稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

しあわせの雨傘

イベントガイド

関西若手人気劇団壱劇屋の次回公演は 殺陣芝居『独⻤〜hitorioni〜』死なない⻤と⼈間の⼥の物語。

Image_001

多彩な企画公演と、摩訶不思議なエンターテイメントで人気の関西若手劇団壱劇屋が、⼤阪・東京・愛知の三都市でツアー公演を行う(大阪は終了)。
壱劇屋はパントマイム・ダンス・会話劇・コント・アクションなどを複雑に融合させて観客を不思議な世界に導く、世にも奇妙なエンターテイメントを創作中なのだが、今回の公演は劇団員の⽵村晋太朗が主導でおこなう台詞を⼀切使わずに殺陣のみで世界を表現する新スタイル。
昨年行われた五カ⽉連続新作公演では合計で5,000人を越える観客を動員している。劇中に台詞は⼀切無し(wordless)、使⽤⾔語を⾶び越えた70分の殺陣芝居で、2016年の初演時に会場を涙の渦で包み込んだという、死なない⻤と⼈間の⼥の物語。東京での公演は7月12日(木)〜17日(日)シアターグリーンBOX in BOX THEATER。愛知公演は7月28日(土)・29日(日)名古屋市東文化小劇場で行われる。

Mr.Oukuma

【大熊隆太郎(劇団壱劇屋座長)コメント】

座長の大熊です。
5ヶ月連続で新作公演をするという無茶を、竹村は大成功させました。
これは遠い過去の逸話では無く、昨年の8月から12月の話です。5作全てワードレス殺陣芝居。つまり本編に台詞らしい台詞は無く、裂帛の掛け声や、悲鳴、嗚咽などで構成されています。
更に内容は殺陣がストーリーに絡んでおり、まさに殺陣を通して紡ぐ物語を上演しました。最終月に全ての主人公を集結させるというサプライズを秘密裏に進め、企画自体の構造から話題を呼び、関西の小劇場では異例の5834人を動員しました。
いや、ほんまに、自分らで言うなやって感じですが、これは凄いことですねん。調子のってんのか? と言われたら私は即レスしましょう。「調子のってます」と。どうですかこの自信。
そして満を時して竹村のワードレス殺陣芝居が東京と愛知で上演されます。調子も脂ものっているワードレス殺陣芝居、ぜひ今、旬のこの時期に見ていただきたいと思っております。おこしやす。

【あらすじ】
死なない鬼はずっと独りで生きていた。
何千年、何万年、途方もなく続く年月。

普通に生きることに憧れる鬼は、ある女の一生を隣で過ごすことになる。
途方もなく続くうちのたったの五十年。
五十年が終わるとき、鬼は何を想うのか。

そんな死なない鬼の終わらない一生のお話。


【公演情報】
hitorioni
劇団壱劇屋 Wordless × 殺陣芝居
『独⻤〜hitorioni〜』
出演◇井立天 大熊隆太郎 岡村圭輔 柏木明日香 小林嵩平 高安智美 
竹村晋太朗 西分綾香 藤島望 丸山真輝 山本貴大 湯浅春枝
(以上、劇団壱劇屋)
川本海紀 清水慎太郎 淡海優 長谷川桂太 石原正一(石原正一ショー)
山本一樹(演劇組織KIMYO) 竜崎だいち(羊とドラコ) 村木よし子(劇団☆新感線)

7/12〜17◎シアターグリーンBOX in BOX THEATER<東京>
7/28・29◎名古屋市東文化小劇場<愛知>

問い合わせ:劇団壱劇屋 ichigekiya_office@yahoo.co.jp 
http://ichigekiyaoffice.wixsite.com/ichigekiya


キャラメルボックス『エンジェルボール』


『独⻤〜hitorioni〜』公演チケットも日時・枚数限定で販売中!
shop kick
 nikkan engeki

今期の《月イチ歌舞伎》が開幕!『二人藤娘/日本振袖始』中村米吉が舞台挨拶!

s日本振袖始sub5(C)松竹
 
シネマ歌舞伎の特集上映企画《月イチ歌舞伎》が、今期も開幕した。今年で6回目となる《月イチ歌舞伎》の幕開きを飾るのは、坂東玉三郎が主演・編集・監修を務めた『二人藤娘/日本振袖始』。今回、この上映を記念して、2本立て演目の1つ「日本振袖始」に稲田姫役で出演した中村米吉が東劇での舞台挨拶に登壇した。

