観劇予報

えんぶ4月号

イベントガイド

新橋演舞場「二月喜劇名作公演」が開幕!

左より古手川、梅雀、藤山、水谷、山村、波乃、天外
古手川祐子・中村梅雀・藤山扇治郎・水谷八重子・山村紅葉・波乃久里子・渋谷天外

新橋演舞場「二月喜劇名作公演」が、本日2月1日から開幕する。
平成25年に上演され、好評を得た「二月喜劇名作公演」のシリーズ第2弾となる今回は、前回に続いて選りすぐりの名作喜劇3作品。舘直志(二代目渋谷天外)作『名代きつねずし』、茂林寺文福(曽我廼家十吾)作『単身赴任はチントンシャン』、花登筐作『じゅんさいはん』というラインナップだ。
『名代きつねずし』はなんと29年ぶり、『単身赴任はチントンシャン』(『はっぴとズボン』という題名でも上演した)は42年ぶり、『じゅんさいはん』は22年ぶりと、どの作品も新橋演舞場では久々の上演となる。
いずれも劇団新派と松竹新喜劇に脈々と受け継がれてきた名作喜劇で、今回は新派の水谷八重子・波乃久里子、新喜劇の渋谷天外・藤山扇治郎、また、日本喜劇人協会会員の山村紅葉、喜劇作品は初挑戦となる古手川祐子、さらにはテレビでお馴染みの中村梅雀という多彩な顔ぶれによる豪華競演となる。

【あらすじ】
 
一、『名代きつねずし』
きつねずしが看板の寿司屋「伏見屋」は、今でこそ場末の寿司屋でしかないが、もとは大阪の中心地南で名代きつねずしの看板で栄えた店だった。繁盛していた時の店に戻そうと、娘のつね子(古手川)は結婚することも忘れて店を切り盛りしていたが、父親の権三郎(天外)は、そんなつね子の気持ちが迷惑らしく、何とかつね子を結婚させて店から出そうと一生懸命。そんな折りも折り、権三郎の秘密が明るみになってしまう。
 
二、『単身赴任はチントンシャン』 
大阪から娘夫婦に会うために東京へやってきた吉田友蔵(文童)は、娘の露子(久里子)の案内で神楽坂を観光している最中に、道でバッタリ娘の夫である二見文太郎(梅雀)に出会う。文太郎は堅実な銀行員とばかり思っている友蔵は、派手な着物を着た妓丁姿の文太郎を見てびっくりするが、友蔵以上にびっくり仰天したのは文太郎だった…。近隣の料亭主人や芸妓衆を巻き込んで、文太郎の一人二役の奮闘のはじまり、はじまり!
 
三、『じゅんさいはん』
大阪道頓堀近くにある旅館一二三の若女将お千代(八重子)は、つかまえどころのない、ただ調子がいい者をさす“じゅんさいはん”と周囲から呼ばれていた。この旅館の当主は久之助(天外)だが、ご隠居と呼ばれる久之助の母おぎん(大津嶺子)の権力はすさまじく、金庫の鍵を握って離さない。そのうえ裏の実権は仲居頭のおしげ(久里子)が持っており、お千代は無に等しい存在だった。
ある日、久之助の隠し子と称する若い娘文代が訪ねてきたことにより、一二三の秘め事が次々と露呈して、意外な展開に…。

多彩な出演者で魅せる笑いあふれる人情喜劇3本立て!いずれも心温まる名作の世界だ!

