稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

『ストリップ学園』

イベントガイド

T-worksが後藤ひろひとの演出で『源八橋西詰』を上演!

genpachi

T-worksとは、関西を拠点に活動している女優丹下真寿美の魅力をより多くの人に知ってもらいたい! と立ち上げたユニットで、その第1回公演が大阪の一心寺シアター倶楽(1/12〜14)と、東京のテアトルBONBON(1/23〜28)で行われる。
『源八橋西詰』は後藤ひろひとが遊気舎を退団した後、脚本家として起用された最初の作品で、初演は1996 年。後藤自身の演出による再演は1998年の遊気舎での公演以来となる。
丹下真寿美を支える共演者はベテラン(?)3人。再演時のオリジナルキャストで現在遊気舎の代表でもある久保田浩。ジョビジョバ再起動で意気軒昂!「最高に楽しい男」坂田聡。そして、言わずもがなの「大王」後藤ひろひと、なんとも贅沢なキャスティングだ。

Image_006

20年前の作品を自らの手によって新たな生命を吹き込もうと、趣味の昆虫採集飼育に精を出しつつ、研鑽の日々を送る大王からメッセージが届いた!

【後藤ひろひとコメント】

Daiou

元劇団そとばこまちの俳優だった松井康人氏がおかしげな連絡をくれた。「女優の丹下真寿美を売るためのプロデュースを発足させたい。その第一回公演は後藤君の『源八橋西詰』を上演したい。」なにやら面白そうだったので上演許可のみならず演出・出演も買って出た。ところが私は肝心の丹下真寿美を知らない。松井氏がそこまで惚れ込む大阪在住の女優とは一体何者なのか? 私はさっそく彼女に会わせて欲しいと申し出た。ところがだ。いつまで経っても彼はその機会を与えてくれなかった。何度かニアミスもあったのだが丹下真寿美は猛烈に忙しく舞台出演をしているために会えないと言う。だんだん不気味に思えてきた。本当はそんな女優は存在しないのではないだろうか? 多忙な松井氏がそのストレスから想像の中で生んでしまった「初音ミク」的な架空の人物なのではないだろうか?
結局彼女に出会えたのはつい最近だ。まずは実在の人物である事だけは確認できた。しかし稽古が始まって現れる人物がまた別人であったらどうしよう? という不安がある。「あの子ら全員で丹下真寿美なのよ」とユニット名だった事を知らされたりしたらどうしよう?
実在するのか? 単数なのか? 丹下真寿美に興味のある方は是非劇場にお越し下さいな!

【ストーリー】
『源八橋西詰』は出演者の3人が1本ずつ主役を務める短編3本のオムニバス作品。
第1話は、犯罪に絡むある特殊な職業「詐病師(さびょうし)」の話で、詐病師(作者の造語です)とは、凶悪犯罪者を無罪判決に持ち込むプロ、すなわち、精神鑑定で「異常につき犯行時の責任能力なし」と診断させるための偽物の精神異常者を作り出すインストラクター。そんな特殊な職人と上訴審に挑む連続殺人鬼とによる密室会話劇。
第2話は、見るからに気持ちの悪い恋愛ストーリーを売りにする劇団の「看板女優の話」。公園での一人稽古の最中に劇団座長が現れ、彼女の人生をゆるがす意外なバカ決断を告げるのだが・・・。
第3話の「童話作家の話」は大王代表作の一つ「人間風車」の原型で、入院中の女の子が語る「カッパミイラちゃん」の話を童話作家が聞いて、それを盗んでしまうのだが、実はその女の子は・・・。
ブルースの巨匠ロバート・ジョンソンの名曲『Crossroads Blues』が流れる中、悪魔に魂を売るために源八橋西詰で人を待つ3人の姿が闇へと消えてゆく。

〈公演情報〉
genpachi_u

T-works
『源八橋西詰 〜 I’M STANDING AT THE CROSSROADS AGAIN 〜』
作・演出・出演◇後藤ひろひと(Piper)
出演◇丹下真寿美 久保田浩(遊気舎) 坂田聡(ジョビジョバ)
1/12~14◎一心寺シアター倶楽(大阪)
1/23~28◎テアトルBONBON(東京)

T-worksホームページ www.t-works-works.com


『ストリップ学園』
kick shop nikkan engeki

テアトルエコーの次回作は爽快ヌード・コメディ!