0512シネマ歌舞伎_2820

まず、撮影された4年前の舞台のことを、覚えているかと聞かれると、「覚えてないなんてことはないです!  玉三郎さんと『日本振袖始』の稲田姫なんていう大きなお役をさせていただくなんて忘れるわけがありません!」と恐縮して話し始め、「この月は昼の部に出るのかなと思っていたんですが、ある日、夜の部の最後に出るらしいと聞いて、考えたら稲田姫しかないなと。稲田姫をやるなんてびっくりで!  それまではほとんど玉三郎のお兄さんと接点がなくて、父と同世代でいらっしゃるので楽屋でご挨拶をする時に、”お父ちゃん、元気か?”と声をかけられる程度。本当にびっくりして、すぐお宅に電話したら、”全部私がみるから大丈夫”と。その言葉の通り、一から全部みていただきました」

s日本振袖始SUB1(C)岡本隆史
 
「最初の稽古で見ていただいたときに、玉三郎さんから”歌舞伎の家に生まれたんだろ。生まれただけか”と言われて。そういうスタートでしたから、必死でした。玉三郎さんには本当にいろんなことを教えていただいて、女方の大先輩として厳しく教えてくださるのは本当に有難いことです。でも最後の(玉三郎演じる岩永姫に襲い掛かられる)場面で、僕は海老反りしているからセリが下がったか見えない。玉三郎のお兄さんは見えるので、下がりきったら"もういいよ”って小さい声で教えてくださるんです。演技ですごく怖い顔をしているのに(笑)」

0512シネマ歌舞伎_2833

当時の自分を映像で観ての感想は、「丸いですよね(笑)食べ甲斐はありそう」と八岐大蛇の生贄という役どころにからめて話し、「(稲田姫の)こういう髪形は、顔の後ろに髪の毛があるから輪郭がはっきり出るんです。こちら(ポスターの「二人藤娘」の玉三郎さん)は、髪があがっているから後ろが抜けている。(稲田姫は)輪郭がはっきり見える分、太って見えるんですよ! ラスベガスで上演した「鯉つかみ」も同じ頭で、客席が遠いから、なるたけ顔が大きく見えるように合わせたら、テレビで舞台の映像が放送された後、観る人みんなから”ラスベガス観たよ、太った?”って言われて(笑)」と言い訳がましい(?)エピソードも披露。

s日本振袖始SUB3(C)岡本隆史

作品については、「「二人藤娘」も「日本振袖始」も、玉三郎さんが主演で、監修もなさって、編集やすべてをご覧になっているわけですから、まさにキャッチコピーの“シネマで迫る”という言葉通り、自分が主演でよくわかってらっしゃる舞台を、ただ撮影しただけでなく、創り上げられた映画です。もちろん皆様の好きなような視点で観て頂けるのが生で舞台を観る醍醐味ではありますが、こうやって観ると素晴らしく良く観えるはずだというのをご存知の方が編集をしているわけですから、やはりそれは見どころだと思います。テレビの舞台中継はテレビのスタッフの人がカット割をするわけですよね。それとは違って、やってる本人がカット割りをしているわけだからそれってやっぱりすごいことですよ」とシネマ歌舞伎の魅力も語った。
最後には「昨年の10月に『沓手鳥孤城落月(ほととぎすこじょうのらくげつ)』でもご一緒しました。そしてなんとこれが来年の1月にシネマ歌舞伎になるんですよ! 来年の1月公開ですので、ぜひ皆さまお運びくださいますようお願いいたします」と自身も出演する今後の作品の宣伝も。
フォトセッションでは、歌舞伎にゃんばさだーとして《月イチ歌舞伎》を応援するキャラクター「かぶきにゃんたろう」と一緒に記念撮影をし、大盛況のうちに終了となった。

0512シネマ歌舞伎_2840

《月イチ歌舞伎》とは?
歌舞伎の舞台を撮影し、高画質、高音質で上映するシネマ歌舞伎。俳優の熱演、芝居小屋の雰囲気を迫力・臨場感たっぷりに楽しめる。《月イチ歌舞伎》では、シネマ歌舞伎を毎月1週間ずつ(新作は3週間)上映する。

二人藤娘 日本振袖始 表記なしS

《月イチ歌舞伎》2018 上映ラインナップ 
5月12日(土)〜5月18日(金) 『二人藤娘/日本振袖始』 〈2本立て〉
6月9日(土)〜29日(金) 新作『東海道中膝栗毛 歌舞伎座捕物帖』
7月7日(土)〜13日(金)『刺青奇偶』
8月11日(土)〜17日(金)『大江戸りびんぐでっど』
8月22日(土)〜9月28日(金)『海神別荘』
10月13日(土)〜19日(金)『法界坊』
11月10日(土)〜16日(金)『ふるあめりかに袖はぬらさじ』
12月29日(土)〜2019年1月4日(金)『野田版 鼠小僧』 東劇(東京)
※なんばパークスシネマ(大阪)、ミッドランドスクエアシネマ(愛知)では 12/22〜の2週上映
2019年1月12日(土)〜2月1日(金)  新作『沓手鳥孤城落月/楊貴妃』〈2本立て〉
http://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/lineup/tsukiichi/



【資料提供/ 松竹 舞台写真/岡本隆史】




銀河鉄道999 お得なチケット販売中
kick shop nikkan engeki 

大ヒット作品のコンサート版「ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』イン コンサート」開催中!

