観劇予報

『向日葵かっちゃん』舞台化決定!

イベントガイド

邦人歌手による『ジークフリート』ハイライトコンサート開催!

ジーグフリード

新国立劇場では、6月に上演されるオペラ『ジークフリート』公演に先立ち、特別企画として『ジークフリート』ハイライトコンサート−邦人歌手による−、を開催する。

これまでも、新国立劇場は多角的にオペラ、とりわけ音楽を楽しめる公演として、邦人歌手による演奏会形式での公演を、特別企画として行っている。2015年1月のワーグナー『さまよえるオランダ人』の演奏会形式上演では、日本を代表するオペラ歌手による迫真の歌唱と演技に、「シンプルでありながらワーグナー音楽の本質に迫る企画」と大好評だった。
今回は、再びワーグナー作品『ジークフリート』を、日本を代表する歌手陣の出演で上演する。長大で難解なこの楽劇を、演奏会形式にふさわしい2時間程度に抜粋。キャストには、本作品の舞台上演でカヴァーを務める、そうそうたる邦人歌手陣を迎える。演奏は、今やひとつの上演モデルとして各地でオペラの活動を支えるエレクトーン2台の演奏で、オーケストラ・スコアを緻密に再現。さらにパーカッション奏者を迎え、迫力溢れるサウンドでお客様の想像力に訴える。


〈公演情報〉 
リヒャルト・ワーグナー『ジークフリート』
邦人歌手によるハイライトコンサート 
〈ドイツ語上演/日本語字幕付〉
指揮◇城谷正博
出演◇ジークフリート/今尾滋 ミーメ/青地英幸 さすらい人/大塚博章 アルベリヒ/友清崇 ファフナー/志村文彦 エルダ/石井藍 ブリュンヒルデ/橋爪ゆか 森の小鳥/三宅理恵
エレクトーン◇西岡奈津子/小倉里恵
協力◇ヤマハエレクトーンシティ渋谷、東京フィルハーモニー交響楽団
●5月17日(水)19:00◎新国立劇場 中劇場 
〈料金〉A席 5,400円円 B席 3,240円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉新国立劇場ボックスオフィス 03-5352-9999(10〜18時)

Bunkamuraと東急シアターオーブでNYに関連した映画、展覧会、ミュージカルが続々公開!

main02

Bunkamuraと東急シアターオーブでは、4月から7月にかけてニューヨークに関連する映画、展覧会、ミュージカルを次々と上映・上演していく。

『メットガラ ドレスをまとった美術館』

(2016年/アメリカ/91分/配給:アルバトロス・フィルム)
Bunkamuraル・シネマ:好評上映中
●毎年5月の第一月曜日にNYメトロポリタン美術館(MET)で開催される伝説のイベント《メットガラ》は、豪華セレブリティと一流メゾンの鮮やかなオートクチュールが競い合う夢の一夜。プラダを着た悪魔”のモデルともなった敏腕編集長アナ・ウィンターと、MET服飾部門を指揮する革新的キュレーターのアンドリュー・ボルトンに密着し、この豪華な一夜にいたるまでの裏側を8か月間追い続けたドキュメンタリー。


『Don’t Blink ロバート・フランクの写した時代』

(2015年/アメリカ・フランス/82分/配給:テレビマンユニオン)
Bunkamuraル・シネマ 4/29(土・祝)よりロードショー
 ●世界で最も有名な写真集「The Americans」23歳でスイスから単身NYへ渡ったロバート・フランクは、1958年写真集「The Americans」を発表し、時代の寵児となるも、その後数々の不運に見舞われる。大のインタビュー嫌いで知られるフランクが、その人生を初めて語ったドキュメンタリー。過酷な運命に翻弄されながらも生きることに悦びを見つけ、作品を刻み続けた偉大なる“アメリカの異邦人”から次世代へのメッセージ。


『ニューヨークが生んだ伝説 写真家 ソール・ライター展』
Bunkamuraザ・ミュージアム 4/29(土・祝)〜6/25(日)〈5/9(火)、6/6(火)のみ休館〉
 ●伝説の写真家の秘密に迫る日本初の回顧展!1950年代からニューヨークで第一線のファッション・カメラマンとして活躍しながらも1980年代に世間から姿を消したソール・ライターは、2006年に出版された作品集『Early Color』で再度脚光を集めた。NYソール・ライター財団所蔵の写真作品、絵画作品、その他貴重な資料を一堂に集め、天性の色彩感覚によって「カラー写真のパイオニア」と称されたライターの創造の秘密に迫る。