CALENDAR_GIRLS

コメディ作品を中心に上演して60年余の歴史を持つ老舗劇団テアトル・エコー。2018年新春公演(1/12〜24◎恵比寿・エコー劇場)は、イギリスで実話をもとに映画化、舞台化され大ヒットした『カレンダー・ガールズ -CALENDAR GIRLS-』を日本初上演。
作家はイギリス生まれの脚本家ティム・ファース。映画『CALENDAR GIRLS』の脚本を手掛け、英国コメディ映画賞を受賞。演劇では『Our House』でローレンス・オリヴィエ賞を受賞している。
この作品、平凡な主婦たちがヌード・カレンダー製作に挑む姿をユーモアたっぷりに描き出した心あたたまるコメディなのだが、演出の高橋正徳は「この作品の力強さはヌードになる事で女性たちが自己実現し新たな世界、まなざしを獲得していくところにあります」と語り、ただ単にセンセーショナルなコメディで終わらすつもりはなさそうだ。

image002

その平凡な主婦たちを演じる6人の女優たちのこの笑顔が、何ともこの作品への想像をかき立てて楽しい。
そんな中、主婦たちのヌードを撮影するカメラマン役の川本克彦から稽古場直送のコメントが届いた。

【川本克彦インタビュー】
Kawamoto

ローレンス役の川本です。この作品は婦人会の女性たちが意を決してヌードカレンダーを作るという作品。私はそのヌードを撮影するカメラマン役です。
劇団って家族のようなところなんだけど、今回そんなお姉様方の裸を撮る役は、見てはいけないものを見てしまうような、妙な気持ちになります(笑)。
高橋さんの演出はとても丁寧です。台本を何度も読み深め、台詞の意味を探ることに時間をかけています。細かいところをきちんと考えることによって、作品が立体的になってくるのがとても楽しいです。舞台はイギリスの田舎だけど、役者がどんどんリアリティを持ってくるのがわかります。すごく面白い作品になりそうです。
最近は舞台に出ると、声優ファンの方も観に来てくれるようになりました(「NARUTOナルト」デイダラ役他多数出演中)。きっかけがアニメでも、演劇って面白いんだと演劇ファンになる人もいます。とても嬉しいことですね。(2017年12月4日、稽古場にて)

【ストーリー】
英国ヨークシャーの小さな町ネイプリー。この田舎町に住む女たちは昔から地元の婦人会に入るしきたりだ。クリスとアニーはつまらないレクチャーや退屈なイベントをやり過ごすしかなかった。そんな時、アニーの夫ジョンが他界。悲嘆に暮れる友人を励まそうと、クリスは毎年製作する婦人会カレンダーの収益をジョンがいた病院へ寄付することを思いつく。それも自分たちがモデルとなってヌード・カレンダーを作ろうという大胆な計画だった!

【公演情報】
CALENDAR_GIRLS

テアトル・エコー
『カレンダー・ガールズ』
作◇ティム・ファース 
翻訳◇常田景子 
演出◇高橋正徳
出演◇杉村理加 岡のりこ 重田千穂子 小宮和枝 南風佳子 安達忍 丸山真奈実 近藤泰代 森澤早苗 吉川亜紀子 松原政義 田中英樹 川本克彦 加藤拓二
1/12〜24◎恵比寿・エコー劇場(恵比寿駅から徒歩5分) 
ホームページ http://www.t-echo.co.jp


『ストリップ学園』></a>
<!--バナー差し替えここまで-->
<hr>
<a   href=

kick shop nikkan engeki

福岡の人気劇団 万能グローブガラパゴスダイナモスが下北沢駅前劇場で『ハダシの足音』を上演!