〈公演情報〉
160201_kigeki_1117_l

「二月喜劇名作公演」
一、名代 きつねずし 三場
作◇舘 直志
演出◇米田 亘
二、単身赴任はチントンシャン 二場
作◇茂林寺文福
補綴◇成瀬芳一
演出◇門前光三
三、じゅんさいはん 四場
作◇花登 筐
演出◇成瀬芳一
出演◇水谷八重子、波乃久里子、渋谷天外、古手川祐子、中村梅雀
山村紅葉、丹羽貞仁、瀬戸摩純、石原舞子、曽我廼家文童
藤山扇治郎、曽我廼家寛太郎、曽我廼家八十吉、大津嶺子、高田次郎
(※高田さんの高は旧字になります。)
●2/1〜25◎新橋演舞場
〈料金〉1等席¥13,000  2等席¥8,500  3階A席¥4,500  3階B席¥3,000  桟敷席¥14,000(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉0570-000-489 または03-6745-0888



お得なチケットいろいろ販売中!
shop_rogo_l

header_rogo


粟根まこと(劇団☆新感線)、松永玲子(ナイロン100℃)などなど連載中!
title
  
  

ヤナーチェクの傑作オペラ『イェヌーファ』上演とイベントのお知らせ

C1344a14r
映画『白いたてがみのライオン〉より 写真提供: National Film Archive

日本では村上春樹『1Q84』の重要な要素として「シンフォニエッタ」が登場し、話題を巻き起こした大作曲家レオシュ・ヤナーチェク。チェコ・モラヴィア地方の民族色豊かな作風で知られる彼の傑作オペラ『イェヌーファ』が、2月末から3月初旬に新国立劇場オペラパレスにて上演される。その公演に先がけて、彼の伝記映画『白いたてがみのライオン〜大作曲家ヤナーチェクの激しい生涯〜』の上映会と、『イェヌーファ』オペラトークという2つのイベントが催される。

オペラ『イェヌーファ』は、ヤナーチェクが50歳の時に初演された第3作目のオペラ。原作戯曲の散文風の会話をそのままオペラに仕立て、モラヴィア方言で書かれていることが特徴となっている。伝統的なオペラの語法と美しい旋律が随所に聴こえるだけでなく、ヤナーチェクが積み重ねてきた民族音楽への造詣を自らの肉として、独自の語法を確立した作品としても重要な位置を占めている。

【物語】
村一番の美人イェヌーファは、連れ子であるために家を継げないラツァの自分に対する愛情を知りながら、美男で跡継ぎのシュテヴァに身を委ね、未婚のままに子を宿す。嫉妬に駆られたラツァに頬を裂かれたイェヌーファを、シュテヴァは呆気なく捨て去ってしまう。イェヌーファの継母であるコステルニチカは、酒飲みの夫が死んだ後に村の教会番となり地位を築いた厳格な人物。イェヌーファを守ろうとするあまり、赤子を亡き者にするという悲劇を起こしてしまう……。

閉鎖的なモラヴィアの寒村を舞台に、実際に起こった2つの事件を元に書かれた戯曲で、養女、後妻、連れ子、義兄弟、父無し子など複雑な家族の繋がりを背景に持ち、現代に通じる男と女の苦悩と愛情、引き起こされる傷害事件と、嬰児殺害、跡継ぎ問題、相手を思うが故の罪、そして白日の下にさらされるエゴイズムを、リアルに赤裸々に描き出している。

今回の公演はベルリン・ドイツ・オペラで2012年に初演され、絶賛を博したプロダクションで、ベルリン公演初演時の主要キャストとほぼ同じ顔ぶれで上演するという、素晴らしい機会となる。主要キャストは国際的に活躍するトップクラスの歌手陣が揃った。イェヌーファ役は2010年の『アラベッラ』のタイトルロール以来、新国立劇場には待望の再登場となるミヒャエラ・カウネ。コステルニチカ役には、深く豊かな声と卓越した表現力を誇るアメリカの名歌手ジェニファー・ラーモア。ラツァ役には、他プロダクションでシュテヴァ役の経験もあるヴィル・ハルトマン。指揮は、2007年から2009年までブルノ国立歌劇場の音楽監督を務めた気鋭のトマーシュ・ハヌスが登場するという期待の公演だ。

【イベント情報】

■映画上映会
『白いたてがみのライオン〜大作曲家ヤナーチェクの激しい生涯〜』
(ヤロミル・イレッシュ監督 1986年 チェコ映画 136分)
 