TA_0535

「ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』イン コンサート」が、5月12日・13日のたった2日間、シアターオーブにて上演中だ。
ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』は、2016年に日本初演され、その年の演劇賞を総なめした大ヒットミュージカル。今年9月には、日比谷シアタークリエにて凱旋公演が、また10月には全国ツアー公演も行うが、一足早く「世界初のコンサートバージョン」として、このコンサートが開催された。

TB_0191

出演者は、主人公のフランキー・ヴァリ役の中川晃教をはじめとする、2016年版と2018年版、新旧キャストたちで、藤岡正明、中河内雅貴、伊礼彼方、海宝直人、矢崎広、福井晶一、Spiという豪華な顔ぶれ。彼らがその名曲の数々を歌い上げるという、まさに『ジャージー・ボーイズ』ファンにとっては、聞き逃せない貴重なコンサートとなっている。

TA_0239
TA_0443TB_0067

【初日前挨拶】

この公演の初日を前に、出演者たちの特別舞台挨拶が行われた。

IMGL8293
挨拶に立った主人公のフランキー・ヴァリ役の中川晃教は「フランキーの声は僕の声とちょっと違います。自分の声ではない、自分にない声を発見する。それが『ジャージー・ボーイズ』の僕の始まりとなった」と語り、9月の再演で、2年間、自分が挑戦してきたことが試されようとしている。その前にこのコンサートを開催できたことが嬉しいと感動を伝えた。

_MG_8258
 また、演出の藤田俊太郎も登場。「『ジャージー・ボーイズ』は観客の皆さんを描いた作品。今日、コンサートバージョンの世界初演を迎えましたが、本公演もコンサート版も、意味合いは変わらない」と語り、また脚本家のリック・エリスの言葉、「『ジャージー・ボーイズ』は観客一人ひとりのもの。そしてバックステージ、スタッフ、舞台上にいるミュージシャン、バンド、作品を影で支えるそれぞれひとりひとりの物語でもある」を引用。「今日のコンサートを迎えるにあたって、この素晴らしい世界一の『ジャージー・ボーイズ』のボーイズの皆さんとともに、世界一のカンパニーが作品を支えてくれています。すべてのスタッフに拍手を」と感謝を述べた。

その他に、藤岡正明(トミー・デヴィート役/REDチーム)、中河内雅貴(トミー・デヴィート役/WHITEチーム)、伊礼彼方(トミー・デヴィート役/BLUEチーム)、海宝直人(ボブ・ゴーディオ役/WHITEチーム)、矢崎広(ボブ・ゴーディオ役/BLUEチーム)、福井晶一(ニック・マッシ役/WHITEチーム)、Spi(ニック・マッシ役/BLUEチーム)が登壇した。
 
_MG_8266
藤岡正明 
_MG_8295
中河内雅貴
_MG_8302
伊礼彼方
_MG_8324
・海宝直人
_MG_8337
矢崎広
_MG_8360
福井晶一
_MG_8377
Spi
IMGL8275

〈公演情報〉
ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』イン コンサート
●5/12・13◎東急シアターオーブ
〈料金〉S席 10,800円 A席 8,500円 B席 5,500円(全席指定・税込) 


〈公演情報〉
ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』
●9/7〜10/3◎シアタークリエ
〈公演HP〉http://www.tohostage.com/jersey/cast.html



【構成・文/榊原和子 舞台挨拶撮影/友澤綾乃 公演写真提供/東宝】



銀河鉄道999 お得なチケット販売中
kick shop nikkan engeki 

木村花代がコンサートを8月に東京と大阪で開催!木村花代 20th ANNIVERSARY 『Change of Flower』

木村花代-1

劇団四季で数々のミュージカルでヒロインを演じ、退団後もミュージカルからライブまで幅広く活躍中の木村花代が、舞台生活20周年を記念して、東京と大阪でコンサートを行う。またアルバム「木村花代 20th ANNIVERSARY 『Change of Flower』」のリリースも決定した。(詳細は後日発表)