hadashi

12月27日(水)〜30日(土)下北沢駅前劇場で、福岡の人気劇団 万能グローブガラパゴスダイナモスが3都市ツアーの福岡、大阪公演を経て、東京の下北沢駅前劇場で『ハダシの足音』を上演する。
万能グローブガラパゴスダイナモスは、05年の旗揚げから「緻密な笑いと大胆なストーリー展開」で幅広い年齢層の観客を獲得。毎年ツアー公演を行い、各地で前売り券が完売するなどその人気は福岡にとどまらない。この成功は「リスクを恐れずに突き進んできたからこそ」と語る、旗揚げからほぼ全作品の作・演出を担当してきた川口大樹からのメッセージをご紹介!

Kawaguchi

【川口大樹からのメッセージ】 
記憶のアクセスが容易になった近未来。行き場を失くした「記憶」がうろつく奇妙な森が今回の舞台です。大切な思い出を探そうとする姉弟や、恋人の愛情を確かめようとするため、今は禁止された違法な記憶の売買に手を染める女など、それぞれの思惑が渦巻く奇妙な森で起こる不思議なSFコメディです。
「ガラパ」は、建物の一部屋を再現したり、2階建ての家を建てたり、2階建ての別荘を建てたりと、具象舞台ばかりで抽象舞台はほとんどしたことなかったのですが、今回はガラパ初の「抽象舞台」です。ワンシチュエーションでもないです。
けれどもやっぱりコメディです。
13年目を迎えてもまだまだ挑戦し続けていく意識はやっぱりあるので、この新しいガラパの作品を、今まで観たことがある人も、初めましての人も楽しんでもらえたらと思います。
舞台美術や作風が少し変わってもガラパの面白いところはそのままで、東京にお邪魔します。よろしくお願いします。

〈公演情報〉
hadashi_T

万能グローブガラパゴスダイナモス『ハダシの足音』
●2017/12/27〜30◎下北沢 駅前劇場
作・演出・出演◇川口大樹
出演◇椎木樹人 横山祐香里 早樋寛貴 山崎瑞穂 他 / 杉山英美 岡武史
〈お問い合わせ〉万能グローブガラパゴスダイナモス 080-7980-8798






『ストリップ学園』></a>
<!--バナー差し替えここまで-->
<hr>
<a   href=

kick 
▽▽▽『ハダシの足音』チケットも日時・枚数限定で販売中!▽▽▽
shop nikkan engeki

「METライブビューイング」新シーズン上映始まる!

MET17-18チラシビジュアル

世界最高峰のメトロポリタン・オペラ(通称:MET)の最新公演をスクリーンで楽しむ「METライブビューイング」。ダイナミックな音響と多彩なカメラワークに加え、生の劇場でも観られない舞台裏や歌手へのインタビューも収録するなど、オペラファンはもちろん、演劇ファンにも楽しめる内容となっている。
そして、いよいよ本日、11月18日より《ノルマ》(新演出)から、2017-18新シーズンがスタート。東劇・新宿ピカデリーほか全国の映画館で、 心躍る多彩な10作品が順次公開される。

【2017ー2018 新シーズン ラインナップ】

■ベッリーニ《ノルマ》新演出
11月18日(土)〜24日(金)
ベルカントの二大女王ラドヴァノフスキー&ディドナートという豪華競演で、イタリア・オペラ史上に燦然と輝く傑作がオープニングを飾る。
運命の三角関係の果てに、巫女ノルマが選んだ究極の愛!
指揮:カルロ・リッツィ 
演出:デイヴィッド・マクヴィカー
出演:ソンドラ・ラドヴァノフスキー、ジョイス・ディドナート、ジョセフ・カレーヤ 
s_ノルマ㈰
(C) Ken Howard/Metropolitan Opera