東急シアターオーブ5周年記念公演
ブロードウェイ・ミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリー』
7/12(水)〜7/30(日)@東急シアターオーブ
●世界で最も愛されるミュージカルの傑作!音楽家レナード・バーンスタイン生誕100年を記念したワールドツアーが来日。楽曲、振付、ストーリーすべてが高い完成度を誇る、まさにミュージカルの金字塔!
ニューヨークのストリートを舞台に、対立する二つの不良グループに所属する男女の許されぬ恋を描いた物語は、1957年の初演以来、全ての観客に普遍的な感動を与え続けている。これを観ずしてミュージカルは語れない。





おん・すてーじ『弥次さん喜多さん』双 




kick 

shop 

nikkan 

engeki

舞台の臨場感が大スクリーンで甦る!『黄金週間は?るひまの映画祭!』

TARO URASHIMA宣伝写真

浦島太郎をモチーフにシュールでアクの強い登場人物達が歌い舞うミュージカル『TARO URASHIMA』、2016年末のカウントダウンイベント『ぼくとしょ カウントダウン』、今年2月の上演が即完売となった『猿狸合戦』。この3作品が、出演者のトークや生オーディオコメンタリー付きで、5月3日(水・祝)、4日(木・祝)の両日にわたり、TOKYO FMホールにおいて、『黄金週間は?るひまの映画祭!』と銘打って上映される。 

木村了上原多香子
木村了、上原多香子

■『TARO URASHIMA』
お伽話『浦島太郎』を題材に、池田鉄洋が新たな解釈の物語としてリメイク、徹底したキャラクターと、そのコミカル且つシュールな世界観で見事なミュージカル作品に仕上がっている。
公演日程◇2016/8/11〜15@明治座
出演者◇木村了、上原多香子、斉藤暁、崎本大海、滝口幸広、辻本祐樹、原田優一、土屋シオン、碕理人、森田涼花、竹内寿、中村太郎、月岡弘一、桝井賢斗、相川絢、塩川渉、角島美緒、二瓶拓也、高木稟、大堀こういち、舘形比呂一、坂元健児、和泉元彌(特別出演/とよた真帆 
(第二部の上映はありません)

BT_cover

■『ぼくとしょカウントダウン』
国語の授業のように舞台が展開するリーディング公演『僕等の図書室』、教師たちとゲストによる、年忘れ忘年会 LIVE。2016年大晦日に大阪で行なわれたカウントダウンスペシャル公演。
公演日程◇2016/12/31@大阪・サンケイホールブリーゼ
出演者◇三上真史、滝口幸広、中村龍介、井深克彦、木ノ本嶺浩、原田優一、大山真志、二瓶拓也/辻本祐樹、安西慎太郎
(カウントダウンプログラム内のリーディング「かっちの不思議の国のアリス」の上映はありません)

猿狸宣伝ビジュアル
 
■『SENGOKU WARS~RU・TEN エピソード2~猿狸合戦』
あの年末シリーズ『るの祭典』の羽柴秀吉のその後の物語で、今年2月に上演、即完売してしまったため多くの観客からのリクエストに応えての上映となる。
公演日程◇2017/2/25・26@東京芸術劇場シアターイースト
出演者◇辻本祐樹、鳥越裕貴、蒼木陣、二瓶拓也、碕理人、加藤啓
日替わりゲスト◇小林且弥、白又敦、安西慎太郎、滝口幸広、木ノ本嶺浩
(日替わりゲストは小林且弥の回を撮影した映像になります)

辻本祐樹鳥越裕貴
辻本祐樹、鳥越裕貴

上映の際には、出演者の登壇によるトークや、出演者が観客とともに、客席で上映を鑑賞、解説等を行う生オーディオコメンタリーなども用意されている。出演者から語られる舞台裏でのエピソードやハプニング等も楽しみの1つ。 舞台を観た人も観ていない人も楽しめる上映会となる。

〈上映会スケジュール〉
『黄金週間は?るひまの映画祭!』
●5月3日(水・祝)
11:00  『ぼくとしょカウントダウン!』憲法記念日上映(オーディオコメンタリ−付)
登壇者◇三上真史、辻本祐樹、木ノ本嶺浩、滝口幸広
15:00 『猿狸合戦』上映(ゲスト登壇付)
登壇者◇辻本祐樹、鳥越裕貴、加藤啓
18:00 『猿狸合戦』上映(ゲスト登壇付)
登壇者◇辻本祐樹、鳥越裕貴、加藤啓、二瓶拓也
●5月4日(木・祝)
11:00 『TARO URASHIMA』上映 (ゲスト登壇付)
登壇者◇木村了、上原多香子、辻本祐樹、滝口幸広
16:00 『ぼくとしょカウントダウン!』みどりの日上映 (オーディオコメンタリ−付)
登壇者◇大山真志、辻本祐樹、中村龍介、井深克彦
〈料金〉『ぼくとしょカウントダウン!』4,200円 『猿狸合戦』3,800円 『TARO URASHIMA』4,200円(全席指定・税込)