C1344a02
映画『白いたてがみのライオン〉より写真提供: National Film Archive

事実とフィクションをミックスさせたヤナーチェクの伝記映画で、オペラ『イェヌーファ』完成から晩年までのドラマ。前半は『イェヌーファ』がプラハで上演されるまで、後半はカミラとのロマンスが描かれており、ストーリーに合わせた音楽も多く挿入されている。
日本では第2回東京国際映画祭(1987年)で上映され絶賛されたが、ロードショー未公開となっている。監督のヤロミル・イレッシュ(1931-2001)はチェコ・ヌーベルバーグを代表する映画監督の1人で、代表作に、クンデラの『冗談』を映画化した『受難のジョーク』等がある。
●2月2日◎新国立劇場 中劇場 
14:00/19:00の2回上映(※開場は上映開始の30分前)
入場料◇無料(入場自由) 申込不要。(当日、新国立劇場中劇場にお越しください)
主催◇チェコセンター/新国立劇場
〈お問い合わせ〉新国立劇場情報センター 03-5351-3011(代)(10:00-18:00)

■オペラトーク『イェヌーファ』
音楽・文芸批評家の小沼純一を招いてのオペラトーク。ヤナーチェクの音楽、そして『イェヌーファ』の魅力に迫りながら、併せてカヴァー歌手による豪華な演奏が行われる。
●2月13日◎新国立劇場 オペラパレス ホワイエ
11:30〜13:00
講師◇小沼純一(早稲田大学教授、音楽・文芸批評家)
演奏◇カヴァー歌手による歌唱
入場料◇1,500円
チケット◇新国立劇場ボックスオフィス 03-5352-9999(10:00-18:00) 


〈公演情報〉
L012953-0082-001

新国立劇場2015/2016シーズン
レオシュ・ヤナーチェク
新制作『イェヌーファ』全3幕〈チェコ語上演/字幕付〉
指揮◇トマーシュ・ハヌス
演出◇クリストフ・ロイ
出演◇ハンナ・シュヴァルツ、ヴィル・ハルトマン、ジャンルカ・ザンピエーリ、ジェニファー・ラーモア、ミヒャエラ・カウネ ほか
合唱◇新国立劇場合唱団
演奏◇東京交響楽団
●2/28、3/2、3/5、3/8、3/11◎新国立劇場 オペラパレス
〈料金〉S席¥27,000  A席¥21,600  B席¥15,120  C席¥8,640  D席¥8,000  Z席¥1,620(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉新国立劇場ボックスオフィス 03-5352-9999(平日10:00-18:00)
【文/榊原和子 写真提供/新国立劇場】


お得なチケットいろいろ販売中!
shop_rogo_l

header_rogo


粟根まこと(劇団☆新感線)、松永玲子(ナイロン100℃)などなど連載中!
title
  
 

シネマ歌舞伎『高野聖』中村獅童の舞台挨拶付き先行上映会

高野聖舞台写真

今年11月まで開催中のシネマ歌舞伎の特集上映《月イチ歌舞伎》では、9月26日から『高野聖』(平成23年2月 博多座公演)を全国の映画館で上映する。その上映の成功を祈念して、9月23日(水・祝)に、MOVIX京都において、本作に出演している中村獅童の「舞台挨拶付き先行上映会」が開催される。
 
中村獅童は『高野聖』にて、修行僧の宗朝(そうちょう)をつとめ、坂東玉三郎演じる魔性と聖性の二面性を持つ女とのやりとりで、恐ろしくも美しい世界が描き出される『高野聖』の世界観を好演している。また、公演終了後の舞台を使い新たにシネマ歌舞伎用に舞台上で撮影。さらにロケーション映像を加えるなど映画的手法もとり入れている。このシネマ歌舞伎『高野聖』は、これまでにない新しい映像作品としても楽しめる作品となっている。

【作品紹介】
修行僧の宗朝は、飛騨から信濃へ抜ける山道で道に迷い、日も暮れた頃に孤家(ひとつや)にたどり着きます。その家に住む妖艶で気高い女に、一夜の宿を乞うが…。
 