きむらはなよ○劇団四季の主演女優として『キャッツ』(グリドルボーン役)、『オペラ座の怪人』(クリスティーヌ役)、『美女と野獣』(ベル役)、Wicked(グリンダ役)、他多数の作品に出演しヒロインを演じる。退団後の主な出演作品に、笹部博司演出『星の王子さま』、上田一豪演出『キューティ・ブロンド』『Play a Life』、丸美屋食品ミュージカル『アニー』、ミュージカル『ミス・サイゴン』。LIVE活動も精力的に行い、沖縄にてコンサートを開催、NYカーネギーホールにて歌唱を披露。2018年日本初演ミュージカル『メリー・ポピンズ』ウィニフレッド・バンクス役にて6月まで出演中。


〈公演情報〉
木村花代 20th ANNIVERSARY CONCERT『Change of Flower』
音楽監督◇大貫祐一郎
出演◇木村花代
●8/5◎東京・コットンクラブ  
バンド◇扇谷研人(p) 他
〈料金〉センター席 9,500円 サイド席 8,500円(全席指定・税込)  
(※ワンドリンク+ワンフードオーダー制)
●8/11◎大阪・ライブレストラン "フラミンゴ ジ アルーシャ" 
バンド◇大貫祐一郎(p) 他  
ゲスト◇樋口麻美
〈料金〉前売8,000円 当日8,500円(全席指定・税込) 
(※ワンドリンク オーダー制)
〈会場HP〉http://www.flmg.jp/
〈一般発売〉6月中旬
〈イベントに関するお問い合わせ〉info@grand-arts.com (件名『木村花代 20th ANNIVERSARY』) 








銀河鉄道999 お得なチケット販売中
kick shop nikkan engeki

コクーン歌舞伎『切られの与三』の連動企画で落語『お富与三郎』を上演!

切られの与三_チラシ画像

渋谷での歌舞伎公演として1994年の誕生以来、とどまることなく進化を続ける「渋谷・コクーン歌舞伎」。古典に新たな風を吹き込み、これまで数々の話題作を生み出してきた。
第十六弾となる今回は、5月9日から上演される『与話情浮名横櫛(よわなさけうきなのよこぐし)』。美男美女が別れと再会を繰り返す江戸世話物の人気作を、上演された事のない場面を加え、『切られの与三』と題して、全く新たな演出で生まれ変わる。
原作の『与話情浮名横櫛』は、講談・落語の話をもとに歌舞伎化された作品で、今回のコクーン歌舞伎では、木ノ下歌舞伎の木ノ下裕一を補綴に迎え、歌舞伎・講談・落語と様々な要素を取り込み、『切られの与三』として再構築。中村七之助が与三郎を演じるのも大きな話題だ。
 
そのコクーン歌舞伎『切られの与三』を「落語」の視点からさらに深く楽しむための特別イベントが決定!『お富与三郎』を得意ネタに持つ落語家、隅田川馬石が選りすぐりの一席を届ける。落語では、与三郎とお富にはどのような運命が待ち受けているのか──。

隅田川馬石

隅田川馬石(すみだがわばせき)
1969年生まれ、兵庫県出身。
1991年石坂浩二主宰劇団「急旋回」に入団。1993年五街道雲助に入門、前座名 わたし。1997年二ツ目に昇進、佐助に改名。2007年3月真打昇進、四代目「隅田川馬石」を襲名。
1999年第10回北とぴあ若手落語家競演会奨励賞、2010年林家彦六賞、2012年度文化庁芸術祭大衆芸能部門新人賞をそれぞれ受賞。
『お富与三郎』のほかに『名人長二』などが得意ネタ。人物の演じ分けや情景描写が丁寧で、表現力豊かな人情話で定評のある実力派である。

〈落語情報〉
渋谷・コクーン歌舞伎『切られの与三』関連イベント 落語『お富与三郎』
出演◇隅田川馬石
5月14日(月)18:00開演(開場20分前/上演時間 約60分)
BunkamuraB1F 特設会場
〈料金〉2,500円(税込:自由席) 
〈一般発売〉2018年4月28日(土)10:00〜
〈お問い合わせ〉Bunkamura 03-3477-3244(10:00〜19:00)
※オンラインチケット「MY Bunkamura」のみで販売
 http://www.bunkamura.co.jp/mybunkamura/

〈公演情報〉
作◇瀬川如皐「与話情浮名横櫛」より 
演出・美術◇串田和美 
補綴◇木ノ下裕一 
出演◇中村七之助、中村梅枝、中村萬太郎、中村歌女之丞、中村鶴松、真那胡敬二、笹野高史、片岡亀蔵、中村扇雀
●5/9〜31◎Bunkamuraシアターコクーン
〈料金〉1等席13,500円 2等席8,000円 3等席4,000円 立見A 3,500円 立見B 2,500円(税込)
 ※立見A・Bは当日券のみ。
〈お問い合わせ〉Bunkamura 03-3477-3244(10:00〜19:00)




チケット50%OFF
kick shop nikkan engeki
記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について