会場◎TOKYO FM ホール
〈お問い合わせ〉る・ひまわり 



おん・すてーじ『弥次さん喜多さん』双 




kick 

shop 

nikkan 

engeki

「時々自動」のコンサート『リハリハ3』開催のお知らせ!

リハリハ

パフォーマンスグループ「時々自動」が、吉祥寺のSTAR PINE'S CAFEにて、4月14日夜、コンサート『リハリハ3』〜2018年秋に上演予定の『コンサート・リハーサル』に接近してゆくステップ公演その3〜を開催する。

「時々自動」は、2016年度の賞レースを席巻したケラリーノ・サンドロヴィッチの『キネマと恋人』で、音楽を担当した鈴木光介が所属するグループ。今回は来年の本公演『コンサート・リハーサル』へ向けてのステップ公演であり、その最強ツール「音楽」を駆使するコンサートとなる。

【コンサート内容】
時々システムによる即興演奏、Shaggsまっ青の女性3人ユニットデビュー、名古屋の伝説的ロックバンド『豆異℃』のボーカル、遠藤豆千代氏の登場などで挑発! お馴染み時々スタンダードナンバーで束の間なごませたあと、朝比奈尚行の時々自動初発表のオリジナル曲6曲、ダークファンタジー系新曲4曲、クージャミダンスの復活、トウシューズ履いたマヌカンショーなどで挑発する!


〈公演情報〉
時々自動『リハリハ3』〜2018年秋に上演予定の『コンサート・リハーサル』に接近してゆくステップ公演その3〜
構成・演出・音楽◇朝比奈尚行
音楽◇今井次郎 鈴木光介 田村龍成
出演◇朝比奈尚行(sax) 岡本唯(g) 岸山絵美(sax)  鈴木光介(tp) 砂川佳代子(cl) 高橋牧(acc) 田村龍成(vn) 日高和子(sax) 渡辺直美(tp)/伊地知一子(vo) 遠藤豆千代(vo)  三井耶乃(key) 和久井幸一(acc)/柴田暦(vo)  寺田"Kisa"昌洋(KisamaAlternative)(dr)  中尾果(b)
●4月14日◎STAR PINE'S CAFE(吉祥寺駅北口徒歩3分・武蔵野市吉祥寺本町1-20-16 B1)
open18:30/start19:30
〈料金〉adv.¥2900+1drink /door.¥3200+1drink
〈お問い合わせ〉時々自動 mail@tokidoki-jido.com
〈HP〉http://www.tokidoki-jido.com/







『明治座 五月花形歌舞伎』 




kick 

shop 

nikkan 

engeki

 

大山真志ら、スペースクラフト所属の若手男性俳優によるファン感謝イベント『Men's Crew!』レポート

全体2

スペースクラフト所属の若手俳優によるファン感謝イベント『Men's Crew!』第2回が2017年3月20日(月・祝)に東京・浅草六区ゆめまち劇場にて開催された。
多くの舞台で活躍するほか、昨年放送されたドラマ『真田丸』で大河ドラマ初出演を果たし話題となった大山真志を迎え、第1回のイベントに続いての参加となる奥村秀人、永松文太、前川優希、堀田怜央、石井祐輝。声優部研修生の五十嵐巧巳、三上丈、杉浦隼永、名富航平、阿部渉。さらにイベント初参加の佐藤信長を加えた総勢12名が出演。フレッシュなダンスと笑顔で、オープニングから観客の目を釘付けにしていた。

大山真志2

MCは前回に続き永松と前川が担当。緊張のあまり声が裏返るハプニングがあったものの、「ハッピーホワイトデー!」「イエーイ!」のコール&レスポンスにホッとした表情を見せるふたり。さらにメンバー登場時に、メインゲストの大山がステージを横切りそのまま去って行こうとするのを慌てて引き止めようとする姿に場内は大爆笑! 笑いを通じて、後輩たちの緊張感を解く手腕は、さすがイベント慣れしている大山ならでは。