泉鏡花の名作小説を原作に、石川耕士と坂東玉三郎が脚本と演出を担当、平成20年に歌舞伎座にて初演されている。今回のものは、初演以来3年ぶりに上演した博多座公演の際に撮影され、公演終了後の舞台を使い新たにシネマ歌舞伎用に舞台上で撮影、さらにロケーション映像を加えるなど映画的手法もとり入れている。これまでにない新しい映像作品として、玉三郎の泉鏡花作品の中でも特筆すべき作品となっている。

舞台挨拶では、中村獅童が、この作品の公演時やシネマ歌舞伎撮影時などの思い出などを、余すところなく語る!

高野聖ポスター

「中村獅童 舞台挨拶付き先行上映会」
日時◇9月23日(水・祝)
『高野聖』 16:30の回 上映前(予定)
場所◇MOVIX京都(京都市中京区新京極三条下ル桜之町400番) スクリーン10
登壇者◇中村獅童(予定)
チケット発売中:一般 2100円(税込) 学生・小人 1500円(税込)※残席わずか
劇場インターネット/劇場窓口にて http://www.smt-cinema.com/site/kyoto/
〈シネマ歌舞伎hp〉http://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/


お得なチケット販売中!演劇ぶっくバックナンバーも。
shop_rogo_l

header_rogo


粟根まこと、松永玲子ほか、キーポイントQ&A【演劇人の活力源】など連載中!
title

劇団☆新感線35周年記念「大☆新感線博」が開幕!

IMG_6080

あの懐かしい1980年代から90年代の新感線のチラシの数々をはじめ、あの舞台の衣裳、かつら、小道具、そして楽屋の中までが見られるという「大☆新感線博」が渋谷のパルコ パート1の3Fのパルコミュージアムで、9月11日に開幕した。(9月23日まで。11月6日(金)〜15日(日)@梅田 HEP HALL もあり)
新感線ファンなら必見のお宝がぎっしり! 最新の舞台『五右衛門vs轟天』の衣裳や小道具も並べられて、舞台の興奮が甦る空間になっている。
 
「思えば遠くにきたもんだ────。
1980年11月、大阪で「劇団☆新感線」が産声をあげてからはや35年。かつてヤングだった、いのうえひでのり等が立ち上げた劇団は、いまや10万人ものお客様を動員する、泣く子も笑う一大エンター テインメント集団となった。ときに立ち止まり、ときに間違い、笑い、泣いた日々。なつかしの作品から最新作『五右衛門VS轟天』まで、劇団☆新感線を知れる・楽しめる・そしてもっと好きになる大博覧会の開催を、ここに宣言します!!

【展示概要】
☆ 劇団☆新感線35年のあゆみ

お蔵出し小道具や衣裳でふりかえる新感線35年の歴史。劇団員や関係者の証言で語られる、真の歴史とは......。

☆ ほぼ全部見せます!『五右衛門vs轟天』のアレコレ

9月3日に全80公演を終える最新作『五右衛門vs轟天』から、その汗のニオイまでも染みついた「使いたてホヤホヤ」の衣裳や小道具をギッシリ展示!汗臭御免!
☆ 轟天&五右衛門になれる!? キャラクターコスプレコーナー有り〼。

轟天や五右衛門のカツラ&小道具を使って写真撮影!アナタもなりきり劇団員に!
☆ 劇団☆新感線ファンクラブ会報誌「めぐり」 限定復活!
劇団員・粟根まことが編集長をつとめた幻のファン会報誌「めぐり」が復活。大☆新感線博の見どころや、かつての人気コーナーも収録?!  今回ももちろん粟根まこと責任編集
展示会チケットにもれなくセットでついてくる。

IMG_6066

【物販情報】
お祭り騒ぎの物販コーナーでは、「大☆新感線博」オリジナルグッズとして、<福袋>と<てぬぐい>をご用意!