■モーツァルト《魔笛》
12月9日(土)〜15日(金)
ヒットメロディ満載のモーツァルトの大人気オペラ。「ライオンキング」演出家J・テイモア演出のファンタジックな名舞台がスクリーンに!
「魔法の笛」に導かれた王子と王女の大冒険!
指揮:ジェイムズ・レヴァイン 
演出:ジュリー・テイモア
出演:ルネ・パーペ、マルクス・ヴェルバ、キャスリン・ルイック
s_㈪魔笛
(C) Marty Sohl/Metropolitan Opera

■トーマス・アデス《皆殺しの天使》MET初演
2018年1月27日(土)〜2月2日(金)
s_㈫皆殺しの天使
(C) Monika Rittershaus

■ロッシーニ《セミラーミデ》
2018年4月14日(土)〜4月20日(金)
s_㈯セミラーミデ
(C) Winnie Klotz/Metropolitan Opera

■プッチーニ《トスカ》新演出
2018年2月17日(土)〜2月23日(金)※東劇のみ3/2(金)まで
s_トスカ
ソニア・ヨンチェヴァ(C) Ann Ray/Metropolitan Opera
ヴィットーリオ・グリゴーロ(C) Ken Howard/Metropolitan Opera

■ドニゼッティ《愛の妙薬》
2018年3月3日(土)〜3月9日(金)
s_㈭愛の妙薬
(C) Ken Howard/Metropolitan Opera

■プッチーニ《ラ・ボエーム》
2018年3月31日(土)〜4月6日(金)※東劇のみ4/13(金)まで
s_㈮ラ・ボエーム
(C) Marty Sohl/Metropolitan Opera.jpg

■モーツァルト《コジ・ファン・トゥッテ》新演出
2018年5月5日(土)〜5月11日(金)※東劇のみ5/18(金)まで
s_㉀コジファントゥッテ
(C) Paola Kudacki/Metropolitan Opera

■ヴェルディ《ルイザ・ミラー》
2018年5月19日(土)〜5月25日(金)※東劇のみ6/1(金)まで
s_㈷ルイザ・ミラー
(C) Marty Sohl/Metropolitan Opera -crop

■マスネ《サンドリヨン》〜シンデレラ〜MET初演
2018年6月2日(土)〜6月8日(金)
s_㉂サンドリヨン
(C) Ken Howard


〈料金〉1作品 一般:3,600円 学生:2,500円(税込)
〈HP〉 http://www.shochiku.co.jp/met/





『サロメ』
kick shop nikkan engeki

劇団唐組第60回公演は、唐的ウルトラセンチメンタルストーリー!!

doubutsu

10月、猿楽町通り沿い特設紅テントからスタートする唐組公演は、1993年秋に上演された唐的ウルトラセンチメンタルストーリー!『動物園が消える日』。
実際にあった金沢の私設動物園が経営難から廃園に追い込まれた事件を素材として作者が描くのは、ビジネスホテルのわびしいロビーを舞台にした、その元従業員達の情熱と葛藤だ。
当時菓子メーカーカバヤキャラメルの初代キャンペーンガールとして活躍した人気者だったカバのドリちゃんと飼育係がメインストリームの物語が展開する。初演を観て「私は強い感銘を受けた。これほどおかしくも悲しい芝居は類がない」と語った今は亡き、評論家扇田昭彦氏のコメントもぜひ紹介しておきたい。この作品の演出を手掛ける劇団員の久保井研よりメッセージが届いた!

【久保井研コメント】

Kuboi

「動物園が消える日」のメインストリームはカバにまつわるお語だ。
 物語の始まりはビジネスホテル。集まって来たのは、廃園が決まりそれぞれ一区切りをつけたサニーランドの元飼育係や従業員たち。彼らは世話していた動物たちへの思いや、チケットもぎりをしながら和気あいあいと過した日々の事を忘れられない。
 話の中心は移送に苦慮したカバのドリちゃんと飼育係の灰牙。灰牙はドリちゃんを連れてをさまよっているとの噂もある。動物行動学者の青年やその姉を名乗るミニーマウスの帽子をかぶった女。さらにはカバヤの重役も現れ……。
 中世ヨーロッパではあたり前に行われていたという動物裁判が開廷される。被告は水になったカバ! それを巡って大論争がくり広げられる。
 唐的ウルトラセンチメンタリズムは、人々の中にいる動物たちに問いかける。人と動物の境界は何か? 動物とも人間ともつかない怪物の意味とは何か……。
 どうぞお楽しみください!