最初のコーナーは、“思い出のホワイトデー”。
ホワイトデーにまつわる胸キュン・エピソードが語られるのかと思いきや、「バレンタインのお返しに他の人と被らないようにと思ってハンカチを贈ったら、まさかの3人かぶり」という堀田、「違うクラスの女子を呼び出すことが出来ず、お返しを渡せなかった」という奥村、「お菓子作りが得意な母親がガチで作ったスイーツに、クオリティが高すぎて女の子がショックを受けていた」という永松など、バレンタインに続き残念エピソード満載のメンバー。
これを聞いた大山は「イベントなんか気にせず、好きならいつだって告白すればいい!」と、男前なコメントでファンのハートをガッチリつかみ、コーナーを締めくくった。

前回も好評だった“写メって喋って”コーナーでは、大山が今読んでいるアメコミ(※アメリカンコミック)『Watchmen(ウォッチメン)』の表紙、舞台共演者と行ったディズニーランドの写真、癒しの存在の愛犬という3枚の写真が披露された。さらにもう1枚、昨年お誕生日イベントで上映されたドラマで撮影された1枚が披露され「今日は特別にドラマのダイジェストで皆さんに見ていただきます!」と紹介。名作刑事ドラマをリスペクトしたシーンや、CGを使った“W真志”夢の共演に、観客はもちろんメンバーも手を叩いて大喜びだった。

石井祐輝(左)前川優希(右)
 
続く“みんなで決めようキャッチフレーズ”コーナーは、各自にピッタリのキャッチフレーズを新聞の見出しから探そうというもの。「安心の日本製、奥村秀人」「見どころ満載、堀田怜央」「ポイント2倍、石井祐輝」など名言(=迷言!?)の数々が飛び出し、各自のキャラクターの一端をうかがい知ることができた……かも? このコーナーでMVPに輝いた堀田怜央には「客席に向かって愛の告白」という、ご褒美とは名ばかりの罰ゲームが用意されていたが、メッセージの後に投げキスをするという予想外の強心臓ぶりを見せ、メンバーから「やるなぁ」との声が起こった。

ほかにも、声優部研修生による“なりきりキャラクター”コーナーでは、正義のヒーローやアイドルになりきってアフレコをする後輩たちを、奥村が“ドSっぷり”を発揮して新たな魅力を引き出す一幕もあり、いじり倒されても果敢に挑んでいく研修生たちに大きな拍手が送られた。

永松文太、前川優希、堀田怜央、石井祐輝によるメンクル・ミニ・ライブでは、「Just Loving You」「WONDERLAND」の新曲2曲が披露され、パワフルな歌とダンスで会場を盛り上げた。

大山真志
 
一方、大山真志スペシャルライブでは、軽快なポップナンバーからバラードまで、バラエティ溢れる楽曲を歌い上げ観客を魅了した。
「楽しい時間はあっという間、次がラストナンバーです。僕たちスペースクラフト Men's Crew!のテーマ曲『SMILE and SMILE』!」
歌いながら花道に飛び出し、明るくなったフロアを見渡しながら手を振りアピール。
キラキラと紙吹雪が舞う中、場内の興奮は最高潮の内に幕を閉じたのだった。

集合カット
前列/佐藤信長、大山真志、石井祐輝 後列/堀田怜央、奥村秀人、前川優希、永松文太

イベント終了後、「同じ事務所のメンバーとイベントをする機会は、実はなかなかないことなので、こういうイベントができるのがうれしいですね。ただイベント経験がないメンバーばかりなので、MC大丈夫かな、盛り上がるトークが出来てるかなって僕は最初から最後までハラハラしっぱなしでした(苦笑)。お客様に楽しんでいただくためにも、プロ意識を持ってもっと頑張らないと……せっかく大勢の人にアピールできるチャンスをいただいているのだから、もっと自分を出していかないと! 今後も長く続くイベントを目標に頑張って欲しいですね!」と語っていた大山真志。
回を重ねる毎に、フレッシュで個性的な一面を見せ始めるスペースクラフト Men's Crew。今後もさらなる成長と挑戦を見守りたい!


〈イベントデータ〉
スペースクラフト Men's Crew! 〜ホワイトデースペシャル〜
3/20◎浅草六区ゆめまち劇場
出演◇大山真志
奥村秀人、永松文太、前川優希、堀田怜央、佐藤信長、石井祐輝
五十嵐巧巳、三上丈、杉浦隼永、名富航平、阿部渉(声優部研修生)

【資料提供/スペースクラフト】




えんぶ4月号 




kick 

shop 

nikkan 

engeki
 
記事検索
QRコード
QRコード

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について