<大☆新感線博 福袋> 税込3,240円【東京分完売!!】

過去に販売していた懐かしのグッズや、激レアアイテムまで約10点入った福袋。
何が入っているかは運次第!

※東京・大阪会場 各100袋限定、売切御免!
お一人様2袋まで!

<大☆新感線博 てぬぐい> 税込1,296円

大☆新感線博のロゴをあしらったお祭り感満載のてぬぐい。

※東京・大阪会場のみ限定販売!

その他、35周年記念グッズ、『GVG』の一部公演グッズ、さらに劇団☆新感線のDVD&戯曲が全種類勢揃い!!


<会場先行発売!『蒼の乱』DVD&Blu-ray>
劇団☆新感線最新作『蒼の乱』DVD&Blu-rayは、どこよりも早い会場先行発売!

※イーオシバイドットコムにて9/25(金)発売

★全販売商品のラインナップ詳細はコチラ→http://e-oshibai.jugem.jp/?eid=425



演劇ぶっく12月号(11/9発売)ではこの「大☆新感線博」を特集予定!お楽しみに!



shinkansenhaku_main
「大☆新感線博」
会場◇PARCO MUSEUM パルコミュージアム (渋谷パルコ パート1 / 3F)
期間◇2015/9/11 (金) −2015/9/23 (水)   10:00〜21:00
   入場は閉場の30分前まで/最終日は18:00閉場
入場料◇一般600円・学生400円・小学生以下無料(劇団☆新感線会報誌『めぐり』付)
    PARCOカード・クラスS/ご提示で入場無料、PARCOカード>ご提示で入場料半額
   (ご本人様に限ります。複数割引サービスの併用不可)
お問い合わせ◇03-3477-5873  (パルコミュージアム)
巡回開催
◇2015年11月6日(金)〜15日(日)@梅田 HEP HALL 
公式HP◇劇団☆新感線35周年記念特設ページ http://www.vi-shinkansen.co.jp/35thAnv/



【取材・文・撮影/榊原和子】



shop_rogo_sp

header_rogo

side_twitterside_facebook  
  
上質な本革で職人が手作り♪ ねこコインケース/パスケース好評販売中!
banner_nekocoin     
   
  

表現・さわやか番外恋愛公演『Tan Pen Chu-♥』間もなく開幕!

TanPenChu チラシ表

ドラマや映画で俳優としての活躍も著しいイケテツこと池田鉄洋。彼が作・演出・主宰するコントユニット表現・さわやかが、9月5日から東京と大阪で番外恋愛公演『TanPenChu-♥』を上演する。
恋愛をテーマに書き下ろされた短編コント集で、ゲストは表現・さわやかには初参加の鈴木砂羽や、お笑い界から「かもめんたる」、小劇場シーンで注目の女優、梅舟惟永や浅野千鶴などが出演。毎度おなじみ佐藤真弓、いけだしん、岩本靖輝という実力派のメンバーたちやお約束のイケテツの女装など、みどころ満載の公演だ。


〈公演情報〉
TanPenChu チラシ裏

表現・さわやか 番外恋愛公演『Tan Pen Chu-♥』
作・演出・出演◇池田鉄洋
出演◇佐藤真弓、いけだしん、岩本靖輝
鈴木砂羽/岩崎う大・槙尾ユウスケ(かもめんたる)、梅舟惟永(ろりえ)、浅野千鶴(味わい堂々)
●9/5〜13@東京/赤坂RED/THEATER
●9/18〜21@大阪/HEPHALL
〈お問い合わせ〉表現・さわやか 070-5456-9283
〈料金〉東京公演/前売¥5,800 当日¥6,100 (全席指定・税込)
大阪公演/前売¥5,500 当日¥5,800 (全席指定・税込)
(表現・さわやかhp)http://surumedaisuki.wix.com/sawayaka3




shop_rogo_sp

header_rogo

side_twitterside_facebook  
  
上質な本革で職人が手作り♪ ねこコインケース/パスケース好評販売中!
banner_nekocoin     
   
  
記事検索
QRコード
QRコード

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について