【物語】
この夏閉園になった、金沢の動物園「サニーランド」。そこでは、空を恐がるミーアキャット、三角関係のゴリラ、そして月光を背負う2トン半のカバ・ドリちゃんが飼育されていた。
舞台は東京のとあるビジネスホテル。
「サニーランド」のもぎり娘から、女興信所員になったサム・スペードは、ナースになったチキータ、主婦をかたる万引き常習犯になってしまったオドら、かつてのもぎり仲間たちを追跡してこのホテルへ来た。四人娘のうちの三人で再会するサムだが……。
一方、かつての飼育係たちもこのホテルを訪れる。その一人、新夜は、最後の仕事を終えてもまだその匂いを落とすことができない。さすらいの飼育係・灰牙のことが気になっていたからだ。灰牙は、ひいきにしていたカバのドリちゃんを残して、閉園前に姿を消したのだった。
つかの間の再会のあと、動物たちを忘れられないまま、それぞれの生活をはじめようとする面々。
そこへ、もぎり娘の最後の一人、夜間飛行の香水をたなびかせるオリゴがロビーに現れると、さすらいの飼育係・灰牙が登場、高らかに宣言する。
「ドリちゃんは、204号室にいる!」
----動物園が消えないでいるのは、それは、あなたの頭の中にあるその灯が消えないからです
消えたはずの動物たちが殺到するラストシーン、そこに飼育係たちが見たものは果たして何か!?

〈公演情報〉
劇団唐組第60回公演『動物園が消える日』
作◇唐十郎
演出◇久保井研+唐十郎
[役者陣]
久保井研/藤井由紀/赤松由美/岡田悟一/清水航平/福本雄樹
河井裕一朗/福原由加里/大澤宝弘/川口徹治/加藤野奈
全原徳和/重村大介/熊野晋也/樋口ミユ/大鶴美仁音/藤本沙紀/毛利悟巳
[開演時間] 毎夕7時(6時30分開場)
[入場料] 前売券3,500円 当日券3,600円
      学生券3,000円(劇団でのみ販売)当日受付で学生証をご提示下さい。
※入場整理券(前売券と引き換え)及び当日券は、午後2時より受付にて発行致します。
※独立した幼児以外の幼児は入場をご遠慮下さい。
〈お問い合わせ〉唐組事務所 Tel/Fax 03−3330−8118
[公演場所・公演日程] ※週によって公演曜日が異なりますのでご注意下さい。
●猿楽通り沿い特設紅テント
(JR「御茶ノ水」駅より徒歩10分、東京メトロ半蔵門線/都営三田線「神保町」駅より徒歩6分)
2017年10月7日(土)8日(日)/13日(金)14日(土)15日(日)/20日(金)21日(土)22日(日)
●雑司ヶ谷・鬼子母神
(「池袋」駅・都電荒川線「鬼子母神前」駅・副都心線「雑司ヶ谷」駅下車)
2017年10月28日(土)29日(日)/11月3日(金)4日(土)5日(日)
●静岡=駿府城公園 富士見広場
2017年11月11日(土)12日(日)
〈お問い合わせ〉紅テント静岡公演を応援する会 Tel 090-3697-9044
●金沢=金沢市民芸術村・憩いの広場 特設紅テント
2017年11月17日(金)18日(土)
〈お問い合わせ〉金沢泉鏡花フェスティバル委員会(事務局:金沢市文化政策課内)
Tel 076−220−2442 E-mail bunshin@kanazawa.lg.jp
〈お問い合わせ〉唐組 03−3330−8118




唐組『動物園が消える日』
kick shop nikkan engeki
記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について