銅山閉鎖を国に訴え続ける田中正造だった。「何の値打ちもねえが、世界でただ一つの石だ」。渡良瀬川で拾った石を正造はサチに託して送り出す。しかし、サチは福田家の内情を密偵するよう官憲に命じられていたのだった。苦悩の日々のなか、サチはひとつの詩に出会う。サチの心に輝きがともった……。

【新田サチ役 森田咲子からのメッセージ】
Mrs.Morita_

『正造の石』という印象的なタイトルのお芝居で、主人公の新田サチを演じます。彼女は、谷中村に住む26歳になる女性です。時代は明治末、足尾鉱毒事件のさなか、サチは東京へと向かいます。その大都会で、社会運動や芸術に打ち込むさまざまな人たちと出会い、自ら人生を切り拓いていくのです。情報過多の現代社会から『正造の石』に向き合うとき、人との出会いや語り合いによって、学び考え始めたサチのように、自分を信じ流されずに生きていくことが大事だと改めて思えてきます。
稽古場では劇団の大先輩たちに囲まれて緊張感と温かさを感じています。サチを導く婦人解放運動の先駆者、福田英子を演じるのは樫山文枝さん。田中正造役は、私の初舞台でもご一緒した伊藤孝雄さん。私もサチのように成長したい、そんな思いが自然とわいてきます。 若い女性の輝きや希望を感じ取ってもらえるよう、一生懸命に演じたいと思います。

【公演情報】
shouzounoishi
劇団民藝2月公演『正造の石』
2/14〜25◎紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA 
作◇池端俊策 河本瑞貴 
演出◇丹野郁弓
出演◇樫山文枝 森田咲子 伊藤孝雄 吉田正朗 他
〈料金〉一般:6,300円 夜チケット:4,200円  U25(25歳以下):3,150円  高校生以下:1,000円
〈お問い合わせ〉劇団民藝 044-987-7711
http://www.gekidanmingei.co.jp


トムプロジェクトプロデュース『黄色い叫び』


kick shop nikkan engeki
